今週の注目レース

読売マイラーズカップ(GⅡ)

阪神競馬場 1600メートル(芝・外)別定 4歳以上オープン

データ分析

今年も阪神で行われる安田記念の前哨戦

例年は京都で行われているが、整備工事の影響で昨年に続き今年も阪神で行われる。過去10年で単勝オッズ10倍未満の馬が9勝するなど、上位人気馬が強い重賞だが今年の行方やいかに。過去10年の結果から傾向を探ってみた。

大敗直後の馬や前走で下位人気だった馬は評価を下げたい

過去10年の前走の着順別成績で好走率が高いのは、前走で5着以内に入っていた馬。前走で掲示板を外した馬は好走率が大幅に下がり、10着以下になるとそれがさらに低下する。〔表1〕

〔表1〕前走の着順別成績(過去10年)
前走の着順 成績 勝率 連対率 3着内率
5着以内 8-8-6-47 11.6% 23.2% 31.9%
6〜9着 1-1-3-29 2.9% 5.9% 14.7%
10着以下 1-1-1-40 2.3% 4.7% 7.0%

前走での単勝人気にも似たような傾向があり、好走率が高いのは5番人気以内だった馬。6番人気以下だった馬の好走率は低く、10番人気以下だった馬が馬券に絡んだケースは一例しかない。〔表2〕

〔表2〕前走の単勝人気別成績(過去10年)
前走の単勝人気 成績 勝率 連対率 3着内率
5番人気以内 8-9-8-45 11.4% 24.3% 35.7%
6〜9番人気 1-1-0-29 3.2% 6.5% 6.5%
10番人気以下 0-0-1-38 0% 0% 2.6%
  • 注記:前走が地方・海外だった馬を除く

前走で勝ち馬から0.4秒以内でゴールした馬を狙え

次に、前走の着順と1着馬とのタイム差別に成績を調べると、前走で1着だった馬や、1着馬とのタイム差が0.4秒以内だった馬の好走率は高いが、0.5秒以上離されて敗れた馬は好走率がかなり低くなっている。マイラーズCで注目したいのは前走の着順よりも、1着馬とのタイム差かもしれない。〔表3〕

〔表3〕前走の着順と1着馬とのタイム差別成績(過去10年)
前走の着順とタイム差 成績 勝率 連対率 3着内率
1着 2-2-2-22 7.1% 14.3% 21.4%
2着以下(0.4秒以内) 7-6-6-25 15.9% 29.5% 43.2%
2着以下(0.5秒以上) 1-2-2-69 1.4% 4.1% 6.8%

前走がマイル戦以外だった馬が活躍

前走の距離別成績では、前走が芝1600メートルだった馬よりも、その前後の距離に出走していた馬の方が好走率が高い。特に勝ち馬は阪神C(芝1400メートル)、中山記念(芝1800メートル)、金鯱賞、中日新聞杯(共に芝2000メートル)あたりから臨んできた馬が大半を占めている。逆に、前走が1600メートルだった馬では、ダービー卿チャレンジT組が〔0・0・1・24〕と不振。京都金杯〔0・0・2・4〕や東京新聞杯〔0・2・4・10〕だった馬も勝ち切れていない。〔表4〕

〔表4〕前走の距離別成績(過去10年)
前走の距離 成績 勝率 連対率 3着内率
芝1200m 0-0-1-7 0% 0% 12.5%
芝1400m 2-3-0-6 18.2% 45.5% 45.5%
芝1600m 2-6-9-77 2.1% 8.5% 18.1%
芝1800m 3-1-0-6 30.0% 40.0% 40.0%
芝2000m 3-0-0-9 25.0% 25.0% 25.0%
芝2100m以上 0-0-0-3 0% 0% 0%
ダート 0-0-0-8 0% 0% 0%
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

マイルGⅠで3着以内の実績がある馬が有力

安田記念の前哨戦ということもあり、マイル前後の重賞で優勝実績がある馬の活躍が目立つ。過去10年の優勝馬のうち8頭にマイル前後(1400メートルから1800メートル)の重賞での優勝経験があった。それに加えてここ5年は、マイルGⅠで3着以内の実績がある馬が優勝している。マイルGⅠでの実績はチェックしておきたい。〔表5〕

(姫園 淀仁)

〔表5〕優勝馬の主なマイルGⅠ実績(過去5年)
年度 優勝馬 主なマイルGⅠ実績
2017年 イスラボニータ 2016年マイルCS2着
2018年 サングレーザー 2017年マイルCS3着
2019年 ダノンプレミアム 2017年朝日杯FS1着
2020年 インディチャンプ 2019年マイルCS1着
2021年 ケイデンスコール 2019年NHKマイルC2着

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: