今週の注目レース

3歳重賞馬連 サンケイスポーツ賞フローラステークス(GⅡ)

東京競馬場 2000メートル(芝)馬齢 (牝) 3歳オープン

データ分析

大一番への出走を目指す3歳牝馬が集結

2021年のオークスを制したユーバーレーベンは、このフローラSで3着に敗れてオークスの優先出走権の獲得はならなかったものの、収得賞金順で出走が叶った“本番”で同世代のライバルたちを一蹴して樫の女王の称号を手に入れた。また、2020年のオークスでは、同年のフローラSの勝ち馬ウインマリリンが2着に入っている。素質馬が集まるトライアル競走を制し、4週後の晴れ舞台に駒を進めるのはどの馬だろうか。今回は過去10年のレース結果から、好走馬に共通するポイントを分析してみたい。

キャリア2戦以内の馬は不振

過去10年の3着以内馬30頭中28頭は、通算出走数が3戦以上だった。一方、2戦以下だった馬は3着内率5.0%と苦戦しており、割り引きが必要だ。〔表1〕

〔表1〕通算出走数別成績(過去10年)
通算出走数 着度数 勝率 連対率 3着内率
2戦以内 1-0-1-38 2.5% 2.5% 5.0%
3戦以上 9-10-9-107 6.7% 14.1% 20.7%

前走のクラスと競馬場に注意

過去10年の出走馬のうち、前走が1勝クラス以下だった馬に限定した前走の競馬場別成績を見ると、京都・阪神だった馬が3着内率35.5%と優秀な成績を収めている。一方、京都・阪神以外だった馬は3着内率が9.0%にとどまっている。前走が新馬・未勝利・1勝クラスのレースだった馬を比較する際は、そのレースが関西圏のレースだった馬を高く評価すべきだろう。〔表2〕

〔表2〕前走が1勝クラス以下だった馬の、前走の競馬場別成績(過去10年)
前走の競馬場 着度数 勝率 連対率 3着内率
京都・阪神 5-2-4-20 16.1% 22.6% 35.5%
その他 3-3-1-71 3.8% 7.7% 9.0%

対照的に、前走がオープンクラスだった馬に限定した前走の競馬場別成績を見ると、東京・中山以外だった馬は全て4着以下に敗れている。関東圏以外の重賞やオープン特別を経由してきた馬は、過信禁物とみておきたい。〔表3〕

〔表3〕前走がオープンクラスだった馬の、前走の競馬場別成績(過去10年)
前走の競馬場 着度数 勝率 連対率 3着内率
東京・中山 2-5-5-32 4.5% 15.9% 27.3%
その他 0-0-0-22 0% 0% 0%

前走との間隔がポイント

過去10年の3着以内馬30頭中28頭は、前走との間隔が中2週から中9週だった。一方、中1週だった馬は3着以内に入った例がなく、中10週以上だった馬も3着内率が7.7%にとどまっている。前走との間隔が極端に詰まっている馬や、休養明けの馬は割り引きが必要だ。〔表4〕

〔表4〕前走との間隔別成績(過去10年)
前走との間隔 着度数 勝率 連対率 3着内率
中1週 0-0-0-12 0% 0% 0%
中2〜9週 9-10-9-109 6.6% 13.9% 20.4%
中10週以上 1-0-1-24 3.8% 3.8% 7.7%

なお、過去3年の3着以内馬9頭中8頭は、前走との間隔が中4週から中9週だった。近年の傾向を重視するならば、前走との間隔が中2週から中3週の馬も扱いに注意すべきだろう。〔表5〕

〔表5〕前走との間隔別成績(過去3年)
前走との間隔 着度数 勝率 連対率 3着内率
中3週以内 1-0-0-11 8.3% 8.3% 8.3%
中4〜9週 2-3-3-18 7.7% 19.2% 30.8%
中10週以上 0-0-0-14 0% 0% 0%

近年は2勝以上馬と重賞で5着以内のある馬が優勢

過去5年の3着以内馬15頭中8頭は、JRAの1勝クラス以上のレースにおいて1着となった経験がある馬だった。これに該当する馬は3着内率が33.3%に達している。既に1勝クラスやオープンクラスのレースを勝っている馬は高く評価したい。〔表6〕

〔表6〕JRAの1勝クラス以上のレースにおいて1着となった経験の有無別成績(過去5年)
経験の有無 着度数 勝率 連対率 3着内率
あり 4-2-2-16 16.7% 25.0% 33.3%
なし 1-3-3-55 1.6% 6.5% 11.3%

一方、JRAの1勝クラス以上のレースにおいて1着となった経験がなかった馬のうち、JRAの重賞で5着以内となった経験がなかった馬は、3着内率4.0%と苦戦している。新馬・未勝利しか勝っておらず、重賞で5着以内となったこともない馬は、評価を下げた方がよさそうだ。〔表7〕

〔表7〕JRAの1勝クラス以上のレースにおいて1着となった経験がなかった馬の、JRAの重賞において5着以内となった経験の有無別成績(過去5年)
経験の有無 着度数 勝率 連対率 3着内率
あり 1-2-2-7 8.3% 25.0% 41.7%
なし 0-1-1-48 0% 2.0% 4.0%
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

前走が少頭数だった馬は過信禁物

過去7年の優勝馬7頭は、いずれも前走の出走頭数が10頭以上だった。ちなみに、前走の出走頭数が9頭以下だった馬は2015年以降〔0・1・0・16〕(3着内率5.9%)なので、該当馬は苦戦する可能性が高いとみるべきだろう。また、優勝馬7頭は通算出走数が3戦以上だった点、前走との間隔が中3週から中7週だった点も共通している。〔表1〕や〔表4〕、〔表5〕あたりの傾向も重視したい。〔表8〕

(伊吹 雅也)

〔表8〕優勝馬の、前走の出走頭数、通算出走数、前走との間隔(過去7年)
年次 優勝馬 前走の出走頭数 通算出走数 前走との間隔
2015年 シングウィズジョイ 12頭 7戦 中3週
2016年 チェッキーノ 16頭 3戦 中5週
2017年 モズカッチャン 13頭 4戦 中3週
2018年 サトノワルキューレ 10頭 3戦 中5週
2019年 ウィクトーリア 12頭 4戦 中7週
2020年 ウインマリリン 11頭 3戦 中3週
2021年 クールキャット 16頭 4戦 中4週

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: