今週の注目レース

アンタレスステークス(GⅢ)

阪神競馬場 1800メートル(ダート)別定 4歳以上オープン

データ分析

ここをステップに飛躍を目指す馬が集うダート重賞

昨年まで3年連続で重賞未勝利馬が優勝中で、昨年の優勝馬テーオーケインズは次走で大井競馬場のJpnⅠ・帝王賞を制し、年末にはチャンピオンズCを勝ってJRA賞最優秀ダートホースに輝いた。今年もここからニュースターが誕生するのか? 過去10年の結果から傾向を調べてみた。

上位人気が手堅く好走

アンタレスSは大波乱が少ない重賞で、上位人気馬の成績が優秀。過去10年間で3番人気以内の馬がそろって4着以下に負けたことは一度もなかった。それに対して7番人気以下で馬券に絡んだのは3頭のみ。軸馬は3番人気以内から選び、7番人気以下はやや減点するようにしたい。〔表1〕

〔表1〕単勝人気別成績(過去10年)
単勝人気 成績 勝率 連対率 3着内率
1番人気 5-1-1-3 50.0% 60.0% 70.0%
2番人気 1-3-2-4 10.0% 40.0% 60.0%
3番人気 2-2-3-3 20.0% 40.0% 70.0%
4〜6番人気 2-2-3-23 6.7% 13.3% 23.3%
7番人気以下 0-2-1-97 0% 2.0% 3.0%

5歳馬が好成績

過去10年の年齢別成績を見ると、5歳馬が6勝を挙げる好成績。それに6連対の4歳馬が続く。年齢を重ねた馬はやや不振で、6歳馬になると勝率と連対率がダウンし、7歳以上になると3着内率も10%を割り込んでいる。〔表2〕

〔表2〕年齢別成績(過去10年)
年齢 成績 勝率 連対率 3着内率
4歳 2-4-2-28 5.6% 16.7% 22.2%
5歳 6-1-2-23 18.8% 21.9% 28.1%
6歳 1-3-5-36 2.2% 8.9% 20.0%
7歳以上 1-2-1-43 2.1% 6.4% 8.5%

前走4着以内が目安

前走で4着以内に入っていた馬と5着以下に敗れていた馬では好走率に大きな差があり、特に勝率と連対率では大きな差がついている。前走で4着以内だった馬の中でも、オープン特別や重賞で1着だった馬の成績は〔6・3・1・13〕と優秀。さらにその中でも2着馬を0.6秒以上離しての1着だった場合は、〔5・1・0・1〕とかなり高い確率で勝利している。〔表3〕

〔表3〕前走の着順別成績(過去10年)
前走の着順 成績 勝率 連対率 3着内率
4着以内 9-9-5-51 12.2% 24.3% 31.1%
5着以下 1-1-5-78 1.2% 2.4% 8.2%

名古屋大賞典組が好相性

前走別成績を見ると、ダートグレード競走の名古屋大賞典からの臨戦馬が好成績。逆に成績が悪いのはマーチS組で、延べ60頭が出走して1頭も勝っていない。また、3勝クラスからの昇級初戦となった馬も12頭いたが通用しておらず、こちらも減点対象だ。〔表4〕

〔表4〕前走別成績(過去10年)
前走 成績 勝率 連対率 3着内率
名古屋大賞典 4-3-1-7 26.7% 46.7% 53.3%
仁川S 2-0-0-13 13.3% 13.3% 13.3%
ダイオライト記念 1-2-1-7 9.1% 27.3% 36.4%
チャンピオンズC 1-1-0-1 33.3% 66.7% 66.7%
名古屋城S 1-0-0-1 50.0% 50.0% 50.0%
平安S 1-0-0-0 100% 100% 100%
マーチS 0-3-4-53 0% 5.0% 11.7%
フェブラリーS 0-1-0-4 0% 20.0% 20.0%
東海S 0-0-3-4 0% 0% 42.9%
総武S 0-0-1-3 0% 0% 25.0%
その他の重賞 0-0-0-12 0% 0% 0%
その他のオープン特別 0-0-0-13 0% 0% 0%
3勝クラス 0-0-0-12 0% 0% 0%
  • 注記:チャンピオンズCにはジャパンカップダートだった時期を含む
  • 注記:その他の重賞には地方のダートグレード競走を含む
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

阪神ダート実績のある先行馬に勝機あり

過去10年の優勝馬は全て前走の4コーナーを4番手以内で通過していた。また、10頭中9頭には阪神のダートコースで行われた3勝クラスやオープン特別での勝利経験、もしくは阪神のダート重賞で3着以内に入った経験があった。勝ち馬を予想する際は、阪神・ダートコースに実績のある先行馬から選んでみたい。〔表5〕

(姫園 淀仁)

〔表5〕優勝馬の前走の4コーナー通過順と主な阪神ダート実績(過去10年)
年度 優勝馬 前走の4コーナー通過順 主な阪神ダート実績
2012年 ゴルトブリッツ 先頭 仁川S1着
2013年 ホッコータルマエ 2番手 JCダート3着
2014年 ナムラビクター 2番手 仁川S1着
2015年 クリノスターオー 先頭 シリウスS1着
2016年 アウォーディー 2番手 シリウスS1着
2017年 モルトベーネ 3番手 花のみちS1着
2018年 グレイトパール 2番手 仁川S1着
2019年 アナザートゥルース 3番手 出走なし
2020年 ウェスタールンド 4番手 シリウスS2着
2021年 テーオーケインズ 先頭 摩耶S1着

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: