今週の注目レース

3歳重賞+リステッドワイド 桜花賞(GⅠ)

阪神競馬場 1600メートル(芝・外)定量 (牝) 3歳オープン

データ分析

牝馬クラシック第一冠

2022年のクラシックが幕を開ける。仁川に咲き誇る満開の桜を背景に、3歳牝馬の精鋭たちが桜の女王の座を争う。ここでは過去10年のデータを分析する。

前走に注目

桜花賞のトライアルレースはチューリップ賞、フィリーズレビュー、アネモネSの3レースだが、その中でもチューリップ賞組が断然の結果を残している。過去10年で出走頭数が最も多いのはフィリーズレビュー組だが、3着以内に入ったのは3頭だけ。アネモネS組は23頭が出走して3着以内がない。この結果から、好相性のチューリップ賞組の他には、トライアル以外のレースから臨戦してきた馬に注目したいところだ。〔表1〕

〔表1〕前走別成績(過去10年)
前走 成績 勝率 連対率 3着内率
チューリップ賞 5-7-6-29 10.6% 25.5% 38.3%
阪神JF 1-2-0-2 20.0% 60.0% 60.0%
フィリーズレビュー 1-0-2-49 1.9% 1.9% 5.8%
エルフィンS 1-0-0-4 20.0% 20.0% 20.0%
朝日杯FS 1-0-0-1 50.0% 50.0% 50.0%
シンザン記念 1-0-0-1 50.0% 50.0% 50.0%
クイーンC 0-1-1-16 0% 5.6% 11.1%
フェアリーS 0-0-1-3 0% 0% 25.0%
アネモネS 0-0-0-23 0% 0% 0%
その他のレース 0-0-0-20 0% 0% 0%
  • 注記:格付けが変わったレースも同一のレースとして集計

安定度は3勝以上馬だが

過去10年の優勝馬10頭のうち、8頭がJRAで通算2勝以下だった。2勝馬の優勝が多いのは出走頭数自体が多い(99頭)ことが理由になるとしても、37頭出走した1勝馬が3勝、36頭出走した3勝馬が1勝という点から、勝利数の少ない馬の健闘具合がうかがえる。ただし、3着内率では3勝馬が22.2%、4勝馬が50.0%と、安定度では3勝以上の馬が勝っている。軸馬には勝利数の多い馬の方が向いているかもしれない。〔表2〕

〔表2〕JRAでの通算勝利数別成績(過去10年)
通算勝利数 成績 勝率 連対率 3着内率
4勝 1-1-1-3 16.7% 33.3% 50.0%
3勝 1-4-3-28 2.8% 13.9% 22.2%
2勝 5-4-6-84 5.1% 9.1% 15.2%
1勝 3-1-0-33 8.1% 10.8% 10.8%

単勝2番人気馬が大活躍

過去10年の単勝人気別成績では、2番人気が2018年から4連勝を飾るなど、過去10年で5勝を含む8連対の活躍を見せている。1番人気はやや物足りない成績ではあるが、3番人気と並び3着内率は50.0%と、3着内率では3番人気以内が圧倒している。下位人気馬に目を向けると、10番人気以下は88頭が出走して3着が1回あるのみで、かなりの苦戦傾向にある。〔表3〕

〔表3〕単勝人気別成績(過去10年)
単勝人気 成績 勝率 連対率 3着内率
1番人気 1-3-1-5 10.0% 40.0% 50.0%
2番人気 5-3-0-2 50.0% 80.0% 80.0%
3番人気 1-1-3-5 10.0% 20.0% 50.0%
4番人気 0-1-0-9 0% 10.0% 10.0%
5番人気 1-0-1-8 10.0% 10.0% 20.0%
6〜9番人気 2-2-4-32 5.0% 10.0% 20.0%
10番人気以下 0-0-1-87 0% 0% 1.1%

近走の芝マイル戦で複数回連対している馬が優勢

過去10年の優勝馬10頭中8頭、3着以内馬30頭中19頭は、過去3走以内に芝1600メートル戦で2回以上連対していた。2回以上の馬は好走率も高くなっており、近走でのマイル実績には注目しておく必要がありそうだ。〔表4〕

〔表4〕過去3走における芝1600メートル戦での連対数別成績(過去10年)
連対数 成績 勝率 連対率 3着内率
3回 1-2-1-10 7.1% 21.4% 28.6%
2回 7-4-4-30 15.6% 24.4% 33.3%
1回 1-3-2-50 1.8% 7.1% 10.7%
0回 1-1-3-58 1.6% 3.2% 7.9%
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

オープンクラスでの勝ちっぷりに注目

2017年以降の優勝馬5頭は、オープンクラスのレースで2着馬に0秒3以上のタイム差をつけて優勝した経験があった。今年もオープンクラスでの勝利実績に加え、2着馬をどれだけ引き離して勝利していたかにも注目したい。〔表5〕

(河野 道夫)

〔表5〕優勝馬がオープンクラスのレースで2着馬につけた最高タイム差(過去5年)
年度 優勝馬 2着馬との最高タイム差
2017年 レーヌミノル 1秒0
2018年 アーモンドアイ 0秒3
2019年 グランアレグリア 0秒6
2020年 デアリングタクト 0秒7
2021年 ソダシ 0秒3

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: