今週の注目レース

ダービー卿チャレンジトロフィー(GⅢ)

中山競馬場 1600メートル(芝・外)ハンデ 4歳以上オープン

データ分析

マイル路線で飛躍を目指す馬たちによるハンデ重賞

安田記念の前哨戦に位置するマイル重賞。ハンデ戦のGⅢという条件もあってバリバリのGⅠ馬の参戦は少なく、これからGⅠや重賞戦線での飛躍を願う馬の参戦が多いレースである。今回は過去10年の結果から傾向を探ってみた。

1番人気は頼りないが下位人気馬の大駆けも少ない

過去10年間で1番人気はわずか1勝、連対率も30%と低く頼りない成績となっている。ただ、6番人気以下の馬が勝った例もなく、3番人気から5番人気の優勝が多くなっている。〔表1〕

〔表1〕単勝人気別成績(過去10年)
単勝人気 成績 勝率 連対率 3着内率
1番人気 1-2-0-7 10.0% 30.0% 30.0%
2番人気 1-0-3-6 10.0% 10.0% 40.0%
3番人気 2-1-0-7 20.0% 30.0% 30.0%
4番人気 3-3-0-4 30.0% 60.0% 60.0%
5番人気 3-0-2-5 30.0% 30.0% 50.0%
6番人気以下 0-4-5-100 0% 3.7% 8.3%

また、単勝オッズ別にも見てみると、3着以内馬延べ30頭中24頭が単勝15倍未満だった。単勝15倍以上の馬は軸馬に選びづらい。データ的には3番人気から5番人気の馬を軸馬に、単勝15倍未満の馬へ流す中穴狙い作戦がハマりそうだ。〔表2〕

〔表2〕単勝オッズ別成績(過去10年)
単勝オッズ 成績 勝率 連対率 3着内率
15倍未満 10-7-7-42 15.2% 25.8% 36.4%
15倍以上 0-3-3-87 0% 3.2% 6.5%

ハンデ55キログラム台が優勢

過去10年の負担重量別成績を見ると、ハンデが55キログラム台だった馬の好走率が高い。対して、56キログラム台だった馬の好走率が低くなっている。また、トップハンデとなった馬の成績もいまひとつで、2012年のガルボ以降優勝していない。〔表3〕

〔表3〕負担重量別成績(過去10年)
負担重量 成績 勝率 連対率 3着内率
54kg以下 2-1-2-23 7.1% 10.7% 17.9%
55〜55.5kg 4-4-3-25 11.1% 22.2% 30.6%
56〜56.5kg 1-3-2-45 2.0% 7.8% 11.8%
57kg以上 3-2-3-36 6.8% 11.4% 18.2%
※トップハンデ 1-1-0-14 6.3% 12.5% 12.5%

準オープンからの昇級初戦馬が大活躍

過去10年の出走馬のうち、前走が3勝クラスだった馬はいずれも前走を勝利していたが、これらの馬は5勝を挙げるなど、半数近くが3着以内に入る大活躍。このレースに限っては、オープンクラスでの実績がなく、昇級初戦だからといって軽視するのは危険である。また、前走がオープン特別だった馬では、当レースと同じ中山・芝1600メートルが舞台の東風Sだった馬が好相性で、その中でも4着以内だった馬が〔1・2・2・13〕(3着内率27.8%)の成績を残している。逆に、東風S以外のオープン特別だった馬は3着が1回あるのみだ。前走がGⅢだった馬の場合は、そのレースで5着以内だった馬が〔3・3・0・10〕となっており、こちらも前走での着順がひとつの目安になりそうだ。〔表4〕

〔表4〕前走別成績(過去10年)
前走 成績 勝率 連対率 3着内率
GⅠ 0-0-0-3 0% 0% 0%
GⅡ 0-2-2-18 0% 9.1% 18.2%
GⅢ 4-4-3-51 6.5% 12.9% 17.7%
オープン特別 1-3-3-47 1.9% 7.4% 13.0%
3勝クラス 5-1-1-9 31.3% 37.5% 43.8%
障害 0-0-0-1 0% 0% 0%
海外 0-0-1-0 0% 0% 100%
  • 注記:リステッドはオープン特別に含む

外枠はやや厳しめか

過去10年の馬番別成績を調べると、1番から10番だった馬が3着以内馬延べ30頭中23頭を占め、好走率でも11番より外の馬番だった馬を上回っている。外寄りの馬番となった馬はやや割り引いて考えたい。〔表5〕

(姫園 淀仁)

〔表5〕馬番別成績(過去10年)
馬番 成績 勝率 連対率 3着内率
1番〜10番 9-6-8-77 9.0% 15.0% 23.0%
11番〜16番 1-4-2-52 1.7% 8.5% 11.9%

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: