今週の注目レース

マーチステークス(GⅢ)

中山競馬場 1800メートル(ダート)ハンデ 4歳以上オープン

データ分析

伏兵の台頭が顕著なダートのハンデキャップ重賞

過去10年のマーチSでは単勝1番人気が〔1・1・1・7〕(3着内率30.0%)と期待に応えきれておらず、6番人気が最多の3勝、8番人気も2勝をマークしている。さらに、10番人気以下の馬が2017年優勝のインカンテーションをはじめ6頭も馬券に絡んでいる。そのような一筋縄ではいかない当レースで好走した馬にはどのような傾向があるのかを探るべく、過去10年の結果を分析する。

4歳馬は過信禁物

過去10年の年齢別成績を調べると、6歳が勝率・連対率・3着内率の全てでトップとなっており、2015年以降は7年連続で連対中だ。また、ここ5年は7歳以上の馬が〔1・1・2・16〕(3着内率20.0%)と、3着以内に入る頻度が上がってきている。その一方で、4歳馬は過去5年で〔0・0・0・16〕と全て4歳以下に敗れており、このうち4頭は単勝1番人気の支持に応えることができなかった。4歳馬は過信禁物といえそうだ。〔表1〕

〔表1〕年齢別成績(過去10年)
年齢 成績 勝率 連対率 3着内率
4歳 1-2-2-28 3.0% 9.1% 15.2%
5歳 3-1-3-27 8.8% 11.8% 20.6%
6歳 5-5-2-34 10.9% 21.7% 26.1%
7歳以上 1-2-3-40 2.2% 6.5% 13.0%

前走とその着順に注意

過去10年の前走別成績を見ていくと、JRA重賞だった馬は3着内率こそ17.6%と強調できる数字ではないものの1着が4回あり、まずまずの成績といえる。その中でも注目したいのは、10着以下だった馬で、〔3・1・1・15〕(3着内率25.0%)と好走が目立っている。前走がJRA重賞だった馬については、大敗していた馬の巻き返しに注意したい。〔表2〕

〔表2〕前走別成績(過去10年)
前走 成績 勝率 連対率 3着内率
JRA重賞 4-1-1-28 11.8% 14.7% 17.6%
オープン特別 4-7-5-62 5.1% 14.1% 20.5%
3勝クラス 1-0-2-17 5.0% 5.0% 15.0%
地方競馬のレース 1-1-2-21 4.0% 8.0% 16.0%
海外のレース 0-1-0-0 0% 100% 100%
障害のレース 0-0-0-1 0% 0% 0%
  • 注記:リステッドはオープン特別に含む

また、JRA重賞からの臨戦馬と同じく4勝を挙げているのがオープン特別組で、同組は前走で5着以内に入っていた馬に限ると3着内率が35.9%にアップする。一方、6着以下に敗れていた馬は3着内率5.1%と苦戦を強いられている。オープン特別組は前走で掲示板に載っていた馬を重視したい。〔表3〕

〔表3〕前走がオープン特別だった馬の、前走の着順別成績(過去10年)
前走の着順 成績 勝率 連対率 3着内率
5着以内 3-7-4-25 7.7% 25.6% 35.9%
6着以下 1-0-1-37 2.6% 2.6% 5.1%
  • 注記:前走がリステッドだった馬を含む

馬体重530キログラム以上の大型馬に注目

過去10年の馬体重別成績を見ると、500キログラム未満の馬と500キログラムから529キログラムの馬では成績に極端な差はないのだが、530キログラム以上になると好走率が大きく上昇する。2019年は572キログラムのサトノティターンが勝利を収め、2021年には564キログラムのレピアーウィットが優勝するなど、特に近年は550キログラムを超えるような馬の活躍が目立っている。今年も530キログラムを超えるような馬の出走があれば注目しておいて損はないだろう。〔表4〕

〔表4〕馬体重別成績(過去10年)
馬体重 成績 勝率 連対率 3着内率
500kg未満 4-3-6-65 5.1% 9.0% 16.7%
500kg〜529kg 3-5-3-49 5.0% 13.3% 18.3%
530kg以上 3-2-1-15 14.3% 23.8% 28.6%
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

前走の4コーナー通過順をチェック

過去のマーチSでは4コーナーを10番手以下で通過した馬が差し切ったケースも散見するが、2014年以降は優勝馬8頭中6頭が4コーナーを3番手以内で通過していた。過去8年の優勝馬はいずれも前走の4コーナーを3番手以内で通過していたことも踏まえると、先行力のある馬が狙い目となりそうだ。〔表5〕

(高那実 マヤ)

〔表5〕優勝馬の4コーナー通過順、前走の4コーナー通過順(過去8年)
年度 優勝馬 マーチSの4コーナー通過順 前走の4コーナー通過順
2014年 ソロル 3番手 3番手
2015年 マイネルクロップ 7番手 先頭
2016年 ショウナンアポロン 先頭 先頭
2017年 インカンテーション 3番手 先頭
2018年 センチュリオン 3番手 3番手
2019年 サトノティターン 12番手 3番手
2020年 スワーヴアラミス 2番手 2番手
2021年 レピアーウィット 3番手 3番手

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: