今週の注目レース

日経賞(GⅡ)

中山競馬場 2500メートル(芝)別定 4歳以上オープン

データ分析

天皇賞(春)へとつながる戦い

日経賞は天皇賞(春)の主要な前哨戦に位置付けられる一戦で、昨年の3着馬ワールドプレミアをはじめ、過去10年で延べ3頭がこの日経賞をステップに天皇賞(春)を優勝している。ここでは過去10年の結果から、好走馬の共通点を探っていく。

前走に注目

過去10年の前走別成績で3着以内馬が5頭以上いるのは、日経新春杯、有馬記念、アメリカJCCの計3レースとなっている。2019年以降の過去3年に限ってもアメリカJCC組から4頭、有馬記念組と日経新春杯組から2頭ずつ3着以内馬が出ている。好相性のローテーションとして、今年も該当馬がいるか要チェックだろう。〔表1〕

〔表1〕前走別成績(過去10年)
前走 成績 勝率 連対率 3着内率
日経新春杯 3-1-1-6 27.3% 36.4% 45.5%
有馬記念 2-3-3-7 13.3% 33.3% 53.3%
アメリカJCC 2-1-3-13 10.5% 15.8% 31.6%
ジャパンカップ 1-1-0-2 25.0% 50.0% 50.0%
ダイヤモンドS 1-0-0-14 6.7% 6.7% 6.7%
京都記念 0-2-0-9 0% 18.2% 18.2%
菊花賞 0-1-0-2 0% 33.3% 33.3%
3勝クラス 1-1-0-11 7.7% 15.4% 15.4%
その他のレース 0-0-3-42 0% 0% 6.7%

4歳馬が優勢

過去10年の年齢別の成績では、4歳馬が3着以内に12回入り、3着内率は41.4%で最も高くなっている。しかも、4歳馬は出走がなかった2016年を除く9回で毎回3着以内に入っている。4歳馬に次ぐ成績なのは5歳馬と6歳馬で、年齢の若い馬を重視した方がよさそうだ。〔表2〕

〔表2〕年齢別成績(過去10年)
年齢 成績 勝率 連対率 3着内率
4歳 5-6-1-17 17.2% 37.9% 41.4%
5歳 2-2-4-27 5.7% 11.4% 22.9%
6歳 3-1-2-26 9.4% 12.5% 18.8%
7歳 0-1-2-18 0% 4.8% 14.3%
8歳以上 0-0-1-18 0% 0% 5.3%

前年秋以降のGⅠ・GⅡでの成績が重要

過去10年の3着以内馬延べ30頭中27頭が、前年9月以降にJRAのGⅠ・GⅡで5着以内に入った経験を有していた。その経験がなかった馬は、延べ68頭が出走して、優勝したのが2012年のネコパンチのみと苦戦傾向にある。前年9月以降のJRAのGⅠやGⅡでの成績は、しっかりと確認しておきたい。〔表3〕

(河野 道夫)

〔表3〕前年9月以降のJRAのGⅠ・GⅡでの最高着順別成績(過去10年)
最高着順 成績 勝率 連対率 3着内率
1着 3-2-3-13 14.3% 23.8% 38.1%
2着 3-4-2-14 13.0% 30.4% 39.1%
3着 2-1-0-4 28.6% 42.9% 42.9%
4着 1-0-2-6 11.1% 11.1% 33.3%
5着 0-1-3-4 0% 12.5% 50.0%
6着 1-0-0-4 20.0% 20.0% 20.0%
7着以下 0-1-0-30 0% 3.2% 3.2%
該当レース出走なし 0-1-0-31 0% 3.1% 3.1%

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: