今週の注目レース

金鯱賞(GⅡ)

中京競馬場 2000メートル(芝)別定 4歳以上オープン

データ分析

春のGⅠタイトルを狙う有力馬が集う前哨戦

金鯱賞は宝塚記念や有馬記念の前哨戦に位置付けられていた時期もあったが、大阪杯がGⅠに昇格した2017年にその前哨戦として3月に移設され、同年の優勝馬ヤマカツエースが本番で僅差の3着と結果を残した。2018年にはスワーヴリチャードが金鯱賞からの連勝で大阪杯を制しており、年明け最初の古馬中距離GⅠに向けて重要な一戦となっている。ここでは現在の時期に行われた過去5年の結果から、好走馬の共通点を探っていく。

伏兵台頭の余地が大きい一戦

過去5年の単勝人気別成績を調べると、1番人気は3着内率100%と上々の成績を残している。ただ、2021年は10頭立ての10番人気だったギベオンが勝利を収めたほか、1番人気馬が優勝した3回も2着には7番人気以下の伏兵が入っている。2018年以降の4回は9頭から13頭と少なめの頭数で行われたことも考慮すれば、波乱度の高いレースと考えるべきだろう。〔表1〕

〔表1〕単勝人気別成績(過去5年)
単勝人気 成績 勝率 連対率 3着内率
1番人気 3-1-1-0 60.0% 80.0% 100%
2番人気 1-0-1-3 20.0% 20.0% 40.0%
3番人気 0-0-0-5 0% 0% 0%
4番人気 0-0-0-5 0% 0% 0%
5番人気 0-1-0-4 0% 20.0% 20.0%
6番人気〜9番人気 0-3-2-15 0% 15.0% 25.0%
10番人気以下 1-0-1-13 6.7% 6.7% 13.3%

間隔の空いている馬が中心

過去5年の3着以内馬15頭中10頭は前走から中9週以上の間隔を取っており、そのうち8頭は前走でGⅠ(海外G1を含む)に出走していた。GⅠから臨んだ馬が単勝2番人気以内に支持された場合〔4・1・1・1〕(3着内率85.7%)と好走率はさらに上がる。該当馬がいれば馬券の軸として信頼できそうだ。〔表2〕

〔表2〕前走との間隔別成績(過去5年)
前走との間隔 成績 勝率 連対率 3着内率
中8週以下 1-1-3-24 3.4% 6.9% 17.2%
中9週以上 4-4-2-21 12.9% 25.8% 32.3%

なお、中8週以下だった馬は1勝にとどまっているものの、白富士Sから臨んだ馬に限ると3着内率が80.0%にアップする。これには前項で触れたギベオンや、2017年に単勝13番人気ながら3着に入ったスズカデヴィアスも含まれており、白富士S組は配当妙味という点からも注目しておいて損はないだろう。〔表3〕

〔表3〕前走との間隔が中8週以下だった馬の前走別成績(過去5年)
前走 成績 勝率 連対率 3着内率
白富士S 1-0-3-1 20.0% 20.0% 80.0%
その他のレース 0-1-0-23 0% 4.2% 4.2%

中距離での実績が不可欠

過去5年の3着以内馬15頭中13頭は、芝1800メートルから芝2200メートルで行われたオープンクラスのレースを勝っていた。中距離での実績は不可欠といえそうだ。殊に優勝馬5頭はいずれも芝1800メートルまたは芝2000メートルのJRA重賞を勝っていたことから、勝ち切るにはより高いレベルの中距離実績を要することがうかがえる。〔表4〕

〔表4〕芝1800メートルから芝2200メートルで行われたオープンクラスのレースで優勝した経験の有無別成績(過去5年)
経験の有無 成績 勝率 連対率 3着内率
あり 5-3-5-28 12.2% 19.5% 31.7%
なし 0-2-0-17 0% 10.5% 10.5%
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

中距離重賞やGⅠでの実績をチェック

〔表4〕で述べたように、1着候補の条件としてJRAの中距離重賞の勝ち馬であることが挙げられる。また、過去5年の優勝馬には“JRA・GⅠで4着以内に入った経験を持つ6歳以下の馬”という共通点がある。大阪杯をはじめとした中距離のビッグレースを見据えた馬の戦いを制するには、GⅠでの実績も欠かせないようだ。〔表5〕

(高那実 マヤ)

〔表5〕優勝馬の年齢と主な中距離重賞の勝ち鞍およびGⅠでの最高着順(過去5年)
年度 優勝馬 年齢 主な中距離重賞の勝ち鞍 GⅠでの最高着順
2017年 ヤマカツエース 5歳 金鯱賞(芝2000m) 有馬記念4着
2018年 スワーヴリチャード 4歳 共同通信杯(芝1800m) 日本ダービー2着
2019年 ダノンプレミアム 4歳 弥生賞(芝2000m) 朝日杯FS1着
2020年 サートゥルナーリア 4歳 皐月賞(芝2000m) 皐月賞1着ほか
2021年 ギベオン 6歳 中日新聞杯(芝2000m) NHKマイルC2着
  • 注記:中距離重賞は芝1800メートルから芝2200メートルの重賞を対象とした

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: