今週の注目レース

3歳重賞馬連 報知杯フィリーズレビュー(GⅡ)

阪神競馬場 1400メートル(芝)馬齢 (牝) 3歳オープン

出走馬情報

ナムラクレア

牝3歳

調教師:長谷川浩大(栗東)

  • 父:ミッキーアイル
  • 母:サンクイーンⅡ
  • 母の父:Storm Cat
ここに注目!

休み明けでも仕上りに不足はない状態。しかし、同条件のファンタジーSで2着と結果を残しているとはいえ、3歳春は細かい適性が明確になってくる時期でもある。返し馬までのテンションはチェックしたいところだ。

3歳牝馬らしからぬ脚力を持っている馬で、調教で見せる動きは常に抜群。前走の阪神ジュベナイルフィリーズは5着に敗れたが、予想されていた以上に折り合いはついており、直線で押し上げることもできていた。マイルまでなら、距離の克服は可能かもしれない。一方で、父ミッキーアイル、母の父ストームキャットという配合は、スピード能力の高さを押し上げているもの。前走から200メートルの距離短縮はプラス材料と言って間違いないだろう。重賞初制覇を決めた昨年9月の小倉2歳Sに続く、重賞2勝目を期待してもよさそうだ。

ウィリン

牝3歳

調教師:林徹(美浦)

  • 父:スクリーンヒーロー
  • 母:レッドカーラ
  • 母の父:マンハッタンカフェ
ここに注目!

中京への輸送があった前走だが、休養前から10キログラム増。デビュー時が418キログラムと小柄で、馬体重の増加が課題であっただけに、これは大きなプラス材料だ。阪神コースへの適応次第でチャンスは十分にあるだろう。

父がジャパンカップを勝ったスクリーンヒーロー、母の父が菊花賞馬のマンハッタンカフェ。クラシックディスタンス向きの配合ながら、本馬は昨夏のメイクデビュー福島(芝1200メートル)を7馬身差で圧勝したスピードタイプ。骨折の影響により、約6か月半ぶりの実戦だった前走の紅梅S(リステッド。中京・芝1400メートル)でも、勝ち馬フォラブリューテから0秒5差の3着に入った。まだ1勝馬だが、持っている能力はオープンレベル。長い休養明けを1度使われ、追い切りの動きも絶好の今回は、この馬らしいパフォーマンスを期待していいだろう。

スリーパーダ

牝3歳

調教師:斉藤崇史(栗東)

  • 父:ミッキーアイル
  • 母:シンハリーズ
  • 母の父:Singspiel
ここに注目!

夏の小倉以来のレースとなった前走でも馬体重に変化なし。骨格的にコンパクトなサイズの馬であるとしても、もう少し厚みが出てほしいところだろう。非力で走りも軽いタイプ。水分を含んだ馬場状態は歓迎ではないはずだ。

母は多くの活躍馬を送り出した名繁殖牝馬のシンハリーズで、半姉が2016年のオークスを制したシンハライト。本馬は小柄だった姉に近いところもあるが、父がクラシックに強いディープインパクトから、スピードタイプのミッキーアイルへと替わったためか、現状は短距離色がかなり強い印象。道中の折り合いがしっかりとつき、直線で伸びるだけのレース運びに見えた前走のファンタジーSでも、勝ったウォーターナビレラから1秒2差の7着に敗れている。1400メートルの距離を克服できるかどうかが、今回も大きなポイントになりそうだ。

キミワクイーン

牝3歳

調教師:奥村武(美浦)

  • 父:ロードカナロア
  • 母:チェリーペトルズ
  • 母の父:ダイワメジャー
ここに注目!

前走の馬体重が420キログラムの小柄な牝馬だが、メンタル面が非常に強いようで、長距離輸送をしても体が減ることがなく、パドックでテンションが上がるような面も見せていない。常に力を発揮できるタイプと言えるだろう。

サクラバクシンオーを筆頭に、スピード馬の名が多い母系は完全な短距離型。アーモンドアイ、サートゥルナーリアを出している父ロードカナロアも、自身の成績はスプリントに特化していた。ここまで4戦2勝の本馬だが、掲示板(5着以内)を確保できなかった過去の2回は、新潟2歳S(6着)と阪神ジュベナイルフィリーズ(10着)のマイル戦。その敗因は距離とはっきりしているように見える。2戦2勝の好結果を残す1400メートルなら、本来のスピード能力を生かす形の競馬ができるはず。前走の阪神ジュベナイルフィリーズとは違う結果が期待できそうだ。

テイエムスパーダ

牝3歳

調教師:五十嵐忠男(栗東)

  • 父:レッドスパーダ
  • 母:トシザコジーン
  • 母の父:アドマイヤコジーン
ここに注目!

前走の馬体重が490キログラム。非常にたくましい馬体をしている馬で、見るからにスピード豊富だ。もちろん、ゴール前の急坂も苦にしないだろう。1400メートルへの距離延長に対応できるかがポイントになる。

1番人気の支持を受けたデビュー2戦目のオープン特別・フェニックス賞(小倉・芝1200メートル)では、勝ったナムラクレアに1/2馬身差の2着。同馬が次走で小倉2歳Sを制したことを考慮すれば、この馬もそれに準ずる能力を持っているとの認識ができるだろう。フェニックス賞3着のデュガがその後に2勝をマークしていることも見逃せない。前走の1勝クラス・あざみ賞(小倉・芝1200メートル)では約6か月ぶりの実戦をあっさりとクリアし、2着馬に3馬身差の勝利。潜在能力の高さを証明したことに加え、枠入りの問題を見せなかった点も収穫だったと言えるだろう。

マイシンフォニー

牝3歳

調教師:松永幹夫(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:テディーズプロミス
  • 母の父:Salt Lake
ここに注目!

デビューからの3戦は稍重と重馬場で走っていた馬。良馬場だった前走のパフォーマンスを見れば、今回も当日の天候が好走するためのポイントになりそうだ。力みやすい面を距離短縮で相殺できれば面白い。

デビュー4戦目だった前走の未勝利(阪神・芝1800メートル)で勝ち上がったディープインパクト産駒。半兄には京都2歳Sを勝ったマイラプソディ(父ハーツクライ)がいる奥の深い血統だ。未勝利の走破時計1分46秒6は、同日に同距離で行われた古馬2勝クラスの勝ちタイムよりも0秒1速いものだった。初勝利直後の重賞挑戦にはなるが、資質は今回のメンバーでも見劣りしないはずだ。相手関係よりも大きなポイントになりそうなのが、1400メートルへの距離短縮と、内回りコースへの対応。こればかりは走ってみないとわからないが、克服できるようなら、本番でも注目の1頭となりそうだ。

ゼロドラゴン

牝3歳

調教師:寺島良(栗東)

  • 父:ブラックタイド
  • 母:スカイノダン
  • 母の父:サクラバクシンオー
ここに注目!

デビュー戦後にノドの手術をしている馬。結果を出しているとはいえ、前走も前々走も序盤に負担をかけないレースをしており、それは今回のレースでも同じだろう。多頭数をさばききれるかどうかもポイントになりそうだ。

母のスカイノダンはサクラバクシンオーの産駒で、オープン勝ちはなかったものの、2010年北九州記念2着など、記憶に残る走りを見せたスプリンター。ブラックタイドを父に持ちながら、1200メートルに路線を変更したことでパフォーマンスが上昇した本馬は、母系の影響が強いタイプと考えてよさそうだ。ゆえに200メートルの距離延長に対応できるかどうかがポイント。これまでのレースぶりからも、速いペースで流れる競馬が理想だろう。近2走はどちらも出走馬中最速の推定上がり3ハロンタイムをマークしており、決め手勝負になれば重賞でも侮れない。

アネゴハダ

牝3歳

調教師:佐々木晶三(栗東)

  • 父:キズナ
  • 母:イニシャルダブル
  • 母の父:ウォーエンブレム
ここに注目!

昨秋から月1走に近いペースで出走。馬体重に大きな変化は出ていないが、詰まった日程になっているぶん、馬体の維持がポイントになってくるだろう。調教の強度だけでなく、当日の気配もチェックしたい。

2つ上の全兄リトルクレバーはダートの中距離馬で、本馬自身もダートでデビュー戦を勝利。前々走の1勝クラス(中京・ダート1400メートル、4着)で1番人気の支持を受けたのも、ダートでの前進が期待されたからだろうが、小倉2歳Sで3着に好走していたように、芝のほうが切れる脚を使えるタイプのようだ。それを再認識させたレースが、前走の1勝クラス(阪神・芝1400メートル)で、直線で鞍上が追い出しを待つシーンがありながらも差し切り勝ちを決めている。前走と同じ舞台を走る今回は、重賞制覇のチャンス到来だ。

(松浪 大樹)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: