今週の注目レース

3歳重賞馬連 報知杯フィリーズレビュー(GⅡ)

阪神競馬場 1400メートル(芝)馬齢 (牝) 3歳オープン

データ分析

締まったペースを味方につけた馬の台頭もある桜花賞トライアル

フィリーズレビューは他の桜花賞トライアルよりも距離が200メートル短く、短距離指向の強いスピードのある馬が集まりやすい。その結果、レースの流れが速くなることが多いのが特徴だ。今回は過去10年の結果から好走馬に共通するデータを探ってみた。

前走6着以下の馬はやや厳しい

前走の着順別成績を見ると、5着以内に好走していた馬が結果を残すことが多い。前走6着以下で馬券に絡んだ馬は5頭いるのだが、この5頭の前走は全てGⅠだった。前走がGⅠ以外のレースで6着以下に敗れていた馬の成績は〔0・0・0・38〕と、馬券の対象から外したくなるデータだ。〔表1〕

〔表1〕前走の着順別成績(過去10年)
前走の着順 成績 勝率 連対率 3着内率
5着以内 9-8-8-88 8.0% 15.0% 22.1%
6着以下 2-1-2-56 3.3% 4.9% 8.2%
  • 注記:2019年は1着同着

前走GⅠ組と1勝クラス組が主力に

前走GⅠ組の好走率が高く、その中でも5着以内に入っていた馬は〔1・3・1・1〕(3着内率83.3%)と優秀だ。もしも出走があるようなら積極的に狙ってみたい。それに次ぐ成績なのが前走1勝クラス組。前走で1勝クラスの1600メートル戦を勝っていた馬は3頭いて〔2・1・0・0〕という成績。前走がGⅡ・GⅢだった馬や、新馬・未勝利を勝ち上がったばかりの馬は好走率が低くやや狙いづらい。〔表2〕

〔表2〕前走別成績(過去10年)
前走 成績 勝率 連対率 3着内率
GⅠ 3-4-3-19 10.3% 24.1% 34.5%
GⅡ・GⅢ 0-1-1-25 0% 3.7% 7.4%
オープン特別 2-1-1-28 6.3% 9.4% 12.5%
1勝クラス 5-3-5-50 7.9% 12.7% 20.6%
新馬・未勝利 1-0-0-18 5.3% 5.3% 5.3%
地方のレース 0-0-0-4 0% 0% 0%
  • 注記:2019年は1着同着
  • 注記:リステッドはオープン特別に含む

10月から12月デビューの馬を狙え

出走頭数が多いのは9月以前にデビューした馬だが、成績が良いのは秋競馬が本格化した10月から12月にデビューしていた馬である。なお、年明けデビューで馬券に絡んだ馬はゼロ。地方競馬デビューの馬にも好走例はない。〔表3〕

〔表3〕デビュー月別成績(過去10年)
デビュー月 成績 勝率 連対率 3着内率
9月以前 3-6-7-99 2.6% 7.8% 13.9%
10月〜12月 8-3-3-34 16.7% 22.9% 29.2%
1月以降 0-0-0-8 0% 0% 0%
地方競馬デビュー 0-0-0-3 0% 0% 0%
  • 注記:2019年は1着同着

3勝馬が意外と苦戦

人気を集めることが多いのは3勝馬なのだが、2014年ホウライアキコ(1番人気5着)と2018年モルトアレグロ(1番人気10着)が1番人気の支持に応えられなかったほか、3着以内に入ったのも1頭(2021年2着ヨカヨカ)だけとなっている。2勝馬と1勝以下だった馬を比較すると勝率的にはほとんど差はないが、3着内率には差がある。3連系の馬券の軸は2勝馬から選ぶのが無難だろう。〔表4〕

〔表4〕JRAでの勝利数別成績(過去10年)
勝利数 成績 勝率 連対率 3着内率
3勝 0-1-0-6 0% 14.3% 14.3%
2勝 6-8-9-71 6.4% 14.9% 24.5%
1勝以下 5-0-1-67 6.8% 6.8% 8.2%
  • 注記:2019年は1着同着

前走の距離に注目

好走馬が多いのは前走1600メートル組、それに1400メートル組が続く。前走が1200メートル戦だった馬は連対がなく3着が1回のみと成績はかなり悪く、データ的には厳しそうだ。〔表5〕

〔表5〕前走の距離別成績(過去10年)
前走距離 成績 勝率 連対率 3着内率
1200m 0-0-1-36 0% 0% 2.7%
1400m 4-3-3-52 6.5% 11.3% 16.1%
1500m 0-0-0-1 0% 0% 0%
1600m 7-6-6-53 9.7% 18.1% 26.4%
1700m以上 0-0-0-2 0% 0% 0%
  • 注記:2019年は1着同着
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

優勝馬に共通する項目

過去10年の優勝馬の前走を比較すると、最も多いのは前走1600メートル組。その中でも前走が条件クラスなら1着、リステッド(オープン特別)なら4着以内、GⅠなら着順不問で狙えそう(GⅡ・GⅢは該当なし)。また、前走1400メートル組はクラスにかかわらず1着、もしくは1番人気に支持されていないと厳しい。頭数を絞り切るには難しいかもしれないが、その他のデータも参考にしながら絞り込んでいきたい。〔表6〕

(姫園 淀仁)

〔表6〕優勝馬の前走の距離・格・着順・単勝人気(過去10年)
年度 優勝馬 前走の距離 前走の格 前走の着順 前走の単勝人気
2012年 アイムユアーズ 1600m GⅠ 2着 8番人気
2013年 メイショウマンボ 1600m 1勝クラス 1着 2番人気
2014年 ベルカント 1600m GⅠ 10着 3番人気
2015年 クイーンズリング 1600m 1勝クラス 1着 2番人気
2016年 ソルヴェイグ 1400m 1勝クラス 5着 1番人気
2017年 カラクレナイ 1400m 1勝クラス 1着 1番人気
2018年 リバティハイツ 1400m 1勝クラス 2着 1番人気
2019年 ノーワン 1600m 未勝利 1着 4番人気
プールヴィル 1400m リステッド 2着 1番人気
2020年 エーポス 1600m リステッド 4着 8番人気
2021年 シゲルピンクルビー 1600m GⅠ 17着 11番人気
  • 注記:2019年は1着同着

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: