今週の注目レース

夕刊フジ賞オーシャンステークス(GⅢ)

中山競馬場 1200メートル(芝・外)別定 4歳以上オープン

データ分析

スプリント路線の頂点を目指して

当レースの過去の結果を見返すと、2017年から4年連続で2着に入ったナックビーナスをはじめ、同一馬が複数回3着以内に入るケースが目につく。高松宮記念の前哨戦という位置づけから、スプリンターとしての資質はもちろんのこと、中山コースへの適性も結果を左右する大きな要素となりそうだ。ここでは、過去10年の結果からレース傾向を探っていく。

近走の条件と単勝人気は要チェック

過去10年の3着以内馬延べ30頭中24頭は、過去3走以内にオープンクラスの芝1200メートル戦で単勝4番人気以内に支持された経験があった。中でも、1番人気に支持されたことのあった馬は3着内率で60.0%という高い数値をマークしている。過去3走以内にこの条件のレースで上位人気に支持されていた馬は、高く評価すべきだろう。〔表1〕

〔表1〕過去3走におけるオープンクラス・芝1200メートル戦での最高単勝人気別成績(過去10年)
最高単勝人気 成績 勝率 連対率 3着内率
1番人気 4-7-4-10 16.0% 44.0% 60.0%
2番人気 2-2-1-10 13.3% 26.7% 33.3%
3番人気 2-0-0-12 14.3% 14.3% 14.3%
4番人気 0-0-2-9 0% 0% 18.2%
5番人気 0-0-0-5 0% 0% 0%
6〜9番人気 1-0-0-32 3.0% 3.0% 3.0%
10番人気以下 0-0-1-23 0% 0% 4.2%
該当レース出走なし 1-1-2-29 3.0% 6.1% 12.1%

過去10年で5歳馬が6勝

過去10年の年齢別成績では、5歳馬が最多の6勝を挙げ、3着内率でもトップの数値を記録している。また、5歳馬の6勝中5勝が過去6年で挙げたものである点も見逃せず、この6年間に限れば勝率21.7%、3着内率39.1%となっている。近年の傾向からも5歳馬は注目すべきだろう。その一方で、8歳以上の馬は過去10年で延べ33頭が出走しているものの、連対がなく3着が3回と苦戦傾向にある。〔表2〕

〔表2〕年齢別成績(過去10年)
年齢 成績 勝率 連対率 3着内率
4歳 2-1-2-24 6.9% 10.3% 17.2%
5歳 6-2-4-32 13.6% 18.2% 27.3%
6歳 1-5-1-26 3.0% 18.2% 21.2%
7歳 1-2-0-18 4.8% 14.3% 14.3%
8歳 0-0-3-18 0% 0% 14.3%
9歳以上 0-0-0-12 0% 0% 0%

近走で中山コース好走歴がある馬に注目

近走における中山競馬場での実績について調べてみると、過去2走で中山のレースに出走して2着以内に入っていた馬の好走率が高くなっている。特に、1着があった馬は4勝を含む8連対をマークし、連対率は32.0%に達している。近走で中山競馬場に出走経験があり、かつそのレースで上位に入っていた馬に注目したい。〔表3〕

(河野 道夫)

〔表3〕過去2走における中山競馬場での最高着順別成績(過去10年)
最高着順 成績 勝率 連対率 3着内率
1着 4-4-1-16 16.0% 32.0% 36.0%
2着 1-2-0-7 10.0% 30.0% 30.0%
3着 1-0-0-6 14.3% 14.3% 14.3%
4着 0-0-1-4 0% 0% 20.0%
5着 0-0-0-3 0% 0% 0%
6〜9着 0-0-0-11 0% 0% 0%
10着以下 1-2-1-13 5.9% 17.6% 23.5%
該当レース出走なし 3-2-7-70 3.7% 6.1% 14.6%

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: