今週の注目レース

日経新春杯(GⅡ)

中京競馬場 2200メートル(芝)ハンデ 4歳以上オープン

2021年 ショウリュウイクゾ

2021年 ショウリュウイクゾ

2020年 モズベッロ

2020年 モズベッロ

2019年 グローリーヴェイズ

2019年 グローリーヴェイズ

レース画像をクリックするとその年の結果および映像のページに遷移します。
なお、印刷時はレース画像は表示されません。

歴史

1954年に4歳以上・ハンデキャップの重賞競走として創設された「日本経済新春杯」が本競走の前身で、創設当初は京都競馬場の芝2400メートル(外回り)で行われていた。その後、1979年に現在のレース名である「日経新春杯」に改称された。

競走条件は、1981年に別定重量に変更されたのち、1987年に芝2200メートル(外回り)に短縮されたが、1994年に再びハンデキャップ競走となり、翌1995年に芝2400メートル(外回り)へ距離を延長と創設当初の条件に戻され現在に至っている。なお、2021年に続き本年も京都競馬場整備工事による開催日程の変更により中京競馬場で行われる。

コースの特徴

コース図

中京・芝2200メートル

ホームストレッチを4コーナー側に延長した引き込み線からスタートして、すぐに本線に合流してコースを1周する。スタンド前の急坂を2回上る負荷の高いコース。スタート後に坂を越えてからもバックストレッチ半ばまでずっと上り基調が続き、その後は直線入口までなだらかに下っていく。残り600メートル標識は3コーナーから4コーナーの中間あたり。スピードを落とさないように外を回るか、コースロスを避けて内にこだわるか。直線勝負に向けて騎手の思惑が交錯する。2度目の坂を上りきった後もゴールまで240メートルあり、もうひと踏ん張りが要求される。見た目以上にタフなコースだ。

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: