今週の注目レース

日経新春杯(GⅡ)

中京競馬場 2200メートル(芝)ハンデ 4歳以上オープン

データ分析

波乱の決着も起こり得るハンデキャップ重賞

過去10年の日経新春杯では、連対馬が2頭とも単勝5番人気以内だったケースが7回ある一方で、残る3回では10番人気以下の馬が1頭ずつ連対している。そのうちの1回が京都競馬場整備工事に伴い中京競馬場の芝2200メートルで行われた2021年で、馬連の配当が5万円を超える大波乱となった。引き続き中京競馬場で行われる今年は、果たしてどのような結果になるのだろうか。過去10年のデータを参考に、好走馬に共通するポイントを探っていく。

条件クラスのレースから臨む馬に注目

過去10年の前走別成績を見ると、前走が2勝クラスのレースだった馬は半数が3着以内に入り、3勝クラスから臨んだ馬も3着内率が33.3%と高くなっている。特にここ4年は3勝クラスのレースから臨んだ馬が〔3・2・2・4〕(3着内率63.6%)と、半数以上が3着以内に入っている。〔表1〕

〔表1〕前走別成績(過去10年)
前走 成績 勝率 連対率 3着内率
GⅠ 5-0-0-24 17.2% 17.2% 17.2%
GⅡ 1-1-4-23 3.4% 6.9% 20.7%
GⅢ 0-3-1-27 0% 9.7% 12.9%
オープン特別 0-1-2-21 0% 4.2% 12.5%
3勝クラス 3-4-2-18 11.1% 25.9% 33.3%
2勝クラス 1-1-1-3 16.7% 33.3% 50.0%
  • 注記:リステッドはオープン特別に含む

なお、前走がJRAのGⅠだった馬は1着か4着以下と極端な成績だが、その中でも前走の着順が5着以内だった馬に限れば勝率80.0%と驚異的な成績を残している。一方、前走のGⅠで6着以下に敗れていた馬は3着以内が1回だけと苦戦を強いられている。GⅠ6着以下からの巻き返しは期待できないようだ。〔表2〕

〔表2〕前走がJRAのGⅠだった馬の、前走の着順別成績(過去10年)
前走の着順 成績 勝率 連対率 3着内率
5着以内 4-0-0-1 80.0% 80.0% 80.0%
6着以下 1-0-0-23 4.2% 4.2% 4.2%

JRA重賞の優勝馬は過信禁物

条件クラスのレースから臨んだ馬が活躍していることもあり、過去10年の3着以内馬延べ30頭中23頭はJRA重賞の優勝経験がない馬だった。好走率ではJRA重賞の優勝経験がある馬も遜色ないものの、ここ4年に限れば〔0・0・1・12〕(3着内率7.7%)と重賞未勝利の馬に圧倒されている上、単勝3番人気以内に支持された3頭がいずれも4着以下と、上位人気の支持に応えられなかったケースも見られる。JRA重賞の優勝馬は過信禁物といえそうだ。〔表3〕

〔表3〕JRA重賞の優勝経験の有無別成績(過去10年)
経験の有無 成績 勝率 連対率 3着内率
あり 2-2-3-27 5.9% 11.8% 20.6%
なし 8-8-7-89 7.1% 14.3% 20.5%

年齢が若いほど好成績

過去10年の年齢別成績を調べると、優勝馬は10頭中7頭が4歳だった。4歳馬が単勝2番人気以内に支持された場合は〔5・2・0・3〕と連対率が70.0%に達している。一方、7歳以上の馬は延べ42頭が出走したものの、全て4着以下に敗れている。予想は6歳以下の馬を中心に組み立てたい。〔表4〕

〔表4〕年齢別成績(過去10年)
年齢 成績 勝率 連対率 3着内率
4歳 7-3-0-20 23.3% 33.3% 33.3%
5歳 2-4-5-25 5.6% 16.7% 30.6%
6歳 1-3-5-29 2.6% 10.5% 23.7%
7歳以上 0-0-0-42 0% 0% 0%
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

前走との負担重量の差をチェック

前項で述べたように過去10年の優勝馬は6歳以下の馬に限られていることから、まずは年齢から候補を絞り込めるだろう。続いて優勝馬の負担重量に注目してみると、優勝馬10頭中8頭は前走から2キログラム以上減っていた。ハンデ戦では他馬との斤量差に目が行きがちだが、前走からの増減も優勝馬を予想する際のヒントになりそうだ。〔表5〕

(高那実 マヤ)

〔表5〕優勝馬の日経新春杯での負担重量と前走の負担重量(過去10年)
年度 優勝馬 日経新春杯の負担重量 前走の負担重量
2012年 トゥザグローリー 58.5kg 57kg
2013年 カポーティスター 52kg 55kg
2014年 サトノノブレス 55kg 57kg
2015年 アドマイヤデウス 55kg 57kg
2016年 レーヴミストラル 56kg 56kg
2017年 ミッキーロケット 55kg 57kg
2018年 パフォーマプロミス 54kg 56kg
2019年 グローリーヴェイズ 55kg 57kg
2020年 モズベッロ 52kg 54kg
2021年 ショウリュウイクゾ 53kg 57kg

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: