今週の注目レース

秋の2歳単勝馬連 朝日杯フューチュリティステークス(GⅠ)

阪神競馬場 1600メートル(芝・外)馬齢 牡・牝 2歳オープン

出走馬情報

ジオグリフ

牡2歳

調教師:木村哲也(美浦)

  • 父:ドレフォン
  • 母:アロマティコ
  • 母の父:キングカメハメハ
ここに注目!

前走はゲート内で落ち着きがなく、スタートで少し遅れる形に。直線の長い阪神・芝の外回りコースなら位置取りに関しての不安は少なくなるが、レースに至る過程でのテンションに多少の課題は残る。長距離輸送をクリアできるかどうかもポイントになりそうだ。

父ドレフォンは今年の2歳世代が初年度産駒になるストームキャット系の新種牡馬で、母アロマティコはJRAで6勝をマークした実績馬。近親にはステイヤーズSを3連覇したアルバート、ディープインパクトが勝った日本ダービーの2着馬インティライミなどがいる。中距離以上をこなしても不思議のない母系に加え、前走の札幌2歳S(1着)ではコーナー通過が4回のコースもあっさりと克服しているが、前回と同じコーナー通過が4回で中距離路線のホープフルSを選択せず、距離を短縮してマイルGⅠに参戦してきた。これは非常に興味深いところだ。今回、どのようなパフォーマンスを示すかで、2歳チャンピオンのタイトルだけでなく、その将来に大きな可能性が生まれることとなりそうだ。

ドウデュース

牡2歳

調教師:友道康夫(栗東)

  • 父:ハーツクライ
  • 母:ダストアンドダイヤモンズ
  • 母の父:Vindication
ここに注目!

東京へ長距離輸送した前走時の馬体重は、デビュー戦より12キログラム増の506キログラム。明らかな太め残りではなかったものの、余裕を残した状態で出走したのは確かだろう。今回はきっちりと調教で動かしており、マイナス体重での出走が期待できるはずだ。

中・長距離に強いイメージがあるハーツクライの産駒で、本馬も前々走のメイクデビュー小倉(芝1800メートル)に続き、前走も中距離のカテゴリーに入るアイビーS(リステッド。東京・芝1800メートル)を連勝。この路線に強い友道康夫厩舎らしいローテーションと言え、それゆえに距離短縮を不思議に感じるファンも少なくないだろう。ただ、デビューする前の段階で厩舎が持っていた本馬のイメージは、スピードとパワーがセールスポイントのマイラータイプ。前走も鞍上が巧みに押さえ込んではいたものの、スローペースに我慢できなくなりそうな雰囲気はあった。能力をフルに発揮できる舞台と判断したからこそのマイルGⅠ参戦。3連勝でのタイトル獲得も十分にあるだろう。

セリフォス

牡2歳

調教師:中内田充正(栗東)

  • 父:ダイワメジャー
  • 母:シーフロント
  • 母の父:Le Havre
ここに注目!

パドックなどで感じるテンションの高さはあるものの、それが実戦に影響せず、3連勝でGⅠへと駒を進めてきた。馬体重もデビューから大きく変わらず、前走で右回りも克服。多頭数は課題だろうが、スタートを決めれば好位で進めることも可能なはずだ。

優良なマイラーを多く送り出している父ダイワメジャー。産駒のアドマイヤマーズは朝日杯フューチュリティSを、メジャーエンブレムとレシステンシアは今回と同舞台の阪神ジュベナイルフィリーズを勝っている。これまでの父の産駒が、瞬発力よりもスピードの持続力に秀でた馬が多かったのに対して、前々走の新潟2歳Sで上がり3ハロン32秒8(以下推定)、前走のデイリー杯2歳Sで同33秒4の末脚を駆使してマイル重賞連勝を果たした本馬には、以前の父のイメージとの違いが感じられる。かなりの大物かもしれない。重賞3連覇でのGⅠ勝利なら、JRA賞最優秀2歳牡馬の座もグッと引き寄せることになりそうだ。

ダノンスコーピオン

牡2歳

調教師:安田隆行(栗東)

  • 父:ロードカナロア
  • 母:レキシールー
  • 母の父:Sligo Bay
ここに注目!

1800メートルの前走も上手に走っていたが、短距離戦に強いロードカナロアの産駒。1600メートルへの距離短縮はプラスになりそうだ。前走時の馬体重が462キログラムと馬格があるわけではないが、フットワークが大きいため走りはかなり豪快。広いコース向きだろう。

メイクデビュー阪神(芝1600メートル)、前走の萩S(リステッド。阪神・芝1800メートル)を制し、2戦2勝の戦績でGⅠの舞台へと挑戦してくるロードカナロア産駒だ。前々走、前走ともに着差はクビとわずかだったが、前々走で負かしたルージュラテールはその後2勝をマークしてオープンクラス入り。前走の2着馬キラーアビリティは2歳コースレコードで未勝利戦を勝った馬で、戦ってきた馬などとの比較で相対的な評価が上がっている状況だ。2戦連続で出走馬中最速の推定上がり3ハロンタイムをマークするなど、鋭い決め手は今回の出走馬でも上位と思われる。初の重賞挑戦でGⅠ制覇を果たす可能性も十分にあるだろう。

ドーブネ

牡2歳

調教師:武幸四郎(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:プレミアステップス
  • 母の父:Footstepsinthesand
ここに注目!

テンションに課題がある馬。イレ込むことなく、落ち着いた状態でレースに挑めた前走は、勝利という結果以上に収穫が多かったレースと言えるだろう。外回りコースのマイル戦への対応が鍵とはいえ、前走の内容なら克服する可能性のほうが高いはずだ。

2021年の千葉サラブレッドセールにおいて、5億1711万円(消費税込み)で落札され、デビュー前から話題を集めていた。一方で、調教段階ではハミ受けなどの修正点を残し、メイクデビュー札幌(芝1500メートル)の本馬場入場後には返し馬を行わず、歩いたまま退避所へ行くなど、気性面に課題があるような雰囲気も感じられた。だが、実戦では馬群の外から楽々と突き抜けて期待通りの強さを見せると、2戦目のオープン特別・ききょうS(中京・芝1400メートル)では、初めての当日輸送も問題なくクリア。出遅れて後方から競馬を進めた前々走と異なり、発馬を五分に出てマイペースの逃げを打つなど、異なるレース内容で勝ち上がっているところもポイントだ。3戦3勝でのGⅠ制覇に挑む。

オタルエバー

牡2歳

調教師:中竹和也(栗東)

  • 父:リオンディーズ
  • 母:ルージュクール
  • 母の父:Redoute's Choice
ここに注目!

世代上位の脚力を持っている馬だが、その一方でコントロールが難しく、前走もハミを噛みっぱなしの状態で回ってきたような印象だった。今回は外回りの1600メートル。オーバーペースになることなく、折り合いをつけられるかどうかが課題になる。

5番人気での出走だったメイクデビュー新潟(芝1600メートル)では、1分34秒6の好時計をマークし、2着馬に4馬身差の完勝。この内容が評価され、続く新潟2歳Sでは2番人気に支持された。ここは上位馬の決め手に屈して3着に敗れたが、ハイレベルなメンバー構成だった重賞でも能力は通用。GⅠのメンバーが相手でも互角の走りができるはずだ。1番人気の支持を受けた前走の1勝クラス・秋明菊賞(阪神・芝1400メートル)は、スピードの違いでハナを切り、道中でかなり力むような面を見せながらも、直線では後続を突き放して勝利。初めての右回りもクリアした。父は名牝シーザリオの仔で、2015年の本レースを勝ったリオンディーズ。父仔制覇のかかる1戦に注目したい。

アルナシーム

牡2歳

調教師:橋口慎介(栗東)

  • 父:モーリス
  • 母:ジュベルアリ
  • 母の父:ディープインパクト
ここに注目!

20キログラム増だった前走時の馬体重は、放牧による単純な成長分。見た目の印象なら、もっと増えていてもいいくらいだろう。今回も課題は折り合いになるが、1600メートルへの距離短縮加え、テンに速い馬も少なくないだけに、我慢する可能性は十分にありそうだ。

皐月賞、大阪杯を勝ったアルアイン、今年の日本ダービーを制したシャフリヤールの全姉にあたるジュベルアリを母に持つ。本馬は2番人気で出走したメイクデビュー函館(芝1800メートル)で豪快な差し切り勝ちを決めると、4か月半のリフレッシュ期間を設けた2戦目には、ハイレベルなメンバー構成となった東京スポーツ杯2歳Sが選択された。結果は3番人気で6着。スタートを上手に切れず後方追走となり、途中からは制御が利かず、直線入り口では後続を離して先頭を走る状況に。チグハグなレース内容とはなったが、むしろ、これだけのロスがある形で大きく失速しなかったことに驚きを感じた。スムーズな競馬ができれば、このメンバーが相手でも好勝負が可能だ。

プルパレイ

牡2歳

調教師:須貝尚介(栗東)

  • 父:イスラボニータ
  • 母:マイジェン
  • 母の父:Fusaichi Pegasus
ここに注目!

前走は少頭数だったこともあり、道中でペースが極端に落ち、瞬発力が求められる展開になった。今回は多頭数なうえ、短距離色の強い馬の登録もある。GⅠらしい厳しいペースになれば、スピードの持続力が生きそうだ。

父は皐月賞馬イスラボニータで、母の父はケンタッキーダービー馬のフサイチペガサス。スピード色の強い本馬の過去のパフォーマンスを見れば、父系の影響が強いタイプと考えていいだろう。メイクデビュー東京(芝1600メートル)はアライバルの2着に敗れたが、同馬は続く新潟2歳Sでも2着に入った素質馬。2戦目の未勝利(新潟・芝1600メートル)を1分33秒3の2歳コースレコードで勝利し、昇級初戦の1勝クラス・アスター賞(中山・芝1600メートル)でも逃げ切り勝ちを決めた本馬のその後を見れば、デビュー戦の敗戦で評価を下げる必要はないはずだ。問題は4着に敗れた前走のデイリー杯2歳Sで、これまでよりも明らかに粘りを欠いた。前々走までのような走りができるかどうかに尽きるだろう。

(松浪 大樹)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: