今週の注目レース

チャレンジカップ(GⅢ)

阪神競馬場 2000メートル(芝)別定 3歳以上オープン

データ分析

中距離戦線のさらなる大舞台へ飛躍の一戦

当レースは幾度か開催時期や距離など条件の変更があったが、2017年以降は阪神の芝2000メートルを舞台に、別定戦で行われている。注目すべきは、その2017年以降の優勝馬はいずれもここが重賞初勝利だったということだ。昨年の優勝馬レイパパレが続く大阪杯でGⅠ制覇を飾ったように、今年もこのレースを飛躍のきっかけとする馬が現れるかもしれない。今回は、現在の条件で行われた過去4年の結果を分析する。

5番人気以内が強い

過去4年の優勝馬はいずれも2番人気以内だった。3着以内馬で見ると12頭中11頭が5番人気以内で、6番人気以下の馬は27頭が出走して1頭しか3着以内に入っていない。まずは5番人気以内の馬を中心に考えたい。〔表1〕

〔表1〕単勝人気別成績(過去4年)
単勝人気 成績 勝率 連対率 3着内率
1番人気 2-0-0-2 50.0% 50.0% 50.0%
2番人気 2-1-1-0 50.0% 75.0% 100%
3番人気 0-0-2-2 0% 0% 50.0%
4番人気 0-1-0-3 0% 25.0% 25.0%
5番人気 0-1-1-2 0% 25.0% 50.0%
6番人気以下 0-1-0-26 0% 3.7% 3.7%

前走が重賞以外だった馬にも目を光らせろ

過去4年のうち、前走で重賞に出走していた馬の優勝は、2017年に菊花賞から臨んだサトノクロニクルのみで、以後は前走がオープン特別だった馬が2勝、3勝クラスだった馬が1勝となっている。3着内率ではGⅠ組が60.0%、3勝クラス組が66.7%と、この2組が際立っている。〔表2〕

〔表2〕前走別成績(過去4年)
前走 成績 勝率 連対率 3着内率
GⅠ 1-0-2-2 20.0% 20.0% 60.0%
GⅡ 0-1-0-8 0% 11.1% 11.1%
GⅢ 0-2-0-8 0% 20.0% 20.0%
オープン特別 2-1-1-10 14.3% 21.4% 28.6%
3勝クラス 1-0-1-1 33.3% 33.3% 66.7%
その他のレース 0-0-0-6 0% 0% 0%
  • 注記:リステッドはオープン特別に含む

同年の成績は要チェック

過去4年の出走馬について、同年の3勝クラスとオープンクラスでの勝利数別に成績をまとめると、優勝馬4頭はいずれも、同年に3勝クラスから上のクラスのレースで勝ち星を挙げていた。勝利数が多いほど好走率が高く、0勝だった馬の3着内率は11.1%にとどまっている。同年に3勝クラスとオープンクラスでより多く勝利している馬を重視すべきだろう。〔表3〕

(河野 道夫)

〔表3〕同年の3勝クラスとオープンクラスでの勝利数別成績(過去4年)
勝利数 成績 勝率 連対率 3着内率
3勝 1-0-0-0 100% 100% 100%
2勝 1-2-0-2 20.0% 60.0% 60.0%
1勝 2-0-3-9 14.3% 14.3% 35.7%
0勝 0-2-1-24 0% 7.4% 11.1%

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: