今週の注目レース

ジャパンカップ(GⅠ)

東京競馬場 2400メートル(芝)定量 3歳以上オープン

スペシャル出馬表のカスタマイズ

表示する馬(2頭以上)を選択してください すべて表示

    枠・馬番/馬名/調教師名/血統|性齢/毛色/負担重量/騎手名|過去3走成績(前走/前々走/3走前)
    1
    天皇賞(秋) 10着
    レース
    パドック
    調教
    京都大賞典 11着
    レース
    パドック
    目黒記念 11着
    レース
    パドック
    調教

    2018年5月27日

    東京競馬場

    2:22.9

    C.ルメール

    57kg
    1着
    ルーラーシップ

    現役時代の成績 20戦8勝

    主な勝利

    2012年 香・クイーンエリザベスⅡ世C(G1)

    ピサノグラフ

    現役時代の主な勝利

    なし

    母の父サンデーサイレンス

    現役時代の成績 14戦9勝

    主な勝利

    1989年 米・ケンタッキーダービー、米・プリークネスS、米・BCクラシック、米・スーパーダービー、米・サンタアニタダービー。1990年 カリフォルニアンS(以上、G1)

    出走馬紹介

    2年前のアルゼンチン共和国杯の覇者。前走の天皇賞(秋)(10着)では馬が7歳、鞍上のJRA騎手最年長・柴田善臣騎手が55歳というベテランコンビにも注目が集まった。人馬の経験値が脅威となる。

    調教師角田晃一(栗東)

    本レースの成績

    延べ1頭出走

    (0・0・0・1)

    騎手柴田善臣(美浦)

    本レースの成績

    8年ぶり11回目の騎乗

    優勝:なし

    (0・0・0・10)

    2
    天皇賞(秋) 2着
    レース
    パドック
    調教
    大阪杯 3着
    レース
    パドック
    調教
    ジャパンカップ 2着
    レース
    パドック
    調教

    2020年11月29日

    東京競馬場

    2:23.2

    福永祐一

    55kg
    2着
    ディープインパクト

    現役時代の成績 14戦12勝

    主な勝利

    2005年 皐月賞、日本ダービー、菊花賞。2006年 天皇賞(春)、宝塚記念、ジャパンカップ、有馬記念(以上、GⅠ)

    ロードクロサイト

    現役時代の主な勝利

    なし

    母の父Unbridled's Song

    現役時代の成績 12戦5勝

    主な勝利

    1995年 米・BCジュヴェナイル。1996年 米・フロリダダービー(以上、G1)

    出走馬紹介

    昨年、史上3頭目となる無敗クラシック三冠を達成。前走の天皇賞(秋)も2着と能力の高さを再証明した。ここが引退戦。綺麗な飛行機雲を空に、ターフを去る。

    調教師矢作芳人(栗東)

    本レースの成績

    延べ5頭出走

    優勝:なし

    (0・1・0・4)

    騎手福永祐一(栗東)

    本レースの成績

    2年連続8回目の騎乗

    優勝:なし

    (0・2・1・4)

    3
    ブリーダーズカップターフ 2着
    レース
    凱旋門賞 11着
    フォワ賞 2着

    2021年11月6日

    米・デルマー

    2:26.0

    I.オルティスJr.

    57kg
    2着
    Australia

    現役時代の成績 8戦5勝

    主な勝利

    2014年 英・英ダービー、愛・愛ダービー、英・インターナショナルS(以上、G1)

    Sweepstake

    現役時代の主な勝利

    なし

    母の父Acclamation

    現役時代の成績 17戦6勝

    主な勝利

    2003年 英・ダイアデムS(G2)

    出走馬紹介

    世界の一線級が集う前走の米G1・ブリーダーズCターフ2着(レコード決着)からの電撃参戦。豊富なスタミナを備え、クラシックディスタンスでの強さは証明済み。日本勢の大きな壁として立ちはだかる。

    調教師A.オブライエン

    本レースの成績

    延べ4頭出走

    (0・0・0・4)

    騎手R.ムーア

    本レースの成績

    2年ぶり13回目の騎乗

    優勝:1回

    (1・1・0・10)

    4
    神戸新聞杯 4着
    レース
    パドック
    調教
    日本ダービー 1着
    レース
    パドック
    調教
    毎日杯 1着
    レース
    パドック
    調教

    2020年5月30日

    東京競馬場

    2:22.5

    福永祐一

    57kg
    1着
    ディープインパクト

    現役時代の成績 14戦12勝

    主な勝利

    2005年 皐月賞、日本ダービー、菊花賞。2006年 天皇賞(春)、宝塚記念、ジャパンカップ、有馬記念(以上、GⅠ)

    ドバイマジェスティ

    現役時代の主な勝利

    2010年 米・BCフィリー&メアスプリント(G1)

    母の父Essence of Dubai

    現役時代の成績 13戦5勝

    主な勝利

    2001年 米・ノーフォークS。2002年 米・スーパーダービー、ア首・UAEダービー(G2)

    出走馬紹介

    絶好条件で反撃の構えだ。今回と同舞台のダービーで2着に下したエフフォーリアが先日の天皇賞(秋)を制するなど、評価を高める現3歳世代。その旗頭として、歴戦の古馬たちに挑む。

    調教師藤原英昭(栗東)

    本レースの成績

    述べ8頭出走

    (0・0・0・8)

    騎手川田将雅(栗東)

    本レースの成績

    4年連続9回目の騎乗

    優勝:なし

    (0・1・2・5)

    5
    京都大賞典 3着
    レース
    パドック
    調教
    宝塚記念 5着
    レース
    パドック
    調教
    クイーンエリザベスⅡ世C 4着
    レース
    調教

    2018年11月25日

    東京競馬場

    2:20.9

    川田将雅

    57kg
    2着
    ルーラーシップ

    現役時代の成績 20戦8勝

    主な勝利

    2012年 香・クイーンエリザベスⅡ世C(G1)

    ブリッツフィナーレ

    現役時代の主な勝利

    なし

    母の父ディープインパクト

    現役時代の成績 14戦12勝

    主な勝利

    2005年 皐月賞、日本ダービー、菊花賞。2006年 天皇賞(春)、宝塚記念、ジャパンカップ、有馬記念(以上、GⅠ)

    出走馬紹介

    2017年菊花賞馬もまだターフで力強い走りを続けている。ジャパンカップは3回目の出走。稀代の名牝・アーモンドアイの2着に好走した2018年は記憶に新しい。休み明けを1度使われ、菊花賞以来のVに挑む。

    調教師辻野泰之(栗東)

    本レースの成績

    初出走

    騎手和田竜二(栗東)

    本レースの成績

    16年ぶり4回目の騎乗

    優勝:1回

    (1・1・0・1)

    6
    オペラ賞 2着
    ジャンロマネ賞 1着
    ヴィシー大賞 1着

    2020年9月13日

    仏・パリロンシャン

    2:27.9

    S.パスキエ

    59.5kg
    9着
    Olympic Glory

    現役時代の成績 15戦8勝

    主な勝利

    2012年 仏・ジャンリュックラガルデール賞。2013年 英・クイーンエリザベスⅡ世S。2014年 英・ロッキンジS、仏・フォレ賞(以上、G1)

    Madonna Lily

    現役時代の主な勝利

    なし

    母の父Daylami

    現役時代の成績 21戦11勝

    主な勝利

    1997年 仏2000ギニー。1998年 英・エクリプスS、米・マンノウォーS。1999年 愛チャンピオンS、英・キングジョージⅥ世&クイーンエリザベスS、英・コロネーションC、米・BCターフ(以上、G1)

    出走馬紹介

    フランスのクイーンがラストランにジャパンカップの舞台を選んでくれた。今年の牝馬限定仏G1・ジャンロマネ賞(芝2000メートル)を制し、前走の仏G1・オペラ賞(芝2000メートル)も2着に好走。実力は申し分ない。

    調教師G.ビエトリーニ

    本レースの成績

    初出走

    騎手C.デムーロ

    本レースの成績

    3年ぶり3回目の騎乗

    優勝:なし

    (0・0・0・2)

    7
    アルゼンチン共和国杯 1着
    レース
    パドック
    調教
    天皇賞(春) 10着
    レース
    パドック
    調教
    ダイヤモンドS 2着
    レース
    パドック
    調教

    2020年5月2日

    東京競馬場

    2:23.0

    L.ヒューイットソン

    56kg
    1着
    オルフェーヴル

    現役時代の成績 21戦12勝

    主な勝利

    2011年 皐月賞、日本ダービー、菊花賞、有馬記念。2012年 宝塚記念。2013年 有馬記念(以上、GⅠ)

    ロザリンド

    現役時代の主な勝利

    なし

    母の父シンボリクリスエス

    現役時代の成績 15戦8勝

    主な勝利

    2002年 天皇賞(秋)、有馬記念。2003年 天皇賞(秋)、有馬記念(以上、GⅠ)

    出走馬紹介

    祖母が同舞台の2005年オークスを制したシーザリオという良血馬。休み明けの前走・アルゼンチン共和国杯で2連覇を達成し充実ぶりが際立つ。左回りにこだわった参戦に勝負気配が漂う。

    調教師木村哲也(美浦)

    本レースの成績

    初出走

    騎手C.ルメール(栗東)

    本レースの成績

    7年連続17回目の騎乗

    優勝:3回

    (3・3・0・10)

    8
    神無月S 1着
    レース
    パドック
    羊蹄山S 10着
    レース
    パドック
    青梅特別 1着
    レース

    初出走

    スピルバーグ

    現役時代の成績 18戦6勝

    主な勝利

    2014年 天皇賞(秋)

    クラウンアスリート

    現役時代の主な勝利

    なし

    母の父アフリート

    現役時代の成績 15戦7勝

    主な勝利

    1987年 米・ジェロームH(G1)

    出走馬紹介

    3勝クラスの神無月S(東京・ダート1600メートル)を制したばかりの本馬が意欲の参戦。芝は10戦で未勝利となるが、来年2月で引退を迎える名伯楽・藤沢和雄調教師の夢を乗せて駆ける。

    調教師藤沢和雄(美浦)

    本レースの成績

    延べ21頭出走

    (1・1・5・14)

    騎手北村宏司(美浦)

    本レースの成績

    5年ぶり6回目の騎乗

    優勝:なし

    (0・0・1・4)

    9
    京都大賞典 2着
    レース
    パドック
    調教
    宝塚記念 9着
    レース
    パドック
    調教
    天皇賞(春) 4着
    レース
    パドック
    調教

    2021年10月10日

    阪神競馬場

    2:24.5

    M.デムーロ

    57kg
    2着
    エピファネイア

    現役時代の成績 14戦6勝

    主な勝利

    2013年 菊花賞。2014年 ジャパンカップ(以上、GⅠ)

    ブルーダイアモンド

    現役時代の主な勝利

    なし

    母の父ディープインパクト

    現役時代の成績 14戦12勝

    主な勝利

    2005年 皐月賞、日本ダービー、菊花賞。2006年 天皇賞(春)、宝塚記念、ジャパンカップ、有馬記念(以上、GⅠ)

    出走馬紹介

    コントレイルをクビ差まで追い詰めた昨年菊花賞(2着)。そのポテンシャルは誰もが認めるところ。前走・京都大賞典で2着に入り、漂う復調ムード。同期の引退レースで、ふがいないレースはできない。

    調教師音無秀孝(栗東)

    本レースの成績

    延べ9頭出走

    優勝:なし

    (0・1・0・8)

    騎手横山武史(美浦)

    本レースの成績

    初騎乗

    10
    アルゼンチン共和国杯 13着
    レース
    パドック
    調教
    京都大賞典 5着
    レース
    パドック
    関越S 7着
    レース
    パドック

    2021年10月10日

    阪神競馬場

    2:24.8

    松山弘平

    56kg
    5着
    ジャスタウェイ

    現役時代の成績 22戦6勝

    主な勝利

    2013年 天皇賞(秋)(GⅠ)。2014年 UAE・ドバイデューティフリー(G1)、安田記念(GⅠ)

    フェリス

    現役時代の主な勝利

    なし

    母の父ジャングルポケット

    現役時代の成績 13戦5勝

    主な勝利

    2001年 日本ダービー、ジャパンカップ(以上、GⅠ)

    出走馬紹介

    破竹の5連勝でチャレンジCを制したのが2019年。その後は12戦で勝利から見放されている。それでも前々走・京都大賞典は勝ち馬から0秒3差の5着と奮闘。ひるむことなく強敵たちに挑む。

    調教師杉山晴紀(栗東)

    本レースの成績

    延べ3頭出走

    (0・0・1・2)

    騎手三浦皇成(美浦)

    本レースの成績

    2年連続3回目の騎乗

    優勝:なし

    (0・0・0・2)

    11
    府中牝馬S 1着
    レース
    パドック
    調教
    関屋記念 7着
    レース
    パドック
    調教
    マーメイドS 3着
    レース
    パドック
    調教

    2019年5月19日

    東京競馬場

    2:23.3

    岩田康誠

    55kg
    6着
    ハーツクライ

    現役時代の成績 19戦5勝

    主な勝利

    2005年 有馬記念(GⅠ)。2006年 ア首・ドバイシーマクラシック(G1)

    ダイヤモンドディーバ

    現役時代の主な勝利

    2008年 米・キャッシュコールマイル(G2)

    母の父Dansili

    現役時代の成績 14戦5勝

    主な勝利

    2000年 仏・ミュゲ賞(G2)

    出走馬紹介

    前走・府中牝馬Sで待望の重賞初勝利を達成。絶望的と思われた位置から、上がり3ハロン33秒1(推定)と強烈に伸びた。ここは「府中の直線」にこだわり意欲の参戦となる。

    調教師斎藤誠(美浦)

    本レースの成績

    初出走

    騎手横山典弘(美浦)

    本レースの成績

    2年ぶり21回目の騎乗

    優勝:なし

    (0・1・1・18)

    12
    天皇賞(秋) 4着
    レース
    パドック
    調教
    毎日王冠 6着
    レース
    パドック
    調教
    鳴尾記念 6着
    レース
    パドック
    調教

    2020年6月13日

    東京競馬場

    2:33.1
    不良

    戸崎圭太

    55kg
    1着
    ジャングルポケット

    現役時代の成績 13戦5勝

    主な勝利

    2001年 日本ダービー、ジャパンカップ(以上、GⅠ)

    アドマイヤパンチ

    現役時代の主な勝利

    なし

    母の父ワイルドラッシュ

    現役時代の成績 16戦8勝

    主な勝利

    1998年 米・メトロポリタンH、米・カーターH(以上、G1)

    出走馬紹介

    3強ムードに沸いた前走の天皇賞(秋)で10番人気4着に奮闘。3着馬グランアレグリアから0秒3差と地力を見せつけた。2001年ジャパンカップを優勝した父ジャングルポケットの名を誇りに、堂々と戦う。

    調教師高橋義忠(栗東)

    本レースの成績

    初出走

    騎手鮫島克駿(栗東)

    本レースの成績

    初騎乗

    13
    天皇賞(秋) 13着
    レース
    パドック
    調教
    京都大賞典 13着
    レース
    パドック
    調教
    宝塚記念 8着
    レース
    パドック
    調教

    2019年11月23日

    京都競馬場

    2:26.4

    松山弘平

    54kg
    1着
    ディープブリランテ

    現役時代の成績 7戦3勝

    主な勝利

    2012年 日本ダービー(GⅠ)

    ハーランズルビー

    現役時代の主な勝利

    なし

    母の父Harlan's Holiday

    現役時代の成績 22戦9勝

    主な勝利

    2002年 米・フロリダダービー、米・ブルーグラスS。2003年 米・ドンH(以上、G1)

    出走馬紹介

    春の大阪杯は重馬場を味方に2着に好走。コントレイル(3着)、グランアレグリア(4着)といった強敵たちに先着した。陣営はいつでも雨希望。道悪になれば水を得た魚のように伸びてくる。

    調教師森田直行(栗東)

    本レースの成績

    初出走

    騎手池添謙一(栗東)

    本レースの成績

    4年ぶり6回目の騎乗

    優勝:1回

    (1・1・0・3)

    14
    秋華賞 13着
    レース
    パドック
    調教
    オークス 1着
    レース
    パドック
    調教
    フローラS 3着
    レース
    パドック
    調教

    2021年5月23日

    東京競馬場

    2:24.5

    M.デムーロ

    55kg
    1着
    ゴールドシップ

    現役時代の成績 28戦13勝

    主な勝利

    2012年 皐月賞、菊花賞、有馬記念。2013年 宝塚記念。2014年 宝塚記念。2015年 天皇賞(春)(以上、GⅠ)

    マイネテレジア

    現役時代の主な勝利

    なし

    母の父ロージズインメイ

    現役時代の成績 13戦8勝

    主な勝利

    2004年 米・ホイットニーH。2005年 ア首・ドバイワールドC(以上、G1)

    出走馬紹介

    今春、同舞台のオークスを鮮やかに差し切り勝ち。その後は脚元のアクシデントがあったが、どうにか前走・秋華賞(13着)に間に合わせた。2018年アーモンドアイ以来の3歳牝馬Vを目指す。

    調教師手塚貴久(美浦)

    本レースの成績

    初出走

    騎手M.デムーロ(栗東)

    本レースの成績

    7年連続15回目の騎乗

    優勝:1回

    (1・1・1・11)

    15
    京都大賞典 1着
    レース
    パドック
    調教
    天皇賞(春) 8着
    レース
    パドック
    調教
    ジャパンカップ 9着
    レース
    パドック
    調教

    2016年5月29日

    東京競馬場

    2:24.0

    川田将雅

    57kg
    1着
    ディープインパクト

    現役時代の成績 14戦12勝

    主な勝利

    2005年 皐月賞、日本ダービー、菊花賞。2006年 天皇賞(春)、宝塚記念、ジャパンカップ、有馬記念(以上、GⅠ)

    ウィキウィキ

    現役時代の主な勝利

    なし

    母の父フレンチデピュティ

    現役時代の成績 6戦4勝

    主な勝利

    1995年 米・ジェロームH(G2)

    出走馬紹介

    GⅠ馬として過去最長となる約5年1か月ぶりの勝利を挙げた前走・京都大賞典。同期ディーマジェスティやリオンディーズの産駒もデビューする中、懸命に戦う姿に見る者は心を打たれる。感動には続きがある。

    調教師友道康夫(栗東)

    本レースの成績

    延べ13頭出走

    (1・0・2・10)

    騎手藤岡康太(栗東)

    本レースの成績

    初騎乗

    16
    天皇賞(秋) 9着
    レース
    パドック
    調教
    札幌記念 6着
    レース
    パドック
    天皇賞(春) 7着
    レース
    パドック
    調教

    2020年11月29日

    東京競馬場

    2:25.0

    岩田康誠

    57kg
    12着
    キングカメハメハ

    現役時代の成績 8戦7勝

    主な勝利

    2004年 日本ダービー、NHKマイルC(以上、GⅠ)

    ムードインディゴ

    現役時代の主な勝利

    2009年 府中牝馬S(GⅢ)

    母の父ダンスインザダーク

    現役時代の成績 8戦5勝

    主な勝利

    1996年 菊花賞(GⅠ)

    出走馬紹介

    GⅡとGⅢで計3勝を挙げながら、GⅠは9戦で連対なし。高い壁に挑み続けているが、ジャパンカップは2019年に5着と見せ場を作ったレースだ。今年こそ、レースが終わった後は笑っていたい。

    調教師友道康夫(栗東)

    本レースの成績

    延べ13頭出走

    (1・0・2・10)

    騎手藤岡佑介(栗東)

    本レースの成績

    14年ぶり2回目の騎乗

    優勝:なし

    (0・0・0・1)

    17
    富士S 6着
    レース
    パドック
    調教
    大阪杯 12着
    レース
    パドック
    調教
    京都記念 5着
    レース
    パドック
    調教

    2018年5月27日

    東京競馬場

    2:23.6

    福永祐一

    57kg
    1着
    ディープインパクト

    現役時代の成績 14戦12勝

    主な勝利

    2005年 皐月賞、日本ダービー、菊花賞。2006年 天皇賞(春)、宝塚記念、ジャパンカップ、有馬記念(以上、GⅠ)

    ミスアンコール

    現役時代の主な勝利

    なし

    母の父キングカメハメハ

    現役時代の成績 8戦7勝

    主な勝利

    2004年 日本ダービー、NHKマイルC(以上、GⅠ)

    出走馬紹介

    世代の頂点に立ったのが2018年。その後はGⅠ勝利から遠ざかっているが、一昨年ジャパンカップは3着と適性の高さを証明した。ダービー馬4頭の競演に注目が集まる中、虎視耽々と復活を期す。

    調教師友道康夫(栗東)

    本レースの成績

    延べ13頭出走

    (1・0・2・10)

    騎手戸崎圭太(美浦)

    本レースの成績

    2年連続9回目の騎乗

    優勝:なし

    (0・0・0・8)

    18
    ブリーダーズカップターフ 4着
    レース
    ジョーハーシュターフクラシック 6着
    ソードダンサーS 2着

    2021年11月6日

    米・デルマー

    2:26.5

    R.ムーア

    57kg
    4着
    Galileo

    現役時代の成績 8戦6勝

    主な勝利

    2001年 英・英ダービー、愛・愛ダービー、英・キングジョージⅥ世&クイーンエリザベスS(以上、G1)

    Shastye

    現役時代の主な勝利

    なし

    母の父デインヒル

    現役時代の成績 9戦4勝

    主な勝利

    1989年 スプリントC(G1)

    出走馬紹介

    名実ともにジャパンカップにふさわしい欧州の強豪。前走の米G1・ブリーダーズCターフで4着に善戦し、2019年の仏G1・パリ大賞(1着)で2400メートルへの適性も申し分なし。今年の刺客は骨っぽい。

    調教師A.オブライエン

    本レースの成績

    延べ4頭出走

    (0・0・0・4)

    騎手武豊(栗東)

    本レースの成績

    3年連続27回目の騎乗

    優勝:4回

    (4・1・2・19)

    100%
    1馬名
    馬名

    (出走馬紹介:高木 翔平)

    • 注記:
      坂路コース及び2021年7月27日以降の美浦ウッドチップコースにおける調教タイムはJRA発表のデータ、その他は「競馬ブック」の提供によるデータとなります。
    • 注記:
      この出馬表は、11月25日(木曜)14時30分現在のものです。
    • 注記:
      出走取消・騎手変更等が生じる場合がありますので、最新の情報は、「競馬メニュー」の「今週の開催お知らせ」・「出馬表」でご確認ください。

    ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

    ページトップへ戻る
    表示モード: