今週の注目レース

天皇賞(秋)(GⅠ)

東京競馬場 2000メートル(芝)定量 3歳以上オープン

スペシャル出馬表のカスタマイズ

表示する馬(2頭以上)を選択してください すべて表示

    枠・馬番/馬名/調教師名/血統|性齢/毛色/負担重量/騎手名|過去3走成績(前走/前々走/3走前)
    1
    大阪杯 3着
    レース
    パドック
    調教
    ジャパンカップ 2着
    レース
    パドック
    調教
    菊花賞 1着
    レース
    パドック
    調教

    2020年4月19日

    中山競馬場

    2:00.7
    稍重

    福永祐一

    57kg
    1着
    ディープインパクト

    現役時代の成績 14戦12勝

    主な勝利

    2005年 皐月賞、日本ダービー、菊花賞。2006年 天皇賞(春)、宝塚記念、ジャパンカップ、有馬記念(以上、GⅠ)

    ロードクロサイト

    現役時代の主な勝利

    なし

    母の父Unbridled's Song

    現役時代の成績 12戦5勝

    主な勝利

    1995年 米・BCジュヴェナイル。1996年 米・フロリダダービー(以上、G1)

    出走馬紹介

    父ディープインパクト以来、史上3頭目となる無敗のクラシック三冠馬。前走の大阪杯は重馬場で3着に敗れたが、父譲りの瞬発力がフルに生きる東京コースで、現役最強を証明したい。

    調教師矢作芳人(栗東)

    本レースの成績

    延べ5頭出走

    優勝:なし

    (0・1・0・4)

    騎手福永祐一(栗東)

    本レースの成績

    6年連続19回目の騎乗

    優勝:1回

    (1・1・1・15)

    2
    毎日王冠 10着
    レース
    パドック
    調教
    宝塚記念 7着
    レース
    パドック
    調教
    安田記念 6着
    レース
    パドック
    調教

    2019年9月1日

    新潟競馬場

    1:57.8

    武藤雅

    57kg
    3着
    ディープインパクト

    現役時代の成績 14戦12勝

    主な勝利

    2005年 皐月賞、日本ダービー、菊花賞。2006年 天皇賞(春)、宝塚記念、ジャパンカップ、有馬記念(以上、GⅠ)

    フレンチリヴィエラ

    現役時代の主な勝利

    2002年 米・サラブレッドクラブオブアメリカS(G3)

    母の父French Deputy

    現役時代の成績 6戦4勝

    主な勝利

    1995年 米・ジェロームH(G2)

    出走馬紹介

    GⅠは10回出走して2020年大阪杯の4着が最高着順だが、2歳時から活躍を続けて重賞3勝をマーク。末脚勝負で安定感に欠けるものの、前崩れの展開になれば浮上の余地はありそうだ。

    調教師中竹和也(栗東)

    本レースの成績

    延べ5頭出走

    優勝:なし

    (0・0・1・4)

    騎手田辺裕信(美浦)

    本レースの成績

    2年連続8回目の騎乗

    優勝:なし

    (0・0・0・7)

    3
    京都大賞典 13着
    レース
    パドック
    調教
    宝塚記念 8着
    レース
    パドック
    調教
    大阪杯 2着
    レース
    パドック
    調教

    2021年4月4日

    阪神競馬場

    2:02.3

    池添謙一

    57kg
    2着
    ディープブリランテ

    現役時代の成績 7戦3勝

    主な勝利

    2012年 日本ダービー(GⅠ)

    ハーランズルビー

    現役時代の主な勝利

    なし

    母の父Harlan's Holiday

    現役時代の成績 22戦9勝

    主な勝利

    2002年 米・フロリダダービー、米・ブルーグラスS。2003年 米・ドンH(以上、G1)

    出走馬紹介

    2020年の日経新春杯を優勝。今秋初戦の京都大賞典は13着に大敗し、東京コースの時計勝負も未知数だが、GⅠでも好走歴(2020年宝塚記念3着、2021年大阪杯2着)があり、侮れない存在だ。

    調教師森田直行(栗東)

    本レースの成績

    初出走

    騎手池添謙一(栗東)

    本レースの成績

    2年連続11回目の騎乗

    優勝:なし

    (0・0・0・10)

    4
    毎日王冠 3着
    レース
    パドック
    調教
    新潟大賞典 2着
    レース
    パドック
    調教
    金鯱賞 3着
    レース
    パドック
    調教

    2020年8月15日

    小倉競馬場

    1:57.8

    川田将雅

    54kg
    1着
    ディープインパクト

    現役時代の成績 14戦12勝

    主な勝利

    2005年 皐月賞、日本ダービー、菊花賞。2006年 天皇賞(春)、宝塚記念、ジャパンカップ、有馬記念(以上、GⅠ)

    ジンジャーパンチ

    現役時代の主な勝利

    2007年 米・BCディスタフ、米・ラフィアンH、米・ゴーフォーワンドH。2008年 米・パーソナルエンスンS、米・ゴーフォーワンドH、米・オグデンフィップスH(以上、G1)

    母の父Awesome Again

    現役時代の成績 12戦9勝

    主な勝利

    1998年 米・BCクラシック、米・ホイットニーH(以上、G1)

    出走馬紹介

    キャリア11戦すべて3着以内の堅実派で、前走の毎日王冠はGⅠ馬2頭に次ぐ0秒2差の3着に好走。GⅠ初挑戦でも、1度使った上積みと1ハロン延長で、前回以上の走りが期待できそうだ。

    調教師友道康夫(栗東)

    本レースの成績

    延べ10頭出走

    優勝:なし

    (0・0・0・10)

    騎手川田将雅(栗東)

    本レースの成績

    6年連続12回目の騎乗

    優勝:なし

    (0・1・2・8)

    5
    日本ダービー 2着
    レース
    パドック
    調教
    皐月賞 1着
    レース
    パドック
    調教
    共同通信杯 1着
    レース
    パドック
    調教

    2021年4月18日

    中山競馬場

    2:00.6
    稍重

    横山武史

    57kg
    1着
    エピファネイア

    現役時代の成績 14戦6勝

    主な勝利

    2013年 菊花賞。2014年ジャパンカップ(以上、GⅠ)

    ケイティーズハート

    現役時代の主な勝利

    なし

    母の父ハーツクライ

    現役時代の成績 19戦5勝

    主な勝利

    2005年 有馬記念(GⅠ)。2006年 ア首・ドバイシーマクラシック(G1)

    出走馬紹介

    無傷の4連勝で皐月賞を制し、レースレコードの日本ダービーがハナ差の2着惜敗と、3歳牡馬の頂点に君臨する実力馬。今年の3歳世代はハイレベルで、年長馬をあっさり上回っても不思議はない。

    調教師鹿戸雄一(美浦)

    本レースの成績

    延べ1頭出走

    優勝:なし

    (0・1・0・0)

    騎手横山武史(美浦)

    本レースの成績

    初騎乗

    6
    新潟記念 2着
    レース
    パドック
    調教
    函館記念 1着
    レース
    パドック
    調教
    新潟大賞典 4着
    レース
    パドック
    調教

    2021年9月5日

    新潟競馬場

    1:58.5

    横山和生

    57.5kg
    2着
    ローエングリン

    現役時代の成績 48戦10勝

    主な勝利

    2003年 中山記念、マイラーズC。2005年 マイラーズC。2007年 中山記念(以上、GⅡ)

    トーセンガラシャ

    現役時代の主な勝利

    なし

    母の父デュランダル

    現役時代の成績 18戦8勝

    主な勝利

    2003年 スプリンターズS、マイルチャンピオンシップ。2004年 マイルチャンピオンシップ(以上、GⅠ)

    出走馬紹介

    今夏の函館記念を制し、新潟記念で2着に入り、サマー2000シリーズチャンピオンに輝いている。GⅡ以上の競走で7着、6着、5着だが、キャリアを重ねるごとに地力をつけており、軽視はできない。

    調教師小野次郎(美浦)

    本レースの成績

    初出走

    騎手横山和生(美浦)

    本レースの成績

    初騎乗

    7
    天皇賞(春) 1着
    レース
    パドック
    調教
    日経賞 3着
    レース
    パドック
    調教
    有馬記念 5着
    レース
    パドック
    調教

    2018年11月24日

    京都競馬場

    2:02.2

    武豊

    55kg
    3着
    ディープインパクト

    現役時代の成績 14戦12勝

    主な勝利

    2005年 皐月賞、日本ダービー、菊花賞。2006年 天皇賞(春)、宝塚記念、ジャパンカップ、有馬記念(以上、GⅠ)

    マンデラ

    現役時代の主な勝利

    なし

    母の父Acatenango

    現役時代の成績 24戦16勝

    主な勝利

    1985年 独ダービー、独・アラルポカル。1986年 仏・サンクルー大賞、独・バーデン大賞、独・ベルリン大賞、独・アラルポカル。1987年 独・バーデン大賞(以上、G1)

    出走馬紹介

    前走の天皇賞(春)をコースレコードで快勝し、2019年菊花賞に続くGⅠ2勝目をマーク。一気の距離短縮はカギになるが、2017年キタサンブラック以来、史上7頭目の天皇賞春秋制覇を狙う。

    調教師友道康夫(栗東)

    本レースの成績

    延べ10頭出走

    優勝:なし

    (0・0・0・10)

    騎手岩田康誠(栗東)

    本レースの成績

    3年連続14回目の騎乗

    優勝:なし

    (0・1・1・11)

    8
    毎日王冠 6着
    レース
    パドック
    調教
    鳴尾記念 6着
    レース
    パドック
    調教
    新潟大賞典 1着
    レース
    パドック
    調教

    2021年1月30日

    東京競馬場

    1:59.1

    横山武史

    56kg
    2着
    ジャングルポケット

    現役時代の成績 13戦5勝

    主な勝利

    2001年 日本ダービー、ジャパンカップ(以上、GⅠ)

    アドマイヤパンチ

    現役時代の主な勝利

    なし

    母の父ワイルドラッシュ

    現役時代の成績 16戦8勝

    主な勝利

    1998年 米・メトロポリタンH、米・カーターH(以上、G1)

    出走馬紹介

    今春の新潟大賞典を優勝。前走の毎日王冠は、後方から0秒4差の6着に追い上げてレース内容は悪くない。全5勝中4勝を挙げる2000メートルでパフォーマンスの向上が期待できる。

    調教師高橋義忠(栗東)

    本レースの成績

    初出走

    騎手鮫島克駿(栗東)

    本レースの成績

    初騎乗

    9
    安田記念 2着
    レース
    パドック
    調教
    ヴィクトリアマイル 1着
    レース
    パドック
    調教
    大阪杯 4着
    レース
    パドック
    調教

    2021年4月4日

    阪神競馬場

    2:02.5

    C.ルメール

    55kg
    4着
    ディープインパクト

    現役時代の成績 14戦12勝

    主な勝利

    2005年 皐月賞、日本ダービー、菊花賞。2006年 天皇賞(春)、宝塚記念、ジャパンカップ、有馬記念(以上、GⅠ)

    タピッツフライ

    現役時代の主な勝利

    2012年 米・ジャストアゲームS、米・ファーストレディS(以上、G1)

    母の父Tapit

    現役時代の成績 6戦3勝

    主な勝利

    2004年 米・ウッドメモリアルS(G1)

    出走馬紹介

    アーモンドアイを一蹴した2020年安田記念など、これまでGⅠ5勝を挙げる歴史的な名牝。今春の大阪杯は馬場に泣いて4着に終わったが、スプリント、マイル、2000メートルの3階級GⅠ制覇に挑む。

    調教師藤沢和雄(美浦)

    本レースの成績

    延べ29頭出走

    優勝:6回

    (6・4・2・17)

    騎手C.ルメール(栗東)

    本レースの成績

    8年連続12回目の騎乗

    優勝:3回

    (3・1・1・6)

    10
    毎日王冠 5着
    レース
    パドック
    朱鷺S 1着
    レース
    パドック
    京王杯スプリングC 3着
    レース
    パドック
    調教

    初出走

    ロードカナロア

    現役時代の成績 19戦13勝

    主な勝利

    2012年 スプリンターズS(GⅠ)、香・香港スプリント(G1)。2013年 高松宮記念、安田記念、スプリンターズS(以上、GⅠ)、香・香港スプリント(G1)

    ストライクルート

    現役時代の主な勝利

    なし

    母の父Smart Strike

    現役時代の成績 8戦6勝

    主な勝利

    1996年 米・フィリップHアイズリンH(G1)

    出走馬紹介

    ブリンカー着用後はグンと安定感が増し、距離延長の毎日王冠で0秒3差の5着に健闘。相手強化の一戦で初の2000メートルと条件は厳しいが、目下の充実ぶりを生かして上位進出を目指す。

    調教師北出成人(栗東)

    本レースの成績

    初出走

    騎手横山典弘(美浦)

    本レースの成績

    2年ぶり28回目の騎乗

    優勝:1回

    (1・4・3・19)

    11
    京都大賞典 11着
    レース
    パドック
    目黒記念 11着
    レース
    パドック
    調教
    新潟大賞典 7着
    レース
    パドック
    調教

    2021年5月9日

    新潟競馬場

    1:59.7

    酒井学

    57kg
    7着
    ルーラーシップ

    現役時代の成績 20戦8勝

    主な勝利

    2012年 香・クイーンエリザベスⅡ世C(G1)

    ピサノグラフ

    現役時代の主な勝利

    なし

    母の父サンデーサイレンス

    現役時代の成績 14戦9勝

    主な勝利

    1989年 米・ケンタッキーダービー、米・プリークネスS、米・BCクラシック、米・スーパーダービー、米・サンタアニタダービー。1990年 カリフォルニアンS(以上、G1)

    出走馬紹介

    7歳を迎えた今年は5戦すべて着外。芝での5勝は2400メートル以上で挙げているように、時計勝負の2000メートルも厳しい印象だが、2019年アルゼンチン共和国杯を制するなど東京コースへの適性は高い。

    調教師角田晃一(栗東)

    本レースの成績

    初出走

    騎手柴田善臣(美浦)

    本レースの成績

    7年ぶり23回目の騎乗

    優勝:2回

    (2・0・1・19)

    12
    毎日王冠 13着
    レース
    パドック
    調教
    日経賞 8着
    レース
    パドック
    調教
    アメリカジョッキークラブC 3着
    レース
    パドック
    調教

    2019年4月14日

    中山競馬場

    1:59.0

    A.シュタルケ

    57kg
    7着
    ノヴェリスト

    現役時代の成績 11戦9勝

    主な勝利

    2012年 伊・ジョッキークラブ大賞。2013年 英・キングジョージⅥ世&クイーンエリザベスS、仏・サンクルー大賞、独・バーデン大賞(以上、G1)

    マルセリーナ

    現役時代の主な勝利

    2011年 桜花賞(GⅠ)

    母の父ディープインパクト

    現役時代の成績 14戦12勝

    主な勝利

    2005年 皐月賞、日本ダービー、菊花賞。2006年 天皇賞(春)、宝塚記念、ジャパンカップ、有馬記念(以上、GⅠ)

    出走馬紹介

    前哨戦の毎日王冠で大敗を喫したが、3歳時の京成杯で重賞制覇を飾り、4歳以降もGⅡで2着1回、3着2回の実績から、力負けではないだろう。休み明けを1度使った上積みに期待したい。

    調教師戸田博文(美浦)

    本レースの成績

    延べ5頭出走

    優勝:なし

    (0・1・0・4)

    騎手三浦皇成(美浦)

    本レースの成績

    6年ぶり6回目の騎乗

    優勝:なし

    (0・0・0・5)

    13
    札幌記念 3着
    レース
    パドック
    調教
    鳴尾記念 4着
    レース
    パドック
    調教
    大阪杯 10着
    レース
    パドック
    調教

    2017年4月16日

    中山競馬場

    1:57.8

    M.デムーロ

    57kg
    2着
    ハービンジャー

    現役時代の成績 9戦6勝

    主な勝利

    2010年 英・キングジョージⅥ世&クイーンエリザベスS(G1)

    オリエントチャーム

    現役時代の主な勝利

    なし

    母の父サンデーサイレンス

    現役時代の成績 14戦9勝

    主な勝利

    1989年 米・ケンタッキーダービー、米・プリークネスS、米・BCクラシック、米・スーパーダービー、米・サンタアニタダービー。1990年 カリフォルニアンS(以上、G1)

    出走馬紹介

    2017年マイルCSでGⅠ制覇を達成。4歳以降は未勝利で、年齢を重ねるごとに成績も低迷気味だったが、前走の札幌記念3着で古豪健在をアピール。これまで培った豊富な経験が強み。

    調教師池江泰寿(栗東)

    本レースの成績

    延べ18頭出走

    優勝:2回

    (2・0・0・16)

    騎手大野拓弥(美浦)

    本レースの成績

    3年ぶり3回目の騎乗

    優勝:なし

    (0・0・0・2)

    14
    宝塚記念 4着
    レース
    パドック
    調教
    天皇賞(春) 3着
    レース
    パドック
    調教
    日経賞 2着
    レース
    パドック
    調教

    2019年9月7日

    中山競馬場

    1:58.4

    津村明秀

    54kg
    3着
    ディープインパクト

    現役時代の成績 14戦12勝

    主な勝利

    2005年 皐月賞、日本ダービー、菊花賞。2006年 天皇賞(春)、宝塚記念、ジャパンカップ、有馬記念(以上、GⅠ)

    ソラリア

    現役時代の主な勝利

    2013年 智・1000ギニー、智・アルトゥロリオンペニャ賞。2014年 智・エルダービー(以上、G1)

    母の父Scat Daddy

    現役時代の成績 9戦5勝

    主な勝利

    2006年 米・シャンペンS。2007年 米・フロリダダービー(以上、G1)

    出走馬紹介

    重賞タイトルこそないが、GⅠで3度の2着がある「最強の2勝馬」。展開に左右されない自在性を兼ね備え、馬場状態にも注文がつかず、掲示板を外さない抜群の安定感を誇っている。

    調教師国枝栄(美浦)

    本レースの成績

    延べ4頭出走

    優勝:2回

    (2・0・0・2)

    騎手戸崎圭太(美浦)

    本レースの成績

    3年連続8回目の騎乗

    優勝:なし

    (0・2・1・4)

    15
    中山記念 1着
    レース
    パドック
    調教
    中山金杯 1着
    レース
    パドック
    調教
    ウェルカムS 1着
    レース
    パドック

    2020年11月29日

    東京競馬場

    2:00.7

    松山弘平

    55kg
    1着
    ハーツクライ

    現役時代の成績 19戦5勝

    主な勝利

    2005年 有馬記念(GⅠ)。2006年 ア首・ドバイシーマクラシック(G1)

    ラリズ

    現役時代の主な勝利

    2010年 亜・オクレンシア賞、亜・コンデッサ賞(以上、G3)

    母の父Bernstein

    現役時代の成績 8戦4勝

    主な勝利

    1999年 愛・レイルウェイS。2000年 愛・コンコルドS(以上、G3)

    出走馬紹介

    GⅠ初挑戦になるが、2勝クラスから破竹の4連勝を飾り、中山金杯、中山記念を制して本格化ムード。約8か月の休み明けでも、帰厩後は入念に乗り込んでおり、力は出せる態勢は整った。

    調教師堀宣行(美浦)

    本レースの成績

    延べ13頭出走

    優勝:1回

    (1・2・0・10)

    騎手松山弘平(栗東)

    本レースの成績

    初騎乗

    16
    札幌記念 6着
    レース
    パドック
    天皇賞(春) 7着
    レース
    パドック
    調教
    阪神大賞典 2着
    レース
    パドック
    調教

    2019年10月27日

    東京競馬場

    1:56.8

    岩田康誠

    58kg
    4着
    キングカメハメハ

    現役時代の成績 8戦7勝

    主な勝利

    2004年 日本ダービー、NHKマイルC(以上、GⅠ)

    ムードインディゴ

    現役時代の主な勝利

    2009年 府中牝馬S(GⅢ)

    母の父ダンスインザダーク

    現役時代の成績 8戦5勝

    主な勝利

    1996年 菊花賞(GⅠ)

    出走馬紹介

    重賞3勝を挙げ、GⅠでの好走歴もあるが、なかでも2019年の天皇賞(秋)は、メンバー最速の推定上がり3ハロンタイムで2着馬とクビ+クビ差の4着に追い上げている。展開が噛み合えば、善戦以上も可能だろう。

    調教師友道康夫(栗東)

    本レースの成績

    延べ10頭出走

    優勝:なし

    (0・0・0・10)

    騎手藤岡佑介(栗東)

    本レースの成績

    2年ぶり5回目の騎乗

    優勝:なし

    (0・0・0・4)

    100%
    1馬名
    馬名

    (出走馬紹介:京増 真臣)

    • 注記:
      坂路コース及び2021年7月27日以降の美浦ウッドチップコースにおける調教タイムはJRA発表のデータ、その他は「競馬ブック」の提供によるデータとなります。
    • 注記:
      この出馬表は、10月28日(木曜)14時30分現在のものです。
    • 注記:
      出走取消・騎手変更等が生じる場合がありますので、最新の情報は、「競馬メニュー」の「今週の開催お知らせ」・「出馬表」でご確認ください。

    ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

    ページトップへ戻る
    表示モード: