今週の注目レース

天皇賞(秋)(GⅠ)

東京競馬場 2000メートル(芝)定量 3歳以上オープン

出走馬情報

グランアレグリア

牝5歳

調教師:藤沢和雄(美浦)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:タピッツフライ
  • 母の父:Tapit
ここに注目!

輝かしいGⅠ5勝の実績。前走の安田記念は2着に敗れたが、勝ち馬ダノンキングリーとのタイム差はなしと、勝ちに等しい内容だった。2000メートルに挑戦した春の大阪杯(4着)は不得手な重馬場。中距離でもその強さを証明したい。

単勝オッズ1.5倍の1番人気に支持された前走の安田記念。スタートを決めたが、行き脚がつかずに後方から。直線は前が壁になりながらも内へ切り込んで脚を伸ばした。1度は先頭を捕らえたものの、最後はダノンキングリーに差されて2着。騎乗したC.ルメール騎手は「前走(ヴィクトリアマイル1着)とはまるで手応えが違いました。道中は苦しそうに走っていたし、直線の反応もいつもより遅かったです」と肩を落とした。初めて経験した中2週での調整で、いつもの状態になかった印象だ。2000メートルは4月の大阪杯で4着に敗れたが、当時は重馬場に加えて、阪神の内回りでコーナー通過4回のコース形態。良馬場の東京コースなら、末脚が爆発しそうだ。馬名の意味は「大歓声(スペイン語)」。

エフフォーリア

牡3歳

調教師:鹿戸雄一(美浦)

  • 父:エピファネイア
  • 母:ケイティーズハート
  • 母の父:ハーツクライ
ここに注目!

メイクデビュー札幌(芝2000メートル)から皐月賞まで無傷の4連勝。前走の日本ダービー(2着)は内から伸びたシャフリヤールに意表を突かれたが、タイム差なしなら評価を下げる必要はない。現3歳世代の代表として堂々と戦う。

単勝オッズ1.7倍の1番人気だった前走の日本ダービー。各コーナーをタイトに回り、満を持して迎えた直線で鋭く抜け出したが、抜群に切れたシャフリヤールにハナ差だけ差された。管理する鹿戸雄一調教師も「馬の雰囲気はすごく良かったです。レースもうまく流れに乗って、直線もスムーズに前が空きました。最後もバテてはいないのですが、切れ負けしました」と天を仰いだ。距離適性を考慮して菊花賞は見送り、走り慣れた東京コースで他世代撃破にターゲットを絞った。この中間で馬体はさらにパワーアップ。2002年シンボリクリスエス以来となる3歳馬の天皇賞(秋)制覇へ、視界は良好だ。馬名の意味は「強い幸福感(ギリシャ語)。母名より連想」。

コントレイル

牡4歳

調教師:矢作芳人(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:ロードクロサイト
  • 母の父:Unbridled's Song
ここに注目!

クラシック三冠無敗制覇を達成した昨年の偉業は記憶に新しいところ。近2戦の敗戦も、アーモンドアイに敗れたジャパンカップ(2着)、重馬場に苦しんだ大阪杯(3着)と敗因はある。ファンが待ち望む復活Vなるか、注目だ。

単勝オッズ1.8倍の1番人気だった前走の大阪杯。締まったペースのなか中団後方を追走し、勝負どころでポジションを押し上げて勝負に出たが、3着までが限界だった。それでも、ここで再戦するグランアレグリア(4着)をかわしたのは能力の高さの証明。騎乗した福永祐一騎手は「動いて行かなければいけない立場でもあったので。重馬場で最後は苦しくなりました」と、降り注ぐ雨を恨んだ。三冠馬の天皇賞(秋)制覇は、1965年のシンザン、1984年のミスターシービーが達成している。本馬は東京コースで3戦2勝、2着1回。1度の敗戦もアーモンドアイの2着だった昨年のジャパンカップなら評価は下がらない。3歳春に世代の頂点に立った舞台で、輝きを取り戻す。馬名の意味は「飛行機雲」。

ワールドプレミア

牡5歳

調教師:友道康夫(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:マンデラ
  • 母の父:Acatenango
ここに注目!

2019年菊花賞、2021年天皇賞(春)を制した現役屈指のステイヤーが、中距離の勲章も狙ってきた。ここは2019年3月の若葉S(リステッド。阪神、2着)以来の2000メートル戦。前走から1200メートルの短縮は鍵になるが、素質の高さでクリアできそうだ。

前走の天皇賞(春)は厳しい消耗戦に。レースの前半1000メートル通過タイムが59秒8という締まった展開でも、2周目4コーナー付近から上位人気馬の鞍上が一斉にゴーサイン。その中で、馬体を寄せてプレッシャーをかけるディープボンド(2着)をしぶとく振り切った。現在の阪神・芝コースでの天皇賞(春)は初めてだったが、3分14秒7のタイムはコースレコード。友道康夫調教師は「日経賞(3着)の内容が良かったから、楽しみのほうが大きかったですね。なかなか体がパンとしてこなかったけど、ここに来て調教が存分にできるようになりました」と、馬の成長を伝えた。スタミナ比べの様相になれば、ここでも有力候補となるだろう。馬名の意味は「世界規模での上映会を目指して」。

カレンブーケドール

牝5歳

調教師:国枝栄(美浦)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:ソラリア
  • 母の父:Scat Daddy
ここに注目!

GⅠ、GⅡでの2着が3回ずつ。最強の重賞未勝利馬が念願のタイトルを目指す。今年に入っても日経賞2着、天皇賞(春)3着、宝塚記念4着と、強敵相手に実力を証明。豪華メンバーが集うここでも侮ることはできない。

前走の宝塚記念は4着。外寄りの7枠10番だったが、いつも通り好位からしぶとく脚を伸ばした。勝ったクロノジェネシスには離されたが、3着レイパパレには0秒3差と、さすがの安定感を示した形だ。騎乗した戸崎圭太騎手は「レースのペースが落ち着いたなかでも、リズムよく運べました。4コーナーでもう少し我慢したかったですが、外から(他馬が)踏んできたので。もう少し内枠が欲しかったです」と振り返った。国枝栄調教師と戸崎圭太騎手のコンビは、先日の秋華賞をアカイトリノムスメで優勝。国枝師は一昨年、昨年のアーモンドアイに続く天皇賞(秋)3連覇もかかっている。今度こそ重賞初勝利なるか、楽しみだ。馬名の意味は「冠名+黄金の花束(仏)。勝利の大輪を咲かせてほしい」。

ヒシイグアス

牡5歳

調教師:堀宣行(美浦)

  • 父:ハーツクライ
  • 母:ラリズ
  • 母の父:Bernstein
ここに注目!

前々走の中山金杯と前走の中山記念制覇を含む4連勝中。秘めるポテンシャルは本物だ。ここは約8か月の休み明けとなるが、過去の長期休養明け初戦で結果を出しているのは心強い。GⅠ初挑戦でも、強敵相手に食らいつく走りを期待したい。

前走の中山記念は、やや速めの展開を4番手で運び、最後は内を伸びたケイデンスコール(2着)を抑え切った。勝ち時計の1分44秒9は、2004年中山記念でサクラプレジデントが記録したコースレコードと同タイムだった。騎乗した松山弘平騎手は「前が結構飛ばしているなかでも、開幕週を意識してしっかりいいポジションを取ろうと思っていました。道中はいいリズムで走れましたし、直線もいい手応えでした」と称賛した。一戦ごとの疲れが大きく出るタイプで、4連勝中もしっかり間隔を空けながら戦ってきた。前走後も無理はせず、大阪杯や札幌記念はパス。休み明けでも結果を出している馬だが、直前の気配はしっかりチェックしたい。馬名の意味は「冠名+アルゼンチンにある最大の滝」。

トーセンスーリヤ

牡6歳

調教師:小野次郎(美浦)

  • 父:ローエングリン
  • 母:トーセンガラシャ
  • 母の父:デュランダル
ここに注目!

前々走の函館記念(1着)、前走の新潟記念(2着)と2000メートルの重賞で連続好走。6歳秋にしてその充実ぶりが際立つ。東京コースは3歳時に2戦2敗だが、当時とは全く馬が違う。夏で得た自信を胸に強敵撃破に挑む。

夏の王者としてワンステージ上の敵と戦う。函館記念Vから臨んだ前走の新潟記念では、それまでの先行策から一転して差す競馬を披露。中団から鋭く伸びて2着に入り、サマー2000シリーズの王者に輝いた。騎乗した横山和生騎手は「こういう競馬もしてみたかったです。トップハンデでも頑張ってくれました」と称えた。関東馬だけに意外だが、東京コースへの出走は10着だった2018年の500万下(現1勝クラス、芝1600メートル)以来。それでも同騎手は「左回りは問題ないですし、坂のある直線も嫌なイメージはないです」と意に介さない。GⅢでしっかりと自信を積み上げ、いざ大舞台へ。その充実ぶりからも、期待は大きい。馬名の意味は「冠名+インド神話の太陽神」。

ペルシアンナイト

牡7歳

調教師:池江泰寿(栗東)

  • 父:ハービンジャー
  • 母:オリエントチャーム
  • 母の父:サンデーサイレンス
ここに注目!

最後の勝利は2017年マイルチャンピオンシップだが、前走の札幌記念では8番人気ながらソダシ、ラヴズオンリーユーに続く価値ある3着を手にした。7歳秋を迎えても衰えはなし。能力確かな古豪の劇的復活があるかもしれない。

8番人気で3着に好走した前走の札幌記念。強気のレースメイクをする勝ち馬ソダシを見る位置でリズム良く追走した。最後は0秒1差の3着。騎乗した横山武史騎手は「初めて乗りましたが、やりたいレースはできました。道中はソダシをマークして運びましたが、最後は同じ脚になりました。まだ緩い面があったので、次回はもっと走れると思います」と振り返った。2017年マイルチャンピオンシップ以来の勝利となれば、グレード制を導入した1984年以降で最長間隔のJRA・GⅠ制覇となる。昨年は札幌記念(2着)からマイル路線に向かったが、今年は2000メートルへ挑戦。勝利から遠ざかってはいるが、GⅠ馬の輝きは色あせていない。馬名の意味は「ペルシャの騎士」。

(高木 翔平)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: