今週の注目レース

朝日杯セントライト記念(GⅡ)

中山競馬場 2200メートル(芝・外)馬齢 3歳オープン

データ分析

クラシック最終戦へのトライアルレース

セントライト記念は、クラシック三冠の最終戦・菊花賞のトライアルレースとなる。最後の一冠に向けて弾みをつけるのは春の実績馬か、それとも夏の上がり馬か。過去10年の結果からレース傾向に迫って行こう。

近年は下位人気馬の好走が少ない

過去10年の単勝人気別の成績では、1番人気が3着内率80.0%と安定感が高い。また、優勝馬10頭は全て6番人気以内で、7番人気以下の馬は5頭が3着以内に入っているものの、2016年以降の過去5年に限れば3着以内に入ったのは2019年2着のサトノルークス(8番人気)だけだ。近年は下位人気馬の好走が極端に少なくなっている。〔表1〕

〔表1〕単勝人気別成績(過去10年)
単勝人気 成績 勝率 連対率 3着内率
1番人気 4-3-1-2 40.0% 70.0% 80.0%
2番人気 1-2-1-6 10.0% 30.0% 40.0%
3番人気 1-1-3-5 10.0% 20.0% 50.0%
4番人気 2-0-1-7 20.0% 20.0% 30.0%
5番人気 0-1-0-9 0% 10.0% 10.0%
6番人気 2-0-2-6 20.0% 20.0% 40.0%
7〜10番人気 0-2-2-36 0% 5.0% 10.0%
11番人気以下 0-1-0-53 0% 1.9% 1.9%

前走の4コーナーの通過順に注目

新潟競馬場で行われた2014年を除いた、中山開催過去9回分の出走馬について、前走の4コーナーの通過順別に成績をまとめると、5勝を挙げるなど3着以内に12頭が入っている「7番手以下」組の好走率が最も高くなっている。ちなみに、「1、2番手」組は6頭連対しているが、この6頭はいずれも重賞勝ちの実績を有していた。重賞勝ちの実績がなく、前走の4コーナーを2番手以内で通過していた馬が好走する可能性は低そうだ。〔表2〕

〔表2〕前走の4コーナーの通過順別成績(中山競馬場で行われた過去9回)
前走の4コーナーの通過順 成績 勝率 連対率 3着内率
1、2番手 4-2-0-36 9.5% 14.3% 14.3%
3〜6番手 0-4-5-34 0% 9.3% 20.9%
7番手以下 5-3-4-35 10.6% 17.0% 25.5%
前走が地方競馬のレース 0-0-0-4 0% 0% 0%

中山・芝コースで好走歴のある馬が優勢

同じく中山開催過去9回分の出走馬について、中山・芝コースでの最高着順別成績を調べると、最高着順が1着だった馬が3着内率31.0%、2着だった馬が同30.0%と、3着以下だった馬や、中山・芝コースに出走経験のなかった馬よりも上位の数値をマークしている。中山の芝コースで連対経験がある馬を高く評価すべきだろう。〔表3〕

〔表3〕中山・芝コースのレースでの最高着順別成績(中山競馬場で行われた過去9回)
最高着順 成績 勝率 連対率 3着内率
1着 5-4-4-29 11.9% 21.4% 31.0%
2着 0-0-3-7 0% 0% 30.0%
3着 1-0-0-13 7.1% 7.1% 7.1%
4着以下 2-2-1-22 7.4% 14.8% 18.5%
中山・芝コース不出走 1-3-1-38 2.3% 9.3% 11.6%
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

近走で連勝したことのある馬が7年連続優勝中

2014年以降の優勝馬7頭は、いずれも過去4走以内に連勝経験があった。今年も近走で連勝している馬に注目したい。〔表4〕

(河野 道夫)

〔表4〕優勝馬の過去4走の着順(過去7年)
年度 優勝馬 4走前 3走前 前々走 前走
2014年 イスラボニータ 1着 1着 1着 2着
2015年 キタサンブラック 1着 1着 3着 14着
2016年 ディーマジェスティ 1着 1着 1着 3着
2017年 ミッキースワロー 1着 1着 5着 3着
2018年 ジェネラーレウーノ 1着 1着 3着 16着
2019年 リオンリオン 3着 1着 1着 15着
2020年 バビット 2着 1着 1着 1着

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: