今週の注目レース

京成杯オータムハンデキャップ(GⅢ)

中山競馬場 1600メートル(芝・外)ハンデ 3歳以上オープン

データ分析

タイトル争いにも注目したい名物ハンデキャップ競走

昨年の京成杯オータムハンデキャップは、同年のサマーマイルシリーズ第3戦(関屋記念)終了時点で首位となる11ポイントを獲得していたメイケイダイハードや、8ポイントを獲得していたスマイルカナ、6ポイントを獲得していたトロワゼトワルなどが出走した。レースはゴール前で大接戦となり、逃げ粘ったスマイルカナをトロワゼトワルがハナ差かわして勝利。シリーズチャンピオン争いでもトロワゼトワルが逆転優勝を果たした。タイトル争いも注目のシリーズ最終戦を展望すべく、今回は新潟・外回り芝1600メートルで行われた2014年を含む過去10年のレース結果から、好走馬に共通するポイントを分析してみよう。

実績馬と前走好走馬が中心

過去10年の3着以内馬延べ30頭中18頭は、“JRAの出走頭数が16頭以上、かつ1400メートル超のGⅠ・GⅡ”において4着以内となった経験のある馬だった。該当馬は3着内率も34.0%と優秀な水準に達している。今回より格が高く、1400メートルより長い距離、かつ16頭以上のレースで好走したことのある馬は、高く評価した方がよさそうだ。〔表1〕

〔表1〕“JRAの出走頭数が16頭以上、かつ1400メートル超のGⅠ・GⅡ”において4着以内となった経験の有無別成績(過去10年)
経験の有無 着度数 勝率 連対率 3着内率
あり 6-7-5-35 11.3% 24.5% 34.0%
なし 4-3-5-87 4.0% 7.1% 12.1%

なお、“JRAの出走頭数が16頭以上、かつ1400メートル超のGⅠ・GⅡ”において4着以内となった経験がなかった馬のうち、前走の着順が4着以下だった馬は3着内率5.8%と苦戦している。前記の条件をクリアしていないうえ、直近のレースで4着以下に敗れていた馬は、思い切って評価を下げたい。〔表2〕

〔表2〕“JRAの出走頭数が16頭以上、かつ1400メートル超のGⅠ・GⅡ”において4着以内となった経験がなかった馬の、前走の着順別成績(過去10年)
前走の着順 着度数 勝率 連対率 3着内率
3着以内 3-1-4-22 10.0% 13.3% 26.7%
4着以下 1-2-1-65 1.4% 4.3% 5.8%

前走の単勝人気に注目

過去10年の3着以内馬延べ30頭中17頭は、前走の単勝人気が5番人気以内だった。一方、6番人気以下だった馬は3着内率13.4%とやや苦戦しており、2017年以降の過去4年に限ると〔1・2・1・38〕(3着内率9.5%)とより苦戦している。直近のレース内容を比較する際は、当時の単勝人気もチェックしておくべきだろう。〔表3〕

〔表3〕前走の単勝人気別成績(過去10年)
前走の単勝人気 着度数 勝率 連対率 3着内率
5番人気以内 7-3-7-38 12.7% 18.2% 30.9%
6番人気以下 3-7-3-84 3.1% 10.3% 13.4%

近年は関東馬が不振

過去4年の3着以内馬延べ12頭中9頭は栗東所属だった。一方、美浦所属だった馬は3着内率9.4%と苦戦している。2016年以前は美浦所属の“関東馬”の好走も少なくなかったが、近年は栗東所属の“関西馬”が優勢だ。〔表4〕

〔表4〕所属別成績(過去4年)
所属 着度数 勝率 連対率 3着内率
美浦 2-1-0-29 6.3% 9.4% 9.4%
栗東 2-3-4-21 6.7% 16.7% 30.0%

サマーマイルシリーズ転戦馬が強い

過去4年の3着以内馬延べ12頭中8頭は、“同年のサマーマイルシリーズ対象レース(中京記念、関屋記念、2020年の米子S)”において6着以内となった経験のある馬だった。該当馬は3着内率も40.0%と優秀な水準に達している。近年の傾向を重視するならば、今年も米子S、中京記念、関屋記念の上位馬に注目したい。〔表5〕

〔表5〕“同年のサマーマイルシリーズ対象レース(中京記念、関屋記念、2020年の米子S)”において6着以内となった経験の有無別成績(過去4年)
経験の有無 着度数 勝率 連対率 3着内率
あり 2-3-3-12 10.0% 25.0% 40.0%
なし 2-1-1-38 4.8% 7.1% 9.5%
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

前走の着順と年齢がポイント

過去4年の優勝馬延べ4頭は、いずれも前走の着順が2着以内だった。大敗直後の馬は勝つ可能性が低いとみるべきだろう。また、この4頭は年齢が5歳以下だった点も共通している。なお、第1回が行われた1956年までさかのぼっても、6歳以上で優勝を果たしたのは、1996年のクラウンシチー(6歳)、2003年のブレイクタイム(6歳)、2015年のフラアンジェリコ(7歳)だけである。6歳以上の馬は割り引きが必要だ。〔表6〕

(伊吹 雅也)

〔表6〕優勝馬の、前走の着順、年齢(過去4年)
年次 優勝馬 前走の着順 年齢
2017年 グランシルク 2着 5歳
2018年 ミッキーグローリー 1着 5歳
2019年 トロワゼトワル 1着 4歳
2020年 トロワゼトワル 2着 5歳

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: