今週の注目レース

紫苑ステークス(GⅢ)

中山競馬場 2000メートル(芝)馬齢 (牝) 3歳オープン

出走馬情報

エクランドール

牝3歳

調教師:手塚貴久(美浦)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:リュヌドール
  • 母の父:Green Tune
ここに注目!

全兄に天皇賞(春)を連覇したフィエールマンがいる良血馬。本馬は、メイクデビュー東京(芝1800メートル)と1勝クラス(東京・芝2000メートル)を連勝。兄同様、3歳秋から一気に名を売りそうなムードだ。

単勝オッズ1.6倍の1番人気に推された前走の1勝クラスは、好位からスッと抜け出す先行策。スピード感十分にゴール板を駆け抜け、ホープフルS6着の実績がある牡馬テンカハル(2着)を下した。前走時の馬体重が422キログラムと小柄で、いかにもディープインパクト産駒の牝馬といった切れのある走りが特徴だ。春のクラシックには間に合わなかったが、管理する手塚貴久調教師は「春よりも体がずいぶん大きくなりました。体質の弱さも解消できています」と、無理をさせなかった効果を実感している。同厩舎で管理された全兄フィエールマンも春のクラシックをパスし、ラスト一冠の菊花賞を手にした。本馬もここを勝って兄に続きたい。馬名の意味はフランス語で「金の宝石箱」。

ハギノピリナ

牝3歳

調教師:高野友和(栗東)

  • 父:キズナ
  • 母:ハギノアーク
  • 母の父:アドマイヤムーン
ここに注目!

前走のオークスで16番人気ながら3着に好走。その強烈な末脚は、世代一線級相手にも通用した。GⅠ3着があるものの、まだ2勝クラスの身。秋華賞に駒を進めるためにも、ここで優先出走権(3着以内)をゲットしておきたい。

最後方でジッと構えた前走のオークス。直線で大外に出すとそこから一気に脚を伸ばして3着に入った。勝ち馬ユーバーレーベンから0秒1差、2着アカイトリノムスメとはタイム差なしの大健闘で、3連単53万2180円という高配当を演出。オークスがGⅠ初騎乗だった藤懸貴志騎手は「悔いのないようこの馬の競馬に徹し、最後の800メートルにかけました。勝ち馬が動いてくれて、これ以上ない展開でした」と、納得の表情を浮かべていた。陣営は、自己条件で収得賞金を加算するより、ここで3着以内を確保して秋華賞への切符を取る算段。オークス後は全体的に馬体がボリュームアップし、その末脚に磨きがかかっていそうだ。馬名の意味は「冠名+絆(ハワイ語)」。

ファインルージュ

牝3歳

調教師:岩戸孝樹(美浦)

  • 父:キズナ
  • 母:パシオンルージュ
  • 母の父:ボストンハーバー
ここに注目!

前走のオークスは11着だったが、3走前のフェアリーS優勝に加え、前々走の桜花賞でソダシ、サトノレイナスに続く3着に入った実績は光る。マイル以下の距離は4戦して全て3着以内に好走。ここは2000メートルの克服が鍵となりそうだ。

強敵相手の桜花賞3着から臨んだ前走のオークスでは4番人気の支持を集めたが、早々に後退して11着。騎乗した福永祐一騎手も「脚をためながら行けましたが、直線を向いて思いのほか伸びませんでした」と、首をかしげる敗戦だった。母パシオンルージュは芝1000メートル戦を2勝。きょうだいの勝ち鞍も1800メートルまでで、結果的に2400メートルの距離が長かった印象だ。本馬はフェアリーS(1着)、桜花賞(3着)でマイルまではクリア済み。折り合い面に不安があるわけではなく、陣営は2000メートルまでは持つとのジャッジだ。昨年の紫苑S勝ち馬マルターズディオサはオークス10着敗戦から一変。距離で苦しんだオークス敗戦組は狙い目となる。馬名の意味は「元気+母名の一部」。

クリーンスイープ

牝3歳

調教師:国枝栄(美浦)

  • 父:ドゥラメンテ
  • 母:スイープトウショウ
  • 母の父:エンドスウィープ
ここに注目!

母が秋華賞、エリザベス女王杯などを制したスイープトウショウという良血馬。本馬は前走の1勝クラス(福島・芝1800メートル)を勝利し、その素質を見せた。母が輝いた大舞台へ向かうためにも、ここで優先出走権(3着以内)を手に入れたい。

前走の1勝クラスは、馬群の狭いところをしぶとく伸びた。光ったのは他世代の牡馬相手にもひるまない勝負根性。直線で手前を替える荒削りな面も見せたが、勝ち切ったことを評価したい。これで未勝利(中山・芝1600メートル、1着)に続き、右回りコースをクリア。今回の舞台への不安もないだろう。重賞格上げ前も含む過去10年で、2011年カルマート、2015年クインズミラーグロ、2019年パッシングスルーが、1勝クラス(旧500万下クラス)V直後に紫苑Sを勝っているのも心強い。ここまで見せてきた末脚の威力は、秋華賞や宝塚記念などを制した母スイープトウショウをほうふつとさせるもの。昨年12月に天国へと旅立った母へ、産駒の重賞初勝利を送りたい。馬名の意味は「圧倒的な勝利」。

アビッグチア

牝3歳

調教師:堀井雅広(美浦)

  • 父:リオンディーズ
  • 母:シベリアンクラシカ
  • 母の父:Siphon
ここに注目!

スピードが武器で、東京・芝1400メートルで1勝クラス、2勝クラス・由比ヶ浜特別を連勝。ひと夏を越え、前走で500キログラムあった重厚なボディーのさらなる成長にも期待したい。中山コースでの好走歴があるのも心強いポイントだ。

前々走の2勝クラス・由比ヶ浜特別は、初の他世代相手でも一歩も引かないスピードを披露。一気にハナを奪うと、淡々と速いラップを刻んで後続の脚を封じた。3馬身離した2着カイトゲニーがすぐに次戦を勝利し、3着クリノプレミアムはその後2連勝。骨っぽい相手に確かな実力を証明した。近3戦が芝1400メートル戦だけに、今回の焦点は距離延長に対応できるかどうか。1800メートルでは3戦1勝、2着1回と結果を残しており、息の入りやすい中山のコーナーを生かして距離克服といきたいところだ。中間の調教では、気合を注入される意欲的なメニューを消化。今回のメンバー中、前走時馬体重が唯一500キログラムに達したパワフルレディーが、力強く先陣を切る。馬名の意味は「大きな声援」。

エイシンチラー

牝3歳

調教師:田中剛(美浦)

  • 父:リアルインパクト
  • 母:エーシンサーフィン
  • 母の父:フレンチデピュティ
ここに注目!

前走の2勝クラス・三面川特別(新潟・芝1800メートル)を、強烈な末脚で差し切り勝ち。それまで見せてきた先行策から一気に脚質の幅を広げてきた。デビューから4戦が中山コース。戦い慣れた舞台で重賞初勝利を目指す。

前々走の1勝クラス・織姫賞(福島・芝1800メートル)、前走の2勝クラス・三面川特別で2連勝を果たし、馬がグッとたくましくなった印象。織姫賞2着のコーディアルは次戦を勝ち上がったことから、レースレベルも低くない。2戦ともにメンバー中最速の推定上がり3ハロンタイムをマークしており、後半勝負への強みも備えている。紫苑Sは、秋華賞の優先出走権獲得へ向けて、各馬の仕掛けが早くなりやすい。過去には思わぬ乱ペースになったこともあり、過去10年で優勝馬のポジションに偏りはない。それだけに、逃げ、先行、追い込みで3勝をマークした本馬の自在性は強調材料となりそうだ。馬名の意味は「冠名+様々な機器の温度を一定に保つ為の装置」。

スライリー

牝3歳

調教師:相沢郁(美浦)

  • 父:オルフェーヴル
  • 母:ビジョナリー
  • 母の父:ディープインパクト
ここに注目!

前走のオークス(12着)での敗戦から逆襲を期す秋。オークスはさすがに距離がこたえたイメージだったが、フローラS(2着)で好走歴のある2000メートルなら違う姿を見せられそうだ。中山コースも1戦1勝と問題にしない。

フローラS2着から挑んだ前走のオークス。道中で一気にポジションを押し上げ、4コーナー付近では2番手まで迫ったが、直線は力なく失速した(12着)。騎乗した石川裕紀人騎手は「流れを考えればポジション自体は良かったと思いますが、折り合いを欠いてしまいました」と、道中の力みを敗因に挙げた。ここも折り合い面は鍵になるが、間隔の詰まっていたオークスと違い、しっかりと休養を取った点はプラスとなりそう。距離もフローラSで実績のある2000メートルに戻れば、流れに乗りやすいだろう。中間の調教では落ち着いた様子で推進力のある走りを披露。勝利経験のある中山で反撃があっても不思議はない。馬名の意味は「いたずら好き、お茶目な。父の性格と母名の韻より連想」。

ホウオウイクセル

牝3歳

調教師:高柳瑞樹(美浦)

  • 父:ルーラーシップ
  • 母:メジロオードリー
  • 母の父:スペシャルウィーク
ここに注目!

春はフェアリーS(2着)、フラワーC(1着)と重賞で連続好走。桜花賞(9着)の後はオークスへ向かわず、秋に備えてきた。スタミナ豊富なメジロの血脈を母系に持ち、初めて経験する2000メートル戦への不安は少ない。

後方から追い込んだフェアリーS(2着)、先行策を選んだフラワーC(1着)と、中山の重賞で結果を残している。フラワーC後、主戦を務める丸田恭介騎手は「上手に競馬ができるのが強みです。距離は延びても良いと思います」と高く評価した。桜花賞敗戦後は、飛節の不安でオークス出走を見送り。じっくりと回復を促し、秋の大舞台へ備えてきた。6代母まで名門「メジロ」の名が連なる良血馬。父の母エアグルーヴ、祖母メジロドーベルがともにオークス馬で、2000メートルへの延長はプラスに働きそうだ。前走時412キログラムの小さな馬体だが、この中間で一回り成長を果たした印象。祖母が優勝した秋華賞の舞台へ、ここで優先出走権を獲得したい。馬名の意味は「冠名+ベルギーの地名」。

(高木 翔平)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: