今週の注目レース

札幌2歳ステークス(GⅢ)

札幌競馬場 1800メートル(芝)馬齢 2歳オープン

データ分析

北海道開催のラストを飾る2歳重賞

6月12日の札幌で幕を開け、函館を経て、札幌へと戻ってきた北海道開催のラストを飾る重賞が、この札幌2歳Sだ。昨年はソダシが白毛馬として初めてJRAの芝重賞を制したことで話題を集めた。来春のクラシックをにぎわすニューヒーロー・ヒロインが、今年も現れるのだろうか。注目のレースを前に、ここでは函館で行われた2013年を含む過去10年のデータを見ていこう。

デビュー戦で上位人気だった馬が優勢

デビュー戦での単勝人気別に成績を調べてみると、勝ち馬10頭はデビュー戦で4番人気以内に支持されていた。3着以内馬で見ても、30頭中27頭がデビュー戦で4番人気以内だった。また、3着内率では1番人気と2番人気が上位となっている。まずはデビュー戦で4番人気以内だった馬を高く評価し、その中でも1番人気や2番人気だった馬は、より高く評価する必要があるだろう。〔表1〕

〔表1〕デビュー戦の単勝人気別成績(過去10年)
デビュー戦の単勝人気 成績 勝率 連対率 3着内率
1番人気 4-4-5-24 10.8% 21.6% 35.1%
2番人気 2-2-1-10 13.3% 26.7% 33.3%
3番人気 3-1-2-19 12.0% 16.0% 24.0%
4番人気 1-1-1-11 7.1% 14.3% 21.4%
5番人気 0-0-1-13 0% 0% 7.1%
6〜9番人気 0-1-0-23 0% 4.2% 4.2%
10番人気以下 0-1-0-6 0% 14.3% 14.3%

7月デビュー馬に要注目

10月開催だった2011年を除く、現在の開催時期に行われた過去9年の成績をデビュー戦の月別にまとめると、全馬地方競馬でのデビューだった「5月以前」を除けば、「7月」が最も高い3着内率をマークしている。しかも、ここ3年は7月デビュー馬が連勝中なうえ、2着が1回、3着が3回と3着以内馬9頭中7頭を占めている。各馬のローテーションを比較する際は、7月デビューの馬に注目するのがよさそうだ。〔表2〕

〔表2〕デビュー戦の月別成績(過去9年)
デビュー戦の月 成績 勝率 連対率 3着内率
5月以前 1-1-0-2 25.0% 50.0% 50.0%
6月 2-4-2-37 4.4% 13.3% 17.8%
7月 4-3-6-33 8.7% 15.2% 28.3%
8月 2-1-1-24 7.1% 10.7% 14.3%

前走のレースぶりも要チェック

前走の4コーナーの通過順別成績では、「2、3番手」と「4番手以下」の2組が好走率で「先頭」を上回っている。特に、「2、3番手」組の3着以内が14回と、3着以内馬の半数近くを占めているのは注目に値する。前走の内容を比較する際は、逃げや早め先頭のレースをしていた馬よりも、4コーナーを2番手以下で回っていた馬を重視したい。〔表3〕

(河野 道夫)

〔表3〕前走の4コーナーの通過順別成績(過去10年)
前走の4コーナーの通過順 成績 勝率 連対率 3着内率
先頭 2-2-2-34 5.0% 10.0% 15.0%
2、3番手 4-6-4-35 8.2% 20.4% 28.6%
4番手以下 4-2-4-37 8.5% 12.8% 21.3%

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: