今週の注目レース

キーンランドカップ(GⅢ)

札幌競馬場 1200メートル(芝)別定 3歳以上オープン

2020年 エイティーンガール

2020年 エイティーンガール

2019年 ダノンスマッシュ

2019年 ダノンスマッシュ

2018年 ナックビーナス

2018年 ナックビーナス

レース画像をクリックするとその年の結果および映像のページに遷移します。
なお、印刷時はレース画像は表示されません。

歴史

本競走は1996年にオープン特別として創設され、競走条件や距離の変更を経て、2006年に年間を通じた短距離重賞競走の整備に伴いGⅢに格上げされた。第1回は3歳以上・別定の条件で札幌競馬場の芝1200メートルで行われた。スピード自慢の快速馬たちが秋の最大目標とするスプリンターズSへ向けての前哨戦に位置付けられているほか、「サマースプリントシリーズ」の第5戦(2011年まで第4戦として開催)に指定され、シリーズ優勝を目指す馬にとっても重要な一戦となっている。

なお、2014年から本競走の優勝馬にスプリンターズSの優先出走権が与えられることとなったほか、有力馬の出走を促進し競走内容の充実を図るため、負担重量の決定方法が収得賞金によって加増する方式から、過去に優勝した重賞の格に応じて加増する方式へと改められた。

キーンランド競馬場は、アメリカ合衆国ケンタッキー州レキシントンにある競馬場で、周辺は馬産地として世界的に有名。同競馬場では競馬開催のほか、年数回サラブレッドのせり市も行われている。

コースの特徴

札幌・芝1200メートル

2コーナー奥のポケットからのスタートで、3コーナーまでの距離は約400メートル。スタートからゴールまでほぼ平坦で、コーナーはカーブがきつくなく回りやすい。直線距離は269.1メートル(Cコース使用時)で函館の次に短いが、コース構造的に枠の有利不利に一定の傾向はなく、展開と馬場次第で傾向が変わるコース。良馬場であればダッシュ力とスピードを持続する能力、タフな馬場になれば3コーナー・4コーナーからラストまでスピードを伸ばす能力が要求される。

(亀谷 敬正)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: