今週の注目レース

キーンランドカップ(GⅢ)

札幌競馬場 1200メートル(芝)別定 3歳以上オープン

データ分析

晩夏の札幌を熱くするスプリント重賞

2006年の第1回から変わらず8月の下旬に行われ、現在はサマースプリントシリーズの第5戦、そしてスプリンターズSの前哨戦として定着しているキーンランドC。サマーシリーズのタイトルだけでなく、秋の短距離王の座を狙う馬も集結する一戦には、どのような傾向があるのだろうか。函館競馬場で行われた2013年を含む過去10年の結果を分析してみよう。

昇級初戦およびGⅠからの臨戦馬が好成績

過去10年の前走別成績を見ると、前走でJRA・GⅠに出走していた馬の3着内率が40%を超えている。まずは、GⅠ出走後に間隔を空け、ここが下半期の初戦となるような馬に注目したい。また、頭数は少ないものの前走が3勝クラスのレースだった馬が44.4%と高い3着内率をマークしている。3着以内に入った4頭は、いずれも札幌もしくは函館の芝1200メートル戦を勝っての参戦だったことから、これに当てはまる馬がいればおさえておきたいところだ。〔表1〕

〔表1〕前走別成績(過去10年)
前走 成績 勝率 連対率 3着内率
JRA・GⅠ 2-2-2-8 14.3% 28.6% 42.9%
函館スプリントS 3-2-2-23 10.0% 16.7% 23.3%
アイビスサマーダッシュ 2-0-1-16 10.5% 10.5% 15.8%
CBC賞 0-2-0-5 0% 28.6% 28.6%
UHB賞 2-2-2-41 4.3% 8.5% 12.8%
3勝クラス 1-2-1-5 11.1% 33.3% 44.4%
その他のレース 0-0-2-25 0% 0% 7.4%

サマースプリントシリーズ出走馬は着順に注意

前走別成績をさらに詳しく見ていくと、サマースプリントシリーズの第5戦ということもあり、3着以内馬延べ30頭中12頭は前走も同シリーズ対象レースとなる函館スプリントS・アイビスサマーダッシュ・CBC賞のいずれかだった。また、そのレースで3着以内に入っていた馬は3着内率が45.5%と半数近くが3着以内に入っている。一方、前走が上記の3レースで4着以下だった馬は3着内率6.1%と苦戦しており、これに該当する馬は評価を下げた方がよさそうだ。〔表2〕

〔表2〕前走が函館スプリントS・アイビスサマーダッシュ・CBC賞だった馬の、前走の着順別成績(過去10年)
前走の着順 成績 勝率 連対率 3着内率
3着以内 5-3-2-12 22.7% 36.4% 45.5%
4着以下 0-1-1-31 0% 3.0% 6.1%
  • 注記:サマースプリントシリーズ対象レースとなる前の2011年のCBC賞は除く

札幌・函館のスプリント重賞での成績をチェック

札幌競馬場と函館競馬場は洋芝コースという点で共通しているが、キーンランドCでは洋芝実績を持つ馬の好走率が高い。札幌・函館の芝1200メートルで行われた重賞において3着以内に入った経験のある馬が3着以内馬延べ30頭中16頭を占め、特に優勝馬は10頭中8頭がこの経験を持つ馬だった。〔表3〕

〔表3〕札幌・函館の芝1200メートルで行われた重賞で3着以内に入った経験の有無別成績(過去10年)
経験の有無 成績 勝率 連対率 3着内率
あり 8-4-4-33 16.3% 24.5% 32.7%
なし 2-6-6-90 1.9% 7.7% 13.5%

なお、札幌・函館の芝1200メートルで行われた重賞において3着以内に入った経験がなかった馬について性別成績を調べてみると、牡・せん馬は未勝利のうえに好走率でも牝馬に大きな差をつけられている。過去10年で牝馬が7勝、牡・せん馬は3勝と、前記の経験にかかわらず牡馬・せん馬は分が悪いため、迷ったら牝馬を重視するのも手だろう。〔表4〕

〔表4〕札幌・函館の芝1200メートルで行われた重賞で3着以内に入った経験がなかった馬の性別成績(過去10年)
成績 勝率 連対率 3着内率
牡・せん 0-3-2-57 0% 4.8% 8.1%
2-3-4-33 4.8% 11.9% 21.4%
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

前走で単勝1番人気だった馬に注目

過去4年の優勝馬はいずれも前走で1番人気に支持されながら3着以下に敗れていた。その中でも2017年のエポワスと2020年のエイティーンガールは、オープン特別(UHB賞)で7着に敗れていた。前走で単勝1番人気に支持されていた馬は、着順にかかわらずマークしておいた方がよさそうだ。〔表5〕

(高那実 マヤ)

〔表5〕優勝馬の前走の着順と単勝人気(過去4年)
年度 優勝馬 前走の着順 前走の単勝人気
2017年 エポワス UHB賞7着 1番人気
2018年 ナックビーナス 函館スプリントS3着 1番人気
2019年 ダノンスマッシュ 高松宮記念4着 1番人気
2020年 エイティーンガール UHB賞7着 1番人気

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: