今週の注目レース

関屋記念(GⅢ)

新潟競馬場 1600メートル(芝・外)別定 3歳以上オープン

データ分析

真夏の越後マイル決戦

全4戦あるサマーマイルシリーズも、この関屋記念で3戦目を迎える。当レース優勝馬の中では2014年のクラレントと2015年のレッドアリオンがシリーズチャンピオンに輝き、昨年は当レース2着のトロワゼトワルが次走で京成杯オータムHを勝ってシリーズチャンピオンとなった。真夏の新潟開催を彩るこの一戦の傾向を探るべく、過去10年の結果を分析する。

前走で5着以内だった馬が上位だが

前走の着順別成績を見ると、前走で5着以内に入っていた馬の好走率が高くなっている。基本的には前走好走馬を重視したいところだが、前走で6着以下に敗れていた馬も3着以内に10頭が入っていることから軽視は禁物と言えるだろう。〔表1〕

〔表1〕前走の着順別成績(過去10年)
前走の着順 成績 勝率 連対率 3着内率
5着以内 5-8-7-53 6.8% 17.8% 27.4%
6着〜9着 3-0-3-33 7.7% 7.7% 15.4%
10着以下 2-2-0-44 4.2% 8.3% 8.3%

5歳以下の馬が中心

年齢別の成績では、5歳馬が3着以内に13頭入っているほか、3歳馬と4歳馬の3着内率が30%程度と、5歳以下の馬の成績が上位となっている。それに対し、6歳以上の馬は3着内率で5歳以下の馬に劣っているが、6歳馬は2019年に1着・2着、2020年に1着と、ここ2年は好走が目立っている。〔表2〕

〔表2〕年齢別成績(過去10年)
年齢 成績 勝率 連対率 3着内率
3歳 1-0-2-7 10.0% 10.0% 30.0%
4歳 2-3-2-17 8.3% 20.8% 29.2%
5歳 3-5-5-48 4.9% 13.1% 21.3%
6歳 3-2-0-32 8.1% 13.5% 13.5%
7歳以上 1-0-1-26 3.6% 3.6% 7.1%

また、性別では、牡・せん馬よりも牝馬の好走率が高くなっている。出走頭数は少ないものの、“夏は牝馬”という格言もあるだけに、牝馬が出走してきた際にはマークしておきたい。〔表3〕

〔表3〕性別成績(過去10年)
性別 成績 勝率 連対率 3着内率
牡・せん馬 8-6-6-105 6.4% 11.2% 16.0%
牝馬 2-4-4-25 5.7% 17.1% 28.6%

前走GⅢ組が中心も

前走別の成績を見ると、3着以内馬延べ30頭中16頭は前走でも今回と同じGⅢに出走していた。その3着以内馬16頭の前走の内訳を調べると、同じサマーマイルシリーズの中京記念が10頭、エプソムCが4頭いた。この2レースからの臨戦馬がいたら注目しておきたい。また、好走率に目を向けると、GⅠ組と3勝クラス組が上位となっている。前走でハイレベルなレースを経験していたGⅠ組や、3勝クラスを勝ち上がってオープンクラス入りを決めた勢いのある馬は軽視できないだろう。〔表4〕

〔表4〕前走別成績(過去10年)
前走 成績 勝率 連対率 3着内率
GⅠ 3-1-2-17 13.0% 17.4% 26.1%
GⅡ 0-0-0-8 0% 0% 0%
GⅢ 4-8-4-68 4.8% 14.3% 19.0%
オープン特別 1-0-2-30 3.0% 3.0% 9.1%
3勝クラス 2-1-1-5 22.2% 33.3% 44.4%
その他 0-0-1-2 0% 0% 33.3%
  • 注記:リステッドはオープン特別に含む
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

GⅠを除く直近で出走した芝1600メートル以上の重賞での単勝人気をチェック

2017年以降の優勝馬4頭は、GⅠを除く直近で出走した芝1600メートル以上の重賞で単勝2番人気以内に支持されていた。また、該当したレースはいずれも過去3走以内のものだった。近走の条件と単勝人気は要チェックだ。〔表5〕

(河野 道夫)

〔表5〕過去4年の優勝馬の、GⅠを除く直近で出走した芝1600メートル以上の重賞での単勝人気
優勝馬 該当レースでの単勝人気
2017年 マルターズアポジー 2番人気(前走)
2018年 プリモシーン 2番人気(3走前)
2019年 ミッキーグローリー 1番人気(前々走)
2020年 サトノアーサー 1番人気(前走)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: