今週の注目レース

ディープインパクト追悼競走 レパードステークス(GⅢ)

新潟競馬場 1800メートル(ダート)馬齢 3歳オープン

データ分析

ダート路線での飛躍を期す3歳馬が集結

レパードSは2009年に創設された3歳限定のダート重賞で、後に史上初のジャパンカップダート(現チャンピオンズC)連覇を成し遂げるトランセンドや、ダートのGⅠ・JpnⅠを10勝したホッコータルマエなどがここで重賞初制覇を飾っている。古馬との戦いが本格化する前に箔を付けておきたい3歳馬が集う一戦の特徴を探るべく、過去10年の結果を分析する。

近年は波乱模様

過去10年の単勝オッズ別成績を見ると、1.0倍から4.9倍の馬が6勝を挙げているが、2017年以降に限れば該当馬は〔0・2・1・5〕と勝ち切れておらず、2019年ハヤヤッコ(24.0倍)、2020年ケンシンコウ(22.3倍)とここ2年は単勝20倍台の馬が優勝している。2017年には単勝66.3倍のローズプリンスダムと同87.1倍のサルサディオーネがワンツー・フィニッシュを決めるなど、近年は波乱の決着が目立つことも覚えておきたい。〔表1〕

〔表1〕単勝オッズ別成績(過去10年)
単勝オッズ 成績 勝率 連対率 3着内率
1.0〜4.9倍 6-4-3-8 28.6% 47.6% 61.9%
5.0〜9.9倍 0-3-0-19 0% 13.6% 13.6%
10.0〜19.9倍 1-1-1-18 4.8% 9.5% 14.3%
20.0〜29.9倍 2-0-4-6 16.7% 16.7% 50.0%
30.0〜49.9倍 0-1-0-15 0% 6.3% 6.3%
50.0〜99.9倍 1-1-1-20 4.3% 8.7% 13.0%
100倍以上 0-0-1-32 0% 0% 3.0%

オープンクラスでの好走歴が重要

過去10年の出走馬について、JRAのオープンクラスのレースで3着以内に入った経験の有無を調べてみると、3着以内馬30頭中17頭はこの経験を持つ馬だった。この経験を持つ馬は過去10年で毎年連対していることも踏まえると、これらの馬から軸を選ぶのが得策だろう。また、経験ありの馬には単勝オッズ20倍以上の低評価を覆して優勝したローズプリンスダムとケンシンコウが含まれており、オープンクラスのレースで好走経験を持つ馬は単勝オッズに関わらず軽視禁物だろう。〔表2〕

〔表2〕JRAのオープンクラスのレースで3着以内に入った経験の有無別成績(過去10年)
経験の有無 成績 勝率 連対率 3着内率
あり 8-5-4-21 21.1% 34.2% 44.7%
なし 2-5-6-97 1.8% 6.4% 11.8%

ダート重賞から臨む馬が中心

過去10年の前走別成績を見ていくと、前走がジャパンダートダービーだった馬は45.5%と高い3着内率を示している。また、前走がユニコーンSだった馬は2着と3着がないもののジャパンダートダービー組に並ぶ4勝を挙げている。なお、前走が2勝クラスのレースだった馬は好走率こそいまひとつだが、同クラスを勝って臨んだ馬に限れば〔1・3・2・16〕と3着内率は27.3%まで上昇するだけに、該当馬はマークしておいた方がよさそうだ。〔表3〕

〔表3〕前走別成績(過去10年)
前走 成績 勝率 連対率 3着内率
ジャパンダートダービー 4-3-3-12 18.2% 31.8% 45.5%
ユニコーンS 4-0-0-17 19.0% 19.0% 19.0%
その他のJRA重賞 0-0-0-4 0% 0% 0%
オープン特別 1-1-0-7 11.1% 22.2% 22.2%
3勝クラス 0-0-1-1 0% 0% 50.0%
2勝クラス 1-4-2-44 2.0% 9.8% 13.7%
1勝クラス 0-2-0-25 0% 7.4% 7.4%
その他の地方のレース 0-0-3-8 0% 0% 27.3%
海外のレース 0-0-1-0 0% 0% 100%
  • 注記:リステッドはオープン特別に含む
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

過去2走に注目

過去6年の優勝馬はいずれも前走がオープンクラスのダート戦もしくは地方競馬のダートグレード競走で、勝ち馬とのタイム差が0.5秒以上で敗れていた。さらに、2走前が地方競馬のダートグレード競走、JRAのオープンクラスもしくは1勝クラスのレースで1着だったという共通点もある。この2点に該当する馬が出走してきたら勝ち馬の候補といえそうだ。〔表4〕

(高那実 マヤ)

〔表4〕優勝馬の前走の着順と勝ち馬とのタイム差、および2走前の着順(過去6年)
年度 優勝馬 前走の着順と勝ち馬とのタイム差 2走前の着順
2015年 クロスクリーガー ジャパンダートダービー2着(0.5秒) 兵庫チャンピオンシップ1着
2016年 グレンツェント ユニコーンS3着(0.5秒) 青竜S1着
2017年 ローズプリンスダム ジャパンダートダービー8着(1.6秒) 鳳雛S1着
2018年 グリム ユニコーンS9着(1.2秒) 青竜S1着
2019年 ハヤヤッコ 青竜S8着(1秒) 1勝クラス1着
2020年 ケンシンコウ ユニコーンS3着(1.1秒) 1勝クラス1着

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: