今週の注目レース

ディープインパクト追悼競走 レパードステークス(GⅢ)

新潟競馬場 1800メートル(ダート)馬齢 3歳オープン

出走馬情報

ホッコーハナミチ

牡3歳

調教師:長谷川浩大(栗東)

  • 父:ホッコータルマエ
  • 母:シーノットラブユー
  • 母の父:タニノギムレット
ここに注目!

父は2012年の本レースで重賞初制覇を果たし、その後、ダートのGⅠとJpnⅠで計10勝という輝かしい実績につなげた。その初年度産駒となる本馬が、父に種牡馬として初のJRA重賞タイトルを送ることができるのか。ここをステップに、父同様の活躍ができるかにも注目が集まる。

前走の2勝クラス・インディアT(小倉・ダート1700メートル)は好スタートを決めたが、二の脚が利かず、ポジションを下げた。それでも、鞍上がうながすと行く気を出して、中団前めの位置に。向正面で各馬の位置取りが替わる激しいレース展開となったが、インコースでジッと構え、3、4コーナーの勝負どころでスパートを開始。直線入り口で3番手につけると、鋭い伸び脚で先に抜け出したレプンカムイ(2着)を差し切った。メンバー中最速タイの上がり3ハロン35秒4(推定)をマークし、1分41秒4の走破タイムも当時のコースレコードを更新する優秀なものだった。中間の調整も順調で、父も制した本レースを飛躍のきっかけにしたい。

メイショウムラクモ

牡3歳

調教師:和田勇介(美浦)

  • 父:ネオユニヴァース
  • 母:ノースパストラル
  • 母の父:キングヘイロー
ここに注目!

芝のデビュー戦では15着に敗れたものの、2戦目からダートに転向し、ここまで6戦3勝、2着1回、3着1回と適性の高さを見せている。残る1戦も4着で駆けており、ダートでの安定感が光る。同世代同士なら、重賞のメンバーに入っても好勝負可能だろう。

前々走のオープン特別・伏竜S(中山・ダート1800メートル)では、オープンクラスのメンバーを相手に2着と好走。勝ち馬に3馬身離されたとはいえ、相手はのちに兵庫チャンピオンシップ(JpnⅡ)とジャパンダートダービー(JpnⅠ)で2着に入ったゴッドセレクションで、相手が強い部分もあった。前走の2勝クラス・いわき特別(福島・ダート1700メートル)は、スタートこそひと息だったが、外めの7枠12番から積極的にポジションを押し上げ、向正面で早くも先頭に並びかけた。2番手で直線に入って前をかわすと、あとは突き放す一方。結局、2着ディールクルムに7馬身差をつける快勝で3勝目をマークした。重賞挑戦でも楽しみが持てる近走の充実ぶりだ。

ルコルセール

牡3歳

調教師:堀宣行(美浦)

  • 父:ロードカナロア
  • 母:ラバヤデール
  • 母の父:サンデーサイレンス
ここに注目!

伯父のゴールドアリュールは、現役時代にダートGⅠを4勝。芝での活躍馬が多かったサンデーサイレンス産駒の中、ダートで能力を発揮した。種牡馬としても数々のダートの名馬を送り出しており、日本のダート界において切っても切れない血統。本馬も今後の飛躍が期待される。

芝のメイクデビュー新潟(1800メートル)こそ9着と結果を残せなかったが、ブリンカーを着用した2戦目の未勝利(札幌・芝1500メートル)で5着に前進。転機は、初めてのダートに挑んだ4戦目の未勝利(東京・ダート1600メートル)だった。2番手追走からメンバー中最速の上がり3ハロン36秒8(推定)を繰り出し、2着に8馬身差をつけて快勝。前々走の1勝クラス(東京・ダート1600メートル)も勝利すると、前走の2勝クラス・渡島特別(函館・ダート・1700メートル)でも2馬身1/2差の快勝で一気の3連勝を決めた。ダート転向後は危なげないレースぶりで白星を重ねており、まだ底を見せていないという点は今回においても大きな強みになるはずだ。

ハンディーズピーク

牡3歳

調教師:大久保龍志(栗東)

  • 父:マジェスティックウォリアー
  • 母:パノラマビューティ
  • 母の父:ダンスインザダーク
ここに注目!

2歳10月のデビュー時に496キログラムだった馬体重は、前走時に510キログラムにアップ。約9か月の間で14キログラム増と成長を見せている。特に、馬格の大きな馬のパワーが生きるダート戦においては心強い。まだまだ伸び代もありそうだ。

昨年10月のメイクデビュー中京(ダート1800メートル)を、2着馬に2馬身1/2差をつけて快勝。1分53秒9の走破タイムは当時の2歳コースレコードで、高い素質を初戦から発揮した形だ。2勝目となった前々走の1勝クラス(中京・ダート1800メートル)は、好位のイン追走から直線もインコースを突いて抜け出すと、最後までしぶとく脚を伸ばし続け、2着に2馬身差をつける快勝となった。前走の2勝クラス・西部スポニチ賞(小倉・ダート1700メートル)でも、先行策からメンバー中2位の上がり3ハロン36秒3(推定)をマークして1/2馬身差でV。安定したレースぶりをここまで見せており、重賞のメンバー相手でも堅実さは通用してよさそうだ。

ロードシュトローム

牡3歳

調教師:清水久詞(栗東)

  • 父:マクフィ
  • 母:オーシュペール
  • 母の父:ダイワメジャー
ここに注目!

2勝馬が多いメンバー構成だが、前々走でリステッド、前走ではJpnⅠでのレースを経験している本馬の経験値は豊富。それらのレースでも大きくは負けておらず、GⅢなら実績的には上の存在と言えそうだ。条件も幅広く経験しており、コースも問わない点も強みだ。

前走のジャパンダートダービー(JpnⅠ。大井・ダート2000メートル)は、6着とはいえ勝ち馬から0秒4差に入っており、あらためて地力の高さをうかがえる内容だった。前々走の鳳雛S(リステッド。中京・ダート1800メートル)では、スタートから積極的に仕掛けてハナを奪うと、3コーナーで後続をひきつけ直線へ。早めに後続につかまった後も粘り腰を発揮し、3着を確保した。先手を取り切る先行力と、抜かされてもうひと粘りできる勝負根性は、本馬の大きな武器と言える。7月28日の1週前追い切りでは栗東CWコースでラスト1ハロン14秒1と時計を要したものの、6ハロンは80秒2をマーク。中2週の臨戦過程も考えれば、好調をキープしているとみてよさそうだ。

(山口 大輝)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: