今週の注目レース

北海道新聞杯クイーンステークス(GⅢ)

函館競馬場 1800メートル(芝)別定 (牝) 3歳以上オープン

2020年 レッドアネモス

2020年 レッドアネモス

2019年 ミッキーチャーム

2019年 ミッキーチャーム

2018年 ディアドラ

2018年 ディアドラ

レース画像をクリックするとその年の結果および映像のページに遷移します。
なお、印刷時はレース画像は表示されません。

歴史

クイーンSは、1953年に3歳牝馬限定、別定の重賞競走として創設され、秋の東京開催の芝2000メートルで行われた。その後は開催場を東京競馬場と中山競馬場の間で幾度も変更して行われたが、新潟競馬場で行われた1988年を除き、1980年以降1999年まで中山競馬場で行われた。

2000年の牝馬競走体系の整備により、本競走は舞台を8月中旬の札幌競馬場・芝1800メートルに移したうえ、3歳以上の牝馬限定の重賞競走として生まれ変わり、秋華賞・天皇賞(秋)・エリザベス女王杯など秋の大レースを目指す牝馬たちが集い熱戦を繰り広げている。なお、2021年は開催日程の変更により函館競馬場で行われる。

コースの特徴

函館・芝1800メートル

ホームストレッチからのスタートで1コーナーまでの距離は約250メートル。1コーナー手前から2コーナーにかけて下り、2コーナー途中から4コーナー付近にかけて上りが続く。そこからゴール前(残り100メートル付近)まで緩やかに下って、最後の100メートルは平坦。最初のコーナーまでの距離が近くコーナーも小回りであるため、先行争いが激しくなって道中のペースは厳しくなりやすい。さらに、向正面からの上り坂とタフになりやすい馬場の影響で、直線に向くまでにスタミナを消耗しやすく、天候や馬場状態によってはゴール前でイギリス競馬のようなスタミナと馬力が試されるレースになることもある。

(亀谷 敬正)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: