今週の注目レース

マーメイドステークス(GⅢ)

阪神競馬場 2000メートル(芝)ハンデ (牝) 3歳以上オープン

出走馬情報

シャドウディーヴァ

牝5歳

調教師:斎藤誠(美浦)

  • 父:ハーツクライ
  • 母:ダイヤモンドディーバ
  • 母の父:Dansili
ここに注目!

これまで重賞での勝ち星こそないが、2着3回、3着1回と、実績は今回のメンバーの中でもトップクラスの存在。牡馬混合の東京新聞杯でも2度好走しており、実力は折り紙付きだ。実績の分ハンデは背負うが、能力を出し切ることができれば、今回も上位争いに加わってきそうだ。

前走の中山牝馬Sは、後方から末脚を伸ばして5着を確保。勝ち馬ランブリングアレーに0秒3差と、牝馬同士なら力量上位であることをあらためて証明した。その勝ち馬は続くヴィクトリアマイルでも2着に好走しており、レースレベルの高い1戦だったと言えるだろう。本馬は阪神コースでは3戦していずれも着外に敗れているが、コース形態が似ている中山で3勝クラス・常総S(芝1800メートル)を勝っており、展開やレースの流れ次第でこなしていいはずだ。9日の1週前追い切りでは、美浦坂路で4ハロン53秒8、ラスト1ハロン12秒1と鋭い伸びを披露。順調に調教を消化しており、能力を出せる状態にありそうだ。

ソフトフルート

牝4歳

調教師:斉藤崇史(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:ストロベリーフェア
  • 母の父:Kingmambo
ここに注目!

昨年の秋華賞で9番人気の低評価を覆して3着に好走。続くエリザベス女王杯でも勝ち馬から0秒6差の6着に入っており、素質の高さは疑いようがない。昇級は形だけと言っていいだろう。重賞タイトルを手にするチャンスだ。

前走の3勝クラス・シドニーT(中京・芝2000メートル)は、中団後方からレースを進め、直線では馬群の外からグングンと加速。最後までしっかりとした伸びを見せ、2着馬に1/2馬身差をつけて勝利した。上がり3ハロンタイムはメンバー中最速の34秒4(推定)。今回も展開次第とはなるだろうが、直線はしっかりと伸びてくるはずだ。昇級初戦とはなるが、半姉ミッドサマーフェア(父タニノギムレット)は、500万下クラス(現1勝クラス)を勝った直後にフローラSで重賞初制覇。血統的な素質を考えても、クラスの壁はないと言えるだろう。本レースは過去10年でディープインパクト産駒が3勝しており、父方からも相性もよさそうだ。

アブレイズ

牝4歳

調教師:池江泰寿(栗東)

  • 父:キズナ
  • 母:エディン
  • 母の父:ジャングルポケット
ここに注目!

前走のオープン特別・メイS(東京・芝1800メートル)は、デビュー2戦目のフラワーC以来約1年2か月ぶりの白星となった。牡馬を相手に挙げたという点でも、価値ある1勝だったと言えるだろう。牝馬限定戦に変わり、今の勢いなら侮れない存在となる。

近2走はメンバー中最速の推定上がり3ハロンタイムをマーク。かつては先行策から粘り込みを図るタイプだったが、末脚を生かすタイプへの脚質転換に成功したと言えそうだ。関西馬ながら今回が初めての阪神への出走となるが、右回りで全3勝中2勝を挙げており、問題なくこなせるだろう。9日に栗東坂路で行われた1週前追い切りでは、この日の1番時計となる4ハロン49秒2(ラスト1ハロン12秒0)をマークし、前走を勝った勢いをそのままキープしている様子。管理する池江泰寿調教師も「中間は放牧に出さずに調整していますが、状態はいいですよ。今なら(2000メートルの)距離もこなしてくれると思います」と、期待を込めている。

サンクテュエール

牝4歳

調教師:藤沢和雄(美浦)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:ヒルダズパッション
  • 母の父:Canadian Frontier
ここに注目!

2歳夏の新潟でデビュー戦を勝利すると、続くアルテミスSで2着。3戦目のシンザン記念で牡馬を相手に重賞初制覇を果たし、早くから素質の高さを見せてきた。秋の大舞台に向けて、ここでさらに実績を積み重ねておきたいところだろう。

前走の福島牝馬Sは、道中を好位で運び、直線では1度は先頭に並びかける勢いだったが、勝ち馬ディアンドルに差し返され、2着ドナアトラエンテにもかわされて3着でゴール。とはいえ、勝ち馬とは0秒1差の競馬をしており、好内容だったと言えるだろう。今回の阪神・芝2000メートルは内回りコースで直線が短いだけに、先行策で結果を残せた点は好材料と言える。母ヒルダズパッションは現役時代にアメリカでG1を含む重賞5勝を挙げた活躍馬。本馬の半兄ヨシダ(父ハーツクライ)もアメリカでG1馬になっており、血統的にもまだまだタイトルを獲得できるだけの素質があると言えそうだ。

アンドラステ

牝5歳

調教師:中内田充正(栗東)

  • 父:オルフェーヴル
  • 母:ヴァリディオル
  • 母の父:Dynaformer
ここに注目!

これまで1800メートルまでの経験しかなく、初めての2000メートルに対応できるかどうかが鍵となりそう。ただ、父は現役時代にクラシック三冠を含むGⅠ6勝と、中長距離で活躍したオルフェーヴル。血統的にはこなす下地はありとみてよさそうだ。

前走のターコイズSは、勝ち馬とタイム差なしのハナ差2着と、重賞初制覇のチャンスを逃した。それから6か月の休み明けになるが、10日の1週前追い切りでは栗東CWコースで6ハロン80秒4(ラスト1ハロン11秒5)の好タイムをマークしており、順調に調整をこなしている。厩舎スタッフは「もともと調教で動くタイプではありますが、今回の休み明けもいつもと変わりない動きを見せています。仕上がりは順調です」と話しており、万全の態勢でレースへと向かえそうだ。3走前の関屋記念でも3着。「レースにいって少し乗り難しい面もあるようですが、牡馬相手の重賞でももう少しで勝てるところまで走れていたように、力は上位です」と、同スタッフは期待を寄せている。

パッシングスルー

牝5歳

調教師:黒岩陽一(美浦)

  • 父:ルーラーシップ
  • 母:マイティースルー
  • 母の父:クロフネ
ここに注目!

近走は思うような結果が出せていないが、3歳秋には紫苑Sで重賞初制覇。地力は確かなだけに、きっかけひとつで着順を上げてもいいだろう。今回は紫苑Sと同じ2000メートル戦。中山と同じ右回り、直線に登り坂がある阪神なら、条件としては合っているはずだ。

前走の福島牝馬Sは、後方から直線勝負にかけたが10着でレースを終えた。ただ、先行勢が残るレースになり、展開が向かなかったことも確か。メンバー中3位タイの上がり3ハロン33秒7(推定)をマークしたように、上位の脚は使えており、流れひとつでまた違った結果となっていたことだろう。今回は前走を1度使われての休み明け2戦目。9日に美浦南Wコースで行われた1週前追い切りでは、5ハロン67秒4(ラスト1ハロン12秒8)と上々の動きを披露。上積みを感じさせる調整ができており、体調面の不安はなさそうだ。水分を含んだ芝はあまり得意としておらず、良馬場が理想。週末の天気を含め、当日の状態をしっかりとチェックしたい。

ミスニューヨーク

牝4歳

調教師:杉山晴紀(栗東)

  • 父:キングズベスト
  • 母:マンハッタンミート
  • 母の父:マンハッタンカフェ
ここに注目!

これまでマークした全4勝のうち重馬場で2勝、稍重馬場で1勝を挙げており、水分を含んだ馬場は得意中の得意。週末の天気次第ではあるが、降雨があれば本馬にとって大きなプラス材料となるだろう。

前々走の3勝クラス・スピカS(中山・芝1800メートル)では、後方から末脚を生かす競馬で差し切ってクビ差のV。メンバー中最速の上がり3ハロン36秒2(推定)をマークしており、着差以上の完勝と言える内容だった。昇級初戦となった前走の福島牝馬Sは9着に敗れたが、初めての左回りコースに加えて、前が残る展開も向かなかった。阪神も2戦して結果を残せていないが、距離が短かったメイクデビュー阪神(芝1400メートル)3着、GⅠの強敵相手だったエリザベス女王杯の10着と敗因はあり、決して合わない舞台ではなさそうだ。10日の1週前追い切りでは栗東CWコースでラスト1ハロン11秒5(6ハロン82秒1)の好調教も見せており、見限るのは早計だ。

(山口 大輝)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: