今週の注目レース

ユニコーンステークス(GⅢ)

東京競馬場 1600メートル(ダート)別定 3歳オープン

データ分析

さらなる飛躍へ、世代最初のJRAダート重賞

JRAで行われる最初の3歳ダート重賞であり、ダート巧者の3歳馬が一堂に会する一戦ともなる。そんな注目レースには、どのような傾向があるのか? 過去10年の結果を分析する。

デビュー戦の着順に注目

過去10年の優勝馬10頭中9頭、2着馬10頭中7頭はデビュー戦で2着以内に入っていた。3着馬についてはデビュー戦の着順を気にする必要はなさそうだが、3着内率では、デビュー戦2着以内の馬が同3着以下だった馬を上回っている。デビュー戦の着順は要チェックだ。〔表1〕

〔表1〕デビュー戦の着順別成績(過去10年)
着順 成績 勝率 連対率 3着内率
1着 6-3-1-37 12.8% 19.1% 21.3%
2着 3-4-2-17 11.5% 26.9% 34.6%
3着 1-0-2-19 4.5% 4.5% 13.6%
4着 0-1-1-14 0% 6.3% 12.5%
5着 0-0-2-9 0% 0% 18.2%
6〜9着 0-0-3-19 0% 0% 13.6%
10着以下 0-2-0-10 0% 16.7% 16.7%
  • 注記:2013年は3着同着
  • 注記:競走中止はその競走の最下位として集計

前走がマイル以上だった馬が優勢

前走の距離別成績を見ると、前走でダート1600メートル以上のレースに出走していた馬が、3着以内馬31頭のうち25頭を占めている。前走を比較する際は、ダート1600メートル以上のレースに出走していた馬を重視した方がよさそうだ。〔表2〕

〔表2〕前走の距離別成績(過去10年)
前走の距離 成績 勝率 連対率 3着内率
ダート1400m以下 1-2-2-36 2.4% 7.3% 12.2%
ダート1600m 3-4-5-37 6.1% 14.3% 24.5%
ダート1800m以上 5-4-4-35 10.4% 18.8% 27.1%
芝のレース 1-0-0-17 5.6% 5.6% 5.6%
  • 注記:2013年は3着同着

マイル戦での勝利歴が重要

1600メートル戦での勝利数別成績を調べると、芝・ダートを問わず勝利経験のあった馬が、0勝の馬を好走率で大きく上回っている。また、2013年以降は8年連続で勝利歴のある馬が優勝している。0勝の馬も3着以内に13頭入っており軽視はできないが、各馬の実績を比較する際は1600メートルで勝利実績のある馬を重視するのが得策だろう。〔表3〕

〔表3〕1600メートル戦での勝利数別成績(過去10年)
勝利数 成績 勝率 連対率 3着内率
3勝以上 0-1-0-1 0% 50.0% 50.0%
2勝 3-1-1-10 20.0% 26.7% 33.3%
1勝 5-2-5-33 11.1% 15.6% 26.7%
0勝 2-6-5-81 2.1% 8.5% 13.8%
  • 注記:2013年は3着同着
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

3番人気以内の馬が連勝中

過去10年の優勝馬はいずれも単勝3番人気以内だった。内訳は1番人気3頭、2番人気3頭、3番人気4頭と、1番人気から3番人気の間に大きな差はない。勝ち馬を予想する際は、上位人気の馬を素直に重視したい。〔表4〕

(河野 道夫)

〔表4〕優勝馬の単勝人気(過去10年)
年度 勝ち馬 単勝人気
2011年 アイアムアクトレス 3番人気
2012年 ストローハット 1番人気
2013年 ベストウォーリア 3番人気
2014年 レッドアルヴィス 3番人気
2015年 ノンコノユメ 2番人気
2016年 ゴールドドリーム 2番人気
2017年 サンライズノヴァ 2番人気
2018年 ルヴァンスレーヴ 1番人気
2019年 ワイドファラオ 3番人気
2020年 カフェファラオ 1番人気

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: