今週の注目レース

鳴尾記念(GⅢ)

中京競馬場 2000メートル(芝)別定 3歳以上オープン

出走馬情報

サンレイポケット

牡6歳

調教師:高橋義忠(栗東)

  • 父:ジャングルポケット
  • 母:アドマイヤパンチ
  • 母の父:ワイルドラッシュ
ここに注目!

本来なら阪神で行われる鳴尾記念だが、京都競馬場整備工事に伴う開催日程変更のため、今年は中京での開催。中京で2勝をマークし、重賞初制覇は左回りの新潟だった本馬にとって、この変更はプラス材料だろう。長い直線での差し切りが期待される。

オープンクラス昇級初戦となった昨年9月の新潟記念で勝ち馬とタイム差なしの3着に好走し、重賞でも通用する能力を示していたが、一方で末脚勝負の脚質のためか、善戦止まりとなることもしばしば。3走前の白富士ステークス(リステッド。東京・芝2000メートル)では出走馬中最速の上がり3ハロン33秒7(推定)をマークして追い込んだものの、勝ったポタジェを捕らえきれず2着に敗れた。競馬スタイルが決まっている本馬にとって、末脚を生かせる展開になるかどうかが重要で、それがかみ合ったのが重賞初制覇を決めた前走の新潟大賞典。上がりを要する馬場コンディションを生かし、3走前にクビ差競り負けたポタジェに、今度はクビ差で勝利した。同様の状況になるかが今回も鍵になる。

ブラヴァス

牡5歳

調教師:友道康夫(栗東)

  • 父:キングカメハメハ
  • 母:ヴィルシーナ
  • 母の父:ディープインパクト
ここに注目!

中京コースでは過去に2走して勝ち星をマークできていないが、前々走の金鯱賞10着は重馬場の影響が大きく、もう1戦は完成途上のデビュー戦だった。新潟コースで結果を出していることからも、左回りがマイナスになることはないだろう。馬体重も常に安定している。

母ヴィルシーナは牝馬三冠全レースでジェンティルドンナの2着に入った馬で、2013年と2014年にはヴィクトリアマイルを連覇。本馬はその初仔になる。母は3歳春から活躍できたが、この血統は晩成傾向が強く、ジャパンカップを勝った叔父シュヴァルグラン、秋華賞とドバイターフ(G1・UAE)を勝った叔母ヴィブロスも本格化は古馬になってからだった。本馬も本格化に時間を要し、重賞のタイトルを獲得した現状でもまだ成長の余地があると言われているほど。前々走の金鯱賞は10着、前走の大阪杯では8着に敗退したが、これも走りのバランスが取れていないため、重馬場をクリアできなかったことが敗因に挙げられる。秘める素質はここでも上位。良馬場なら巻き返しが濃厚だろう。

ペルシアンナイト

牡7歳

調教師:池江泰寿(栗東)

  • 父:ハービンジャー
  • 母:オリエントチャーム
  • 母の父:サンデーサイレンス
ここに注目!

着順のイメージほどは着差が開いていない昨年秋のレースぶり。距離が長いイメージのあった有馬記念でも、勝ったクロノジェネシスとは0秒6差(7着)だった。すでに7歳で、大きな変わり身を見込むのは難しいのかもしれないが、ここでも力はしっかりと発揮できそうだ。

2017年のマイルチャンピオンシップを制しているGⅠ馬だが、その勝利を最後に約3年半もの長い期間で勝ち星をマークできていない。以前よりズブさを見せるようになったこともあり、最近は中長距離のレースにも参戦。今年に入ってからの2走も2000メートル戦が選択されている。同じ週に行われる安田記念でなく、鳴尾記念に出走するのも、現状の適性を考慮されてのものだろう。速い時計の出やすい馬場も得意ではないが、雨で水が浮くような芝はそれ以上に苦手。前々走の金鯱賞(8着)、前走の大阪杯(10着)は、共に雨の影響を強く受けた重馬場だった。開催の進んだ現在の中京で、良馬場での出走がかなえば、巻き返しがあっても不思議はない。

ブラストワンピース

牡6歳

調教師:大竹正博(美浦)

  • 父:ハービンジャー
  • 母:ツルマルワンピース
  • 母の父:キングカメハメハ
ここに注目!

546キログラムの馬体重で重賞を勝った5走前でも太めのシルエット。それ以降のレースでも540キログラムを切れず、いずれも太め残りに見えた。汗をかきやすい時季、中京への輸送で馬体をどこまで絞ってくることができるのか、当日の数字に注目したい。

2018年の有馬記念を勝ったグランプリホースで、2019年には札幌記念を優勝し、秋は凱旋門賞(G1・フランス。芝2400メートル、11着)にも挑戦。昨年はアメリカジョッキークラブCを優勝するなど、現役トップクラスの実績を持っている。しかし、昨年4月の大阪杯で7着に敗れて以降の結果はひと息。得意の中山コースで巻き返しが期待された前走の有馬記念は、競走中に心房細動を発症し、最後の直線で競走中止となった。その有馬記念以来で、今年の始動戦になるのが今回の1戦。心房細動明けという難しいシチューエションから、どこまで立て直しているのかが一番のポイントになるだろう。復活を告げるパフォーマンスを期待したい。

サトノソルタス

牡6歳

調教師:堀宣行(美浦)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:アイランドファッション
  • 母の父:Petionville
ここに注目!

休み明け2走目は〔0・0・0・4〕とひと息の成績だが、4戦中3戦は条件をステップアップさせたレース。今回は負担重量こそハンデから別定へと変わるが、レースの格はGⅢのまま。これなら2走目の上積みのほうを優先させてもいいはずだ。

デビュー2戦目で挑戦した2018年の共同通信杯で2着に好走し、重賞での活躍が期待された本馬も6歳夏を迎えた。1年以上に及ぶ長期休養、休み明けから3戦連続で出走したことが1度もないなど、決して順風満帆とは言えないここまでのキャリア12戦だが、2020年金鯱賞では2着に好走。約4か月ぶりだった前走の新潟大賞典ではゴール前の追い比べに加わり、勝ったサンレイポケットとクビ+クビ差の3着と、その素質が重賞級であることを再認識させている。重賞初制覇が今後の目標と言えるだろう。前述した金鯱賞では2着に入っているが、中京コースは〔0・1・0・4〕と意外に結果を出せていない舞台。この攻略がポイントとなりそうだ。

クラージュゲリエ

牡5歳

調教師:池江泰寿(栗東)

  • 父:キングカメハメハ
  • 母:ジュモー
  • 母の父:タニノギムレット
ここに注目!

しっかりと厩舎で乗り込んで出走してくる馬。今回も1か月前の段階で時計を出している。3か月余りの休み明けとなるが、時季的にも太め残りは考えなくていいだろう。前々走の3着を筆頭に左回りコースでのパフォーマンスは良く、巧者の可能性もありそうだ。

2018年の京都2歳Sを制している重賞勝ち馬で、翌春のクラシックでも皐月賞5着、日本ダービー6着と世代上位の力量を示していた。蟻洞と挫石による2度の長期休養があり、順調にキャリアを積むことができずにいたが、3走前のアンドロメダS(リステッド。阪神・芝2000メートル)でクビ差2着と久々に好走。前々走の日経新春杯でも3着とまずまずの結果を残した。前走の中山記念では3番人気で9着と大敗を喫したが、これは序盤から速いペースで流れた展開に対応できなかったもので、マイペースで運べる条件なら能力に見合ったパフォーマンスを発揮できるはず。久々の重賞制覇が期待できそうだ。

ヒンドゥタイムズ

牡5歳

調教師:斉藤崇史(栗東)

  • 父:ハービンジャー
  • 母:マハーバーラタ
  • 母の父:ディープインパクト
ここに注目!

2か月から3か月程度のレース間隔で出走を続けている馬で、それに伴って少しずつ馬体重も増えていく理想的な過程を描いている。前走時がキャリア最高の478キログラム。これより馬体重が増えていたとしても、それは成長分と考えていいだろう。

母の父がディープインパクトのハービンジャー産駒。前走の大阪城S(リステッド。阪神・芝1800メートル)でオープンクラスでの初勝利を飾ったが、昨年の七夕賞で4着、前々走のチャレンジCでは3着と重賞でも差のないレースはできており、GⅠ馬も出走する今回の1戦でも能力面で引けを取ることはないだろう。本馬の魅力はキャリアを通じて掲示板(5着以内)を外したことが1度もない堅実さで、3着以内を外した3戦はいずれも4着。今回も本馬の特徴がしっかりと生かされそうだ。〔3・1・1・0〕と得意にしている阪神開催でないことは残念だが、中京でも勝ち星をマークしており、マイナス材料にはならないだろう。

ユニコーンライオン

牡5歳

調教師:矢作芳人(栗東)

  • 父:No Nay Never
  • 母:Muravka
  • 母の父:High Chaparral
ここに注目!

530キログラム台の馬体重にふさわしい迫力を持っている馬で、オープンクラスでも見劣りすることはないだろう。休み明け2戦目の前走は、パドックを周回している段階から1度使った上積みの大きさを感じさせていた。この気配を維持できていれば、今回もチャンスだ。

父ノーネイネヴァーは、2015年に急死した名種牡馬スキャットダディの後継として期待されている馬。母の父ハイシャパラルは2002年の英ダービー馬で、代表産駒のソーユーシンクはオーストラリアとヨーロッパのG1で計10勝を挙げた。古馬になっての本格化にも納得の血統で、いかにも海外遠征に積極的な矢作芳人厩舎の管理馬らしい。休養明け2戦目だった前走の3勝クラス・弥彦S(新潟・芝1800メートル)は、同クラスでの好走馬も多いハイレベルなメンバーだったが、早め先頭の積極的な競馬で危なげなく押し切った。底を感じさせないパフォーマンスから、昇級初戦での重賞挑戦でも期待が高まる。

(松浪 大樹)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: