今週の注目レース

ダービーデー馬連 目黒記念(GⅡ)

東京競馬場 2500メートル(芝)ハンデ 4歳以上オープン

出走馬情報

グロンディオーズ

牡6歳

調教師:田村康仁(美浦)

  • 父:ルーラーシップ
  • 母:シェリール
  • 母の父:サンデーサイレンス
ここに注目!

前走のダイヤモンドSで重賞初勝利を決め、豊富なスタミナを証明した。半兄が2013年の本レースをコースレコード(当時)で制したムスカテール(父マヤノトップガン)と、血統的にも期待十分。ここは中心的な存在となる。

前走のダイヤモンドSは中団で脚をため、直線では先に抜け出した1番人気のオーソリティ(2着)を、ただ1頭懸命に追いかけた。勝ちパターンに持ち込んだ実力馬との差をじわじわと詰め、最後はクビ差前に出て優勝。騎乗した三浦皇成騎手は「2着馬を見ながら理想的な競馬でした。動き出しでもたつくところがあるけれど、追いついてくれると信じていました」と振り返った。3年前の菊花賞後に屈腱炎を発症。約1年8か月もターフを離れたが、陣営の懸命なケアにより初タイトルまでたどり着いた。これで東京は5戦4勝。唯一の敗戦も長期休養明けの1戦なら度外視できる。若駒時代、陣営はそのポテンシャルに大きな夢を見た。復活を遂げた素質馬の逆襲が始まる。

ナムラドノヴァン

牡6歳

調教師:杉山晴紀(栗東)

  • 父:ディープブリランテ
  • 母:パンカティリオ
  • 母の父:Kingmambo
ここに注目!

3着以内に好走した計8回は全て2200メートル以上。芝3000メートルのオープン特別・万葉S(中京)で1着、阪神大賞典では3着に入っており、そのスタミナは本物だ。力を出し切るようなタフな展開になれば、終いは確実に伸びてくる。

GⅠ初挑戦となった前走の天皇賞(春)は後方から進出したが、直線で脚を伸ばすことができず9着。コースレコード決着になった厳しいペースに戸惑い、追走に苦しんだ印象だ。騎乗した内田博幸騎手はレース後に「58キログラムの斤量がこたえて動きたいところで動けなかったです。でも、長い距離自体は合っています」と話していた。前々走の阪神大賞典は勝ったディープボンドにこそ離されたが、重賞3勝馬ユーキャンスマイルからは0秒1差の3着に好走。GⅡなら十分に上位争いに加われる能力を備えている。目黒記念はスタミナを問われる消耗戦となる傾向があるレース。3000メートル戦での勝ち星がある本馬が活躍できる舞台だろう。

アドマイヤポラリス

牡5歳

調教師:友道康夫(栗東)

  • 父:ジャスタウェイ
  • 母:ソングオブサイレンス
  • 母の父:Unbridled's Song
ここに注目!

2勝クラス(阪神・芝2400メートル)、3勝クラス・サンシャインS(中山・芝2500メートル)を連勝中。もともと安定感があるタイプだったが、ここに来て本格化を果たした印象だ。初の東京コースをクリアできれば、ここでも面白い存在になる。

前走の3勝クラス・サンシャインSは、後方からじわじわとポジションを押し上げて直線勝負へ。粘るサトノラディウス(2着)を目標に末脚を伸ばし、最後は1/2馬身差し切った。騎乗した福永祐一騎手は「コーナーでの加速が鈍くて少しヒヤッとしましたが、最後まで頑張ってくれました。直線は長いほうが合っているかもしれません」と説明したように、東京コースへ替わるのは歓迎だろう。目を見張るのはキャリア17戦中15戦で3着以内を確保している安定感で、近3戦が2400メートル以上とスタミナも確か。さらに、スタートが安定したことで、以前よりレースの流れに乗れるようになった。昇級初戦となるここでも楽しみが大きい。

ミスマンマミーア

牝6歳

調教師:寺島良(栗東)

  • 父:タニノギムレット
  • 母:サンデーメモリー
  • 母の父:サンデーサイレンス
ここに注目!

前走のオープン特別・大阪―ハンブルクC(阪神・芝2600メートル)では、上がり3ハロン33秒0(推定)の強烈な決め手を発揮し、コースレコードで勝利。3走前の日経新春杯も2着に好走しており、ここでも上位争いが可能だろう。

前走のオープン特別・大阪―ハンブルクCは、後方待機から直線で一気に加速。厳しい位置取りにも見えたが、他馬とは明らかに違う脚で差し切り、2分35秒1のタイムで駆け抜けた。これが芝2600メートル戦のJRAレコードで、従来の記録を0秒7も更新する快走だった。騎乗した福永祐一騎手は「以前と比べて馬が良くなっていました。右にモタれながらの走りだったので、左回りのほうがベターだと思います」と話していた。ここは得意の左回り、速い時計の出やすい東京・芝コースで、さらに前進がありそう。デビューが門別のダート1200メートルという異例のキャリアで、馬名の由来はイタリア語で「なんてこった」。ここも常識を覆す走りで初のJRA重賞タイトルを手にしたい。

ヒートオンビート

牡4歳

調教師:友道康夫(栗東)

  • 父:キングカメハメハ
  • 母:マルセリーナ
  • 母の父:ディープインパクト
ここに注目!

2011年の桜花賞を制したマルセリーナを母に持つ良血馬。半兄ラストドラフト(父ノヴェリスト)は目黒記念と同舞台の2020年アルゼンチン共和国杯で2着に好走しており、本馬も高いコース適性を秘めているかもしれない。重賞初挑戦でもチャンスは十分だ。

前走のオープン特別・大阪―ハンブルクC(阪神・芝2600メートル)は、勝ったミスマンマミーアとタイム差なしの2着。直線で先に抜け出して目標にされた形なら、“負けてなお強し”と言えるだろう。左回りは過去2戦しか経験がないが、2勝クラス・小牧特別3着、3勝クラス・美濃S(共に中京・芝2200メートル)1着と好走しているのは心強い。この中間の調教では抜群の動きを連発。19日の1週前追い切りでも川田将雅騎手を背に豪快に伸びた。キャリア13戦中10戦で3着以内に好走し、そのうち9戦で連対という安定感。母マルセリーナから受け継いだポテンシャルは本物で、いつ重賞タイトルを手にしても不思議はない。

アイスバブル

牡6歳

調教師:池江泰寿(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:ウィンターコスモス
  • 母の父:キングカメハメハ
ここに注目!

一昨年、昨年の本レースで2着に好走。近走は成績を落としているが、このレースなら無視はできない。前走のメトロポリタンS(リステッド。東京・芝2400メートル、7着)で復調の兆しを見せており、復活が期待される。

昨年の目黒記念は中団から鋭く迫ったが、1着キングオブコージに惜しくも1/2馬身及ばず、2年連続での2着に泣いた。騎乗したD.レーン騎手は「うまく折り合っていけました。最後は差し切ってくれると思いましたが、勝ち馬とは1キログラム重いハンデの差でしょう」と肩を落としていた。昨年の本レースは、6連敗後に突如復活しての好走。その後も5戦続けて掲示板(5着以内)を外しているが、この舞台なら甘くみることはできない。何より、前走のメトロポリタンS(リステッド)は、7着でも勝ち馬とは0秒6差。1秒以上負けていた2、3走前から前進を見せた。ハンデは昨年と同じ55キログラム。3度目の正直で今年こそ勝ち切ってみせる。

ゴールドギア

牡6歳

調教師:伊藤圭三(美浦)

  • 父:ロードカナロア
  • 母:ギンザボナンザ
  • 母の父:ゼンノロブロイ
ここに注目!

母は2010年の桜花賞トライアル・アネモネSを勝ったギンザボナンザ。本馬は休み明けの前走・メトロポリタンS(リステッド。東京・芝2400メートル)を豪快に差し切って勝利。昨年の本レースは勝ち馬から0秒6差の5着だったが、磨きをかけた末脚でリベンジを果たしたい。

前走のメトロポリタンS(リステッド)は、後方追走から鋭く伸び、メンバー中最速の上がり3ハロン33秒9(推定)の脚でまとめて差し切った。騎乗した田辺裕信騎手は「リフレッシュして馬が良くなっていました。急かさないように運び、4コーナーで前を射程圏に入れることができました」と、納得の表情を浮かべた。休み明けを1度使い、この中間も好状態をキープ。19日の1週前追い切りはコーナーでスッと加速し、直線もスパッと切れた。昨年の目黒記念は5着に敗戦。武器の末脚で一気に迫ろうとしたところで前が壁になり、不完全燃焼の競馬に終わっている。そのリベンジを期す一戦。充実ぶりが目を引く今年も直線で伸びてくるはずだ。

サトノルークス

牡5歳

調教師:池江泰寿(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:リッスン
  • 母の父:Sadler's Wells
ここに注目!

全姉が2015年ローズS1着、エリザベス女王杯3着のタッチングスピーチという良血馬。本馬も2019年菊花賞で2着に入った実績が光る。菊花賞後は6戦して勝利こそないが、きっかけさえつかめば一変の素質を秘めている。

2019年菊花賞では、先日の天皇賞(春)も制した勝ち馬ワールドプレミアとタイム差なしの2着に好走したように、長距離戦への適性は疑いようがない。惜しむらくは、その後に左前膝の骨折が判明し、長期休養を余儀なくされたこと。復帰後は6戦に出走したが、3歳時のような走りはできていない。だが、陣営が「骨折後で一番の出来」とコメントしていた前走のメトロポリタンS(リステッド。東京・芝2400メートル)は、光明が差す一戦だった。それまでに見せていた自らレースを止めるような面がなく、最後まで懸命な走りで勝ち馬から0秒6差の6着。体調面に加え、メンタル面でも前進が見られた。その素質を持ってすれば、いつ輝きを取り戻しても不思議はない。

(高木 翔平)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: