今週の注目レース

3歳重賞馬連 NHKマイルカップ(GⅠ)

東京競馬場 1600メートル(芝)定量 牡・牝 3歳オープン

出走馬情報

グレナディアガーズ

牡3歳

調教師:中内田充正(栗東)

  • 父:Frankel
  • 母:ウェイヴェルアベニュー
  • 母の父:Harlington
ここに注目!

昨年の朝日杯フューチュリティSを1分32秒3の2歳コースレコードで優勝。14戦無敗の名馬フランケルは種牡馬としても優秀で、JRAでデビューした数少ない産駒の中から、本馬も含めて3頭のGⅠ馬を送り出している。父の高い潜在能力を受け継いでおり、3歳マイル王の座は譲れない。

デビュー3戦目の未勝利(阪神・芝1400メートル)を、同日のファンタジーSの勝ち時計と0秒3差の1分20秒4の好タイムで初勝利。続く朝日杯フューチュリティSは、ハイペースのなか3番手追走の正攻法からラスト200メートルで先頭へ躍り出ると、ステラヴェローチェ(2着)の追い上げを振り切ってビッグタイトルを獲得した。3歳初戦となった前走のファルコンSは、抜群の手応えで2番手を進み、直線は逃げたルークズネスト(1着)との激しい追い比べ。最後はアタマ差競り負けたものの、勝ち馬より1キログラム重い57キログラムを背負い、3着以下に2馬身1/2差なら“負けてなお強し”の2着だった。ここを目標に中間の調整過程も順調。万全の仕上がりで臨めそうだ。

シュネルマイスター

牡3歳

調教師:手塚貴久(美浦)

  • 父:Kingman
  • 母:Serienholde
  • 母の父:Soldier Hollow
ここに注目!

ヨーロッパのマイル級G1を4勝した父キングマンから、優れたスピードと瞬発力を受け継いだ素質馬。前走の弥生賞ディープインパクト記念で2着に入り、皐月賞の優先出走権を獲得しながらも、距離適性を重視してNHKマイルCに照準を合わせてきた。

昨年9月のメイクデビュー札幌(芝1500メートル)は、スタートで後手を踏むも、直線で力強く抜け出して快勝。3か月半の休み明けとなった前々走の1勝クラス・ひいらぎ賞(中山・芝1600メートル)では、4コーナーで馬群に包まれながら、直線で進路を確保すると弾けるように突き抜けて3馬身差で圧勝した。前走の弥生賞ディープインパクト記念は、大外枠(8枠10番)からジワッと2番手をキープ。タイトルホルダーの逃げ切り勝利を許したものの、ダノンザキッド(3着)の追い上げはクビ差しのいで2着でゴールした。デビュー時から馬体重が20キログラム増えているように成長力豊かで、父の実績を踏まえれば距離もマイル前後がベスト。前走以上のパフォーマンスが期待できそうだ。

バスラットレオン

牡3歳

調教師:矢作芳人(栗東)

  • 父:キズナ
  • 母:バスラットアマル
  • 母の父:New Approach
ここに注目!

芝2000メートルの京都2歳S(6着)を除けば掲示板(5着以内)を外さない安定感を誇り、前走のニュージーランドTでは重賞タイトルを獲得した。キャリアを重ねるごとに地力をつけ、左回りコースも中京(シンザン記念3着)で経験済み。GⅠでも有力候補に挙げられる。

昨年12月の朝日杯フューチュリティSは好位を進み、直線もしぶとく脚を伸ばして2歳コースレコード決着の4着に健闘。3歳初戦のシンザン記念3着を経て、前々走の1勝クラス(阪神・芝1600メートル)では、断然の1番人気に応えて鮮やかな逃げ切り勝ちを決めた。前走のニュージーランドTも、好スタートから先手を主張。前半800メートル通過タイム46秒7のマイペースに持ち込むと、メンバー中最速の上がり3ハロン34秒6の脚で後続を5馬身突き放し、1分33秒1の好タイムで圧勝した。近走の充実ぶりは目を見張るものがあり、キャリア7戦で培ってきた豊富な経験も強み。3勝全てが逃げ切りだけに、ここも展開の鍵を握る本馬の動向から目が離せない。

ホウオウアマゾン

牡3歳

調教師:矢作芳人(栗東)

  • 父:キングカメハメハ
  • 母:ヒカルアマランサス
  • 母の父:アグネスタキオン
ここに注目!

前走のアーリントンCを快勝。母ヒカルアマランサスは京都牝馬Sで重賞タイトルを獲得し、ヴィクトリアマイルでは2着に入った活躍馬で、2010年、2011年リーディングサイヤーのキングカメハメハを配した血統背景は一級品だ。勝った勢いに乗ってGⅠ制覇を狙う。

3走前のデイリー杯2歳Sは、レッドベルオーブとの追い比べでわずかに競り負けたが、2歳コースレコード決着(当時)の2着に好走。続く前々走の朝日杯フューチュリティSは、直線で伸びを欠いて9着に敗れた。約4か月の休養明けとなった前走のアーリントンCは、好スタートを決めて、ジワッと2番手をキープ。重馬場をものともせず、直線半ばで先頭に躍り出ると、後続の追い上げを危なげなく振り切って初重賞タイトルを獲得した。騎乗した川田将雅騎手は「以前よりも馬っぷりが良くなっていましたし、返し馬でもあらためて成長を感じました」と高評価だった。休み明けを1度使った上積みが見込める今回、持ち味の機動力を生かすことができれば、上位争いになりそうだ。

ルークズネスト

牡3歳

調教師:浜田多実雄(栗東)

  • 父:モーリス
  • 母:ヴィラ
  • 母の父:ディープインパクト
ここに注目!

前々走のシンザン記念では4コーナー7番手から2着まで追い上げ、前走のファルコンSは鮮やかな逃げ切り勝ちと、展開に左右されない自在性を兼備。父モーリス譲りのスピードを生かして、上位進出を目指す。

デビュー3戦目の未勝利(阪神・芝1600メートル)をクビ差で勝利。続くシンザン記念はスタートがひと息で、道中も鞍上がなだめながらの追走だったが、直線は一完歩ごとに差を詰め、ゴール寸前でバスラットレオン(3着)を捕らえて2着に入った。約2か月半の休み明けとなった前走のファルコンSは、最内枠から二の脚を利かせて先手を主張。ハイペースのなか、直線はグレナディアガーズ(2着)との激しい追い比べから、1度は前に出られながらも最後は差し返し、1分20秒1の好タイムで初の重賞Vを達成した。今回は200メートルの距離延長で折り合い面が課題になるが、本来のパフォーマンスを発揮できれば、ビッグタイトルに手が届いても不思議はない。

ピクシーナイト

牡3歳

調教師:音無秀孝(栗東)

  • 父:モーリス
  • 母:ピクシーホロウ
  • 母の父:キングヘイロー
ここに注目!

前走のアーリントンCは重馬場も影響したのか4着に敗れたが、前々走のシンザン記念ではのちの重賞勝ち馬2頭(2着ルークズネスト、3着バスラットレオン)を退けて快勝。休み明けの前走を1度使った上積みが見込め、GⅠでも遜色のない競馬ができそうだ。

3歳初戦となった前々走のシンザン記念は、好スタートから先手を奪うと、速い流れを力強く押し切り、1分33秒3の好タイムで重賞初制覇を達成した。前走のアーリントンCも、好スタートからハナに立つが、重馬場のタフなコンディションのなか淀みのない流れだったこと加え、勝ったホウオウアマゾンにピタリとマークされる厳しい展開。直線半ばで競り落とされたが、それでも最後までしぶとく踏ん張って勝ち馬から0秒4差の4着なら、レース内容は悪くないだろう。ここ2戦は逃げているが、展開に左右されない自在性を持つ。雄大なフットワークから、広い東京コースもプラス材料だろう。

タイムトゥヘヴン

牡3歳

調教師:戸田博文(美浦)

  • 父:ロードカナロア
  • 母:キストゥヘヴン
  • 母の父:アドマイヤベガ
ここに注目!

桜花賞馬キストゥヘヴンの産駒は気性の難しさがあり、精神面が出世を妨げているが、本馬は前走のニュージーランドTで、シャドーロールとチークピーシーズ着用に加え、距離短縮も功を奏して2着に好走した。GⅠのメンバーに入ってもポテンシャルは引けを取らない。

デビュー3戦目の未勝利(中山・芝2000メートル)を、同日のホープフルSの勝ち時計に0秒2差の好タイム(2分03秒0)で勝ち上がると、続く京成杯ではスローペースを逃げ粘って2着に好走した。前々走の弥生賞ディープインパクト記念は、3番手追走から直線で集中力が途切れて6着。前走のニュージーランドTは、平均ペースで馬群が固まり、外枠(8枠15番)で外を回るロスがありながらも、最後までしぶとく脚を伸ばして2着に入り、マイル適性の高さを証明した。メイクデビュー東京(芝1800メートル)で4着に敗れたように、瞬発力勝負ではやや分が悪いが、キャリアを重ねるごとに地力をつけており、立ち回りのうまさを生かして上位進出を目指す。

ソングライン

牝3歳

調教師:林徹(美浦)

  • 父:キズナ
  • 母:ルミナスパレード
  • 母の父:シンボリクリスエス
ここに注目!

前走の桜花賞(15着)は、鞍上の池添謙一騎手が「外枠(8枠16番)からいいポジションを取れたと思ったところで他の馬に寄られ、気持ちが切れてしまいました」と語ったように敗因は明らかで、度外視できるだろう。牡馬相手でもスピードの絶対値は見劣りしない。

昨年6月のメイクデビュー東京(芝1400メートル)は、クールキャット(その後フローラSを優勝)の2着に敗れたが、約5か月の休養を挟み、14キログラム増で馬体がひと回り成長した2戦目の未勝利(東京・芝1600メートル)を3馬身差で快勝した。前々走の紅梅S(リステッド。中京・芝1400メートル)は、ジワッと前に取りついて先行集団を追走。直線は馬群の中から豪快に突き抜け、1分20秒6の好タイムで連勝を飾った。前走の桜花賞は15着に敗れたが、3コーナー手前で他の馬に寄られて戦意喪失したもので、力負けではない。過去5年の本レースで、桜花賞からの臨戦組はメジャーエンブレム、アエロリットが優勝。昨年はレシステンシアが2着に入っており、本馬も侮れない。

(京増 真臣)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: