今週の注目レース

読売マイラーズカップ(GⅡ)

阪神競馬場 1600メートル(芝・外)別定 4歳以上オープン

データ分析

今年は仁川で安田記念の前哨戦

春のマイル王者を決する安田記念の前哨戦となるこの一戦は、京都競馬場整備工事に伴い今年は阪神競馬場に舞台を替えて行われる。例年の京都開催開幕週と違い、今年は2月中旬から続く阪神開催の11週目にあたるため、馬場状態なども気になるところだろう。ここでは2012年から2020年の京都開催と2011年の阪神開催をあわせた過去10年のレース結果から、好走馬の傾向を探ってみたい。

前走が芝マイル戦以外だった馬が勝率・連対率で勝る

過去10年の前走の距離別成績をまとめると、芝1600メートル戦から当レースに臨んできた馬が全出走馬延べ149頭のうち96頭と半数以上を占めているものの、優勝はわずか2回だけ。優勝馬に限ればマイル以外の距離から臨んできた馬の方が圧倒的に多い。ただし、3着馬10頭は全て前走が芝1600メートルだった。この辺りの偏りは予想する上で参考にしたいところだ。〔表1〕

〔表1〕前走の距離別成績(過去10年)
前走の距離 成績 勝率 連対率 3着内率
芝1200m 0-0-0-7 0% 0% 0%
芝1400m 2-3-0-7 16.7% 41.7% 41.7%
芝1600m 2-6-10-78 2.1% 8.3% 18.8%
芝1800m 3-1-0-7 27.3% 36.4% 36.4%
芝2000m以上 3-0-0-13 18.8% 18.8% 18.8%
ダートのレース 0-0-0-7 0% 0% 0%

近走で1着がある馬に注目

3走前までにJRAのレースで勝利した経験のある馬とない馬とでは、経験のある馬が3着以内馬延べ30頭中22頭を占め、好走率でも大きく上回っている。2016年の優勝馬クルーガー(3走前に2勝クラス、2走前に3勝クラスを1着)のように、勝利したレースのクラスを問わず、まずは近走で1着がある馬を重視すべきといえそうだ。〔表2〕

〔表2〕3走前までにJRAのレースを勝利した経験の有無別成績(過去10年)
経験の有無 成績 勝率 連対率 3着内率
あり 7-7-8-42 10.9% 21.9% 34.4%
なし 3-3-2-77 3.5% 7.1% 9.4%

下位人気馬も軽視は禁物

単勝人気別成績では、優勝馬は1番人気から8番人気までの幅広い範囲から出ている。3着内率では1番人気が70.0%と高くなっている。また、6番人気から9番人気の馬が3着以内に7頭入っているように、下位人気馬の軽視は禁物だろう。〔表3〕

〔表3〕単勝人気別成績(過去10年)
単勝人気 成績 勝率 連対率 3着内率
1番人気 2-2-3-3 20.0% 40.0% 70.0%
2番人気 1-1-2-6 10.0% 20.0% 40.0%
3番人気 3-0-1-6 30.0% 30.0% 40.0%
4番人気 1-0-1-8 10.0% 10.0% 20.0%
5番人気 1-3-0-6 10.0% 40.0% 40.0%
6番人気〜9番人気 2-3-2-33 5.0% 12.5% 17.5%
10番人気以下 0-1-1-57 0% 1.7% 3.4%
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

過去3走のGⅠ実績に注目

2017年以降の優勝馬4頭は、いずれも過去3走においてGⅠで6着以内に入っていた。近走でGⅠに出走してある程度上位の着順に入っていた馬には、大いに注目してみたい。〔表4〕

(河野 道夫)

〔表4〕優勝馬が過去3走で6着以内に入っていたGⅠ(過去4年)
年度 優勝馬 過去3走で6着以内に入っていたGⅠ
2017年 イスラボニータ マイルチャンピオンシップ2着
2018年 サングレーザー マイルチャンピオンシップ3着
2019年 ダノンプレミアム 日本ダービー6着
2020年 インディチャンプ マイルチャンピオンシップ1着

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: