今週の注目レース

3歳重賞馬連 サンケイスポーツ賞フローラステークス(GⅡ)

東京競馬場 2000メートル(芝)馬齢 (牝) 3歳オープン

出走馬情報

ユーバーレーベン

牝3歳

調教師:手塚貴久(美浦)

  • 父:ゴールドシップ
  • 母:マイネテレジア
  • 母の父:ロージズインメイ
ここに注目!

半兄に2019年函館記念2着のマイネルファンロン(父ステイゴールド)がいる血統背景。本馬は昨夏の札幌2歳Sでソダシとタイム差なしの2着に好走し、阪神ジュベナイルフィリーズも3着確保と、世代トップクラスの能力を示してきた。ここは中心的存在になる。

1番人気に推された前走のフラワーCは3着。後方追走から勝負に出たが、好位から抜け出したホウオウイクセル(1着)を捕らえることはできず。外を回った分、差し届かなかった。騎乗した丹内祐次騎手は「真面目に一生懸命走ってくれましたし、この馬のレースはできました。折り合いはバッチリなタイプなので、距離はもっと長くてもいいかもしれません」と話していた。メイクデビュー東京(1着)、札幌2歳S(2着)と芝1800メートル戦で2連対。距離が延びていいタイプなのは明白で、前走後は桜花賞を見送ってオークスに照準を合わせてきた。収得賞金的にも、ここで2着以内に入って優先出走権を手にしておきたい。

オヌール

牝3歳

調教師:友道康夫(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:アヴニールセルタン
  • 母の父:Le Havre
ここに注目!

鋭い決め手とセンスの良さでメイクデビュー阪神、1勝クラス・アルメリア賞(ともに阪神・芝1800メートル)を連勝。仏オークス馬アヴニールセルタンを母に持つ血統背景から、距離延長も歓迎だろう。

前走の1勝クラス・アルメリア賞は内容十分。3、4番手の外を追走し、上がり3ハロン32秒7(推定)の豪脚で差し切った。先行しながらメンバー中2位の上がりを使ったことからも、価値は大きかった。騎乗した武豊騎手は「2戦目でさらに良くなっていました。レースが上手で着差以上に強かったです」と素質を絶賛した。同じ友道康夫厩舎で管理される全姉デゼルは、4月10日の阪神牝馬Sを豪快に追い込んでV。その姉はデビュー2連勝で挑んだ昨年のオークスで11着と敗れたが、2番人気の高い支持を受けていた。フランスでG1を2勝した母アヴニールセルタンも強烈な末脚で鳴らした追い込み型で、父はディープインパクト。両親から受け継いだ一級品の末脚を武器に、大舞台まで駆け上がる。

ウインアグライア

牝3歳

調教師:和田雄二(美浦)

  • 父:マツリダゴッホ
  • 母:ウインアルテミス
  • 母の父:Arch
ここに注目!

牡馬を相手にした前走の若駒S(リステッド。中京・芝2000メートル)を勝利。母系はアメリカに祖を持ち、重馬場をパワフルに駆け抜けた前走からも、馬場コンディションを問わないタイプだ。2000メートルの距離はクリア済みで、距離への不安も少ない。

紅一点で出走した前走の若駒S(リステッド)を勝利。牝馬の同レース勝利は1996年ヒシナタリー以来25年ぶりのことだった。好位から鋭く抜け出した内容も見どころ十分。2着ヴァリアメンテが先週の1勝クラスを勝ち上がり、3着グロリアムンディも次戦のすみれS(リステッド)で2着と、レースレベルも高かった。騎乗した和田竜二騎手は「跳びが大きいので、道悪はどうかと思っていたけれど、展開が向きました。決め手勝負じゃなかったのもよかったです」とコメント。管理する和田雄二調教師は「1600メートルは忙しいイメージがあったので、2000メートルを使いました。思った通りでしたね」と笑顔を見せた。メンバー中唯一の3勝馬。重賞では2戦2敗も、ともにマイル戦なら参考外でいい。

パープルレディー

牝3歳

調教師:奥村武(美浦)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:メリッサ
  • 母の父:ホワイトマズル
ここに注目!

母は2010年の北九州記念を勝利し、セントウルSでも3着に入った活躍馬。きょうだいも短距離路線で活躍した馬が多いが、本馬は前走で芝2400メートルの1勝クラス・ゆりかもめ賞(東京)を快勝した。ここも勝ってオークスの大舞台を目指す。

紅一点での出走だった前走の1勝クラス・ゆりかもめ賞を豪快に差し切って勝利。9頭立てながら、最後方から馬群を割るように、メンバー中最速の上がり3ハロン34秒2(推定)の末脚で駆け抜けた。騎乗した田辺裕信騎手は「調教で気が入ってカリカリしていたので、距離を心配したけれど、レースでは落ち着いて走れていました」と納得の口ぶり。管理する奥村武調教師も「体つきやフォームから、2000メートル以上しか使わないと決めていました。この後もオークス一本に絞ります」と話し、短距離血統にとらわれない距離適性を見極めていた。2018年のゆりかもめ賞を制したブラストワンピースは同年末の有馬記念をV。長距離GⅠの登竜門をクリアした本馬にかかる期待も大きい。

クールキャット

牝3歳

調教師:奥村武(美浦)

  • 父:スクリーンヒーロー
  • 母:メジロトンキニーズ
  • 母の父:ダンスインザダーク
ここに注目!

半兄に2018年小倉大賞典、小倉記念、2020年中山金杯を勝ったトリオンフ(父タートルボウル)がいる良血馬。本馬はアルテミスS、フラワーCでともに勝ち馬と小差の5着に善戦している。強烈な末脚を武器に、ここで重賞初勝利を目指す。

アルテミスSがソダシの5着、フェアリーSがファインルージュの10着という成績だが、この勝ち馬2頭は先日の桜花賞でも1、3着。本馬は1勝馬ながら、戦ってきた相手はかなり骨っぽい。前走のフラワーCは、後方からメンバー中最速の末脚を繰り出したものの5着まで。それでも管理する奥村武調教師に悲観の色はなく「勝負どころでスムーズさを欠きました。1回下げて外に出すシーンがあったので、ロスがなければ勝ち負けになったと思います」と、敗因を分析していた。半兄トリオンフが芝2000メートルのレースで4勝。コースレコードVの2018年小倉記念、2020年中山金杯の重賞勝ちが含まれており、本馬も距離延長への不安は少ない。ここでオークスの優先出走権をゲットしたい。

オメガロマンス

牝3歳

調教師:斎藤誠(美浦)

  • 父:ハーツクライ
  • 母:オメガスピリット
  • 母の父:スピニングワールド
ここに注目!

全姉に2014年桜花賞3着、オークス1着と牝馬クラシックで活躍したヌーヴォレコルトがいる良血馬。本馬は前走の1勝クラス・ミモザ賞(中山・芝2000メートル)で6着に敗れたが、前週のフラワーCへの出走が抽選の結果かなわず、調整の難しさもあったようだ。ここで巻き返したい。

前走の1勝クラス・ミモザ賞は2番人気で6着。勝負どころでスムーズさを欠く運びで、上位争いには加われなかった。管理する斎藤誠調教師は「デビュー前から課題にしていた、右にモタれる面が出てしまいました。馬場の荒れたところを走っていましたし、全く力を出せていません」と敗因を挙げていた。美浦トレーニング・センターに在厩して調整されている中間の動きは、まさに抜群。1週前追い切りでは、すでにオープンクラス入りしている同厩舎のバクシンに軽々と先着してみせた。ここを勝って、いざ姉の制したオークスの舞台へ。東京開幕週の走りやすい馬場コンディションも歓迎で、秘めるポテンシャルが全開の予感だ。

スノークォーツ

牝3歳

調教師:大竹正博(美浦)

  • 父:ゴールドシップ
  • 母:サビアーレ
  • 母の父:Capote
ここに注目!

半兄が2013年日経新春杯(1着)、日経賞(2着)のカポーティスター(父ハーツクライ)という骨っぽい血統。本馬はメイクデビュー東京(芝2000メートル)を好位からしぶとく競り勝ち、実戦向きの走りをアピールした。重賞でも十分に通用しそうだ。

昨年11月のメイクデビュー東京は、中団追走から直線で馬群を割って残り150メートル付近で先頭に立ち、最後は粘るジェニーアムレット(2着)をクビ差振り切った。その2着馬もすぐに次戦を勝ち上がっており、レースレベル自体も評価できる。騎乗した池添謙一騎手は「返し馬ではうるさくしていましたが、ゲートでは落ち着きました。反応も良かったですし、いい内容だったと思います」と納得の表情。管理する大竹正博調教師は「びっくりしました。目立たないタイプだけに、いい意味で裏切られました」と、実戦向きの走りに目を丸くしていた。その後は脚元の不安で間隔が空いたが、ここに来て出走態勢は整いつつある。調教では目立っていなくとも、レースでは無視できないタイプだ。

ジェニーアムレット

牝3歳

調教師:加藤征弘(美浦)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:ソーメニーウェイズ
  • 母の父:Sightseeing
ここに注目!

昨年11月のメイクデビュー東京(芝2000メートル)は2着だったが、前走の未勝利(東京・芝2400メートル)を4馬身差で快勝した。アメリカのG1スピナウェイSを制したソーメニーウェイズを母に持つ血統にも注目したい。

武器はそのスピードと自在性。キャリア2戦ともにハナを奪い、ペースをコントロールしてきた。特に前走の未勝利は、中盤で先頭を譲る形になっても、きっちり2番手から伸びて快勝。味のある競馬で、レースセンスの高さがうかがえた。今回は400メートルの距離短縮となるが、東京・芝2000メートルの新馬戦で勝ち馬スノークォーツと差のない2着に好走しており、不安は少ない。フローラSは新興勢力の台頭が顕著なレース。過去10年の勝ち馬のうち6頭がオープンクラス初挑戦だった。むしろ、勝ち馬10頭中9頭が当てはまる“前走勝利”の項目が頼もしい。中間の調整では、格上の古馬相手の併せ馬で鋭い動きを披露。勢いのままに重賞タイトルを手にしても驚けない。

(高木 翔平)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: