今週の注目レース

3歳重賞馬連 桜花賞(GⅠ)

阪神競馬場 1600メートル(芝・外)定量 (牝) 3歳オープン

出走馬情報

ソダシ

牝3歳

調教師:須貝尚介(栗東)

  • 父:クロフネ
  • 母:ブチコ
  • 母の父:キングカメハメハ
ここに注目!

速い上がりや、速い全体時計を要求される馬場コンディションに対応した近2走の内容は秀逸だったが、本馬の持ち味はタフな馬場も苦にしないパワー。馬場を問わない点は大きな強みだ。今年初戦が桜花賞というローテーションも予定通りで、死角は少ない。

白毛という視覚的なインパクトの強さから常に注目を集めてきた馬だが、能力の高さもそれと同等のものを持っており、昨年は阪神ジュベナイルフィリーズを含む重賞3勝をマーク。デビューから4戦4勝の完璧な成績で、JRA賞最優秀2歳牝馬も受賞した。ダートでの活躍を連想させる父クロフネ、母ブチコの配合を持つ本馬を芝でデビューさせた陣営の選択があってこその好結果と言えるだろう。さらなる高みを目指す3歳シーズンの初戦がクラシック初戦の桜花賞となるが、栗東トレーニング・センターに帰厩するタイミング、調教での負荷のかけ方も当初のスケジュール通り。華やかな舞台で、さらにスケールアップした女王のパフォーマンスを目に焼き付けたい。

サトノレイナス

牝3歳

調教師:国枝栄(美浦)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:バラダセール
  • 母の父:Not For Sale
ここに注目!

前走時は、阪神競馬場への長距離輸送でも馬体重の大きな増減はなし。初遠征でもテンションが上がらずレースに臨めたことは今回に生きてくるだろう。ゴール前の急坂で勢いを増した前走の内容から、ペースの速いタフな展開になったほうがチャンスも広がりそうだ。

昨年の弥生賞ディープインパクト記念を制したサトノフラッグを全兄に持つ良血馬で、デビュー前から高い注目を集めていた。デビュー戦から約4か月の間隔で臨んだ1勝クラス・サフラン賞(中山・芝1600メートル)を勝ち、約2か月ぶりの阪神ジュベナイルフィリーズでも勝ったソダシとハナ差の2着。3戦2勝、2着1回で終えた2歳シーズンの成績はほぼ完璧で、ソダシと並ぶレベルの能力を持っていると考えていいだろう。レース運びの上手なライバルに対し、こちらはディープインパクト産駒らしい瞬発力が最大の武器。決め手を競う状況になれば、逆転があっても不思議はない。レース間隔が空いても能力発揮に支障がなく、今回も休み明けが不安材料になることはないだろう。

アカイトリノムスメ

牝3歳

調教師:国枝栄(美浦)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:アパパネ
  • 母の父:キングカメハメハ
ここに注目!

“出世レース”と言われているクイーンCだが、クイーンC勝ち馬と桜花賞馬との関連は薄く、1番人気に支持された2016年メジャーエンブレムも4着に敗れている。東京競馬場での勝ち星しかない本馬にとって初の関西遠征。この克服もポイントとなるだろう。

父は三冠馬でGⅠを7勝したディープインパクト、母が牝馬三冠を制したアパパネ。日本競馬を象徴するような配合は初仔のモクレレから続いており、2番仔のジナンボーは重賞で2着2回の実績を残しているが、重賞制覇は4番仔である本馬のクイーンCが初めてだった。初の牝馬に出たことが大きかったのか、全兄3頭のような気性の難しさや、パワー型になることもなく、父や母が持っていたスピードと切れを感じさせる内容で、デビュー2戦目の未勝利(東京・芝1600メートル)から3連勝。直線で早めに先頭に立ち、そのまま押し切ったクイーンCは特に強いレースだった。血統的な魅力の大きさにパフォーマンスも伴っている本馬には、母仔桜花賞制覇の期待がかかる。

メイケイエール

牝3歳

調教師:武英智(栗東)

  • 父:ミッキーアイル
  • 母:シロインジャー
  • 母の父:ハービンジャー
ここに注目!

前に馬を置いても折り合いがつかず、途中からハナに立った前走のレース内容を踏まえ、陣営がどのような作戦を練ってくるかが一番の注目ポイント。ただ、前走時もパドックや返し馬ではテンションの高さを見せなかったため、レース前に判断がつかない難しさはある。

前走のチューリップ賞で重賞3勝目をマーク。3走前のファンタジーS(1着)では1分20秒1の2歳コースレコードをマークし、唯一の敗戦となった前々走の阪神ジュベナイルフィリーズでも勝ったソダシから0秒2差の4着だった。5戦4勝の戦績は高く評価すべきもので、今回のメンバーでも上位の実績を挙げている。ただ、前走のチューリップ賞(1着同着)でも露呈した折り合い面の課題については、本番直前になっても解消されないまま。スプリンターとしての適性がありながら精神面のコントロールができていた父ミッキーアイルと違い、走ることに前向きな気性が強く出ている印象だ。持っている能力の高さを生かせるかどうかが、好走の鍵になる。

エリザベスタワー

牝3歳

調教師:高野友和(栗東)

  • 父:Kingman
  • 母:Turfdonna
  • 母の父:Doyen
ここに注目!

500キログラムを超える馬格から繰り出すフットワークは迫力満点。パドックでも目立つタイプの馬だが、一方でコントロールの難しさは解消されていない。相手強化もポイントではあるが、本馬に関しては自分の能力を出せるかどうかのほうが大事だろう。

父はヨーロッパのマイルG1を4勝したキングマン。母の父はキングジョージⅥ世&クイーンエリザベスS(G1・イギリス)を勝ったドワイエン。スピードとスタミナを兼備した血統構成で、それは「心肺能力に優れた馬」という陣営の評価にも合致するもの。粗削りではあるが、素質は相当なものだろう。それは3戦2勝のキャリアの中にも表れている。1番人気に支持された前々走のエルフィンS(リステッド。中京・芝1600メートル)では9着に敗れたが、懸念されていた口向きの悪さを見せたことが敗因。前走のチューリップ賞でも口向きの悪さを見せていたが、今度はそれを矯正しながらのレース運びで1着(同着)となった。ポテンシャルの高さで実績上位馬の牙城を崩せるのか、注目したい。

ファインルージュ

牝3歳

調教師:木村哲也(美浦)

  • 父:キズナ
  • 母:パシオンルージュ
  • 母の父:ボストンハーバー
ここに注目!

一戦ごとに距離を延ばしても折り合いの不安を見せず、3戦いずれも違うスタイルの競馬で結果を残したレースセンスの高さがセールスポイント。初めての関西圏への輸送や相手強化をクリアできるかは鍵だが、初コースでも力を発揮できるタイプのはずだ。

前々走の未勝利(東京・芝1400メートル)で初勝利をマークし、3番人気での出走だった前走のフェアリーSで重賞初制覇を達成した。同じ木村哲也厩舎の牝馬で、キャリア3戦目での格上挑戦でフェアリーSを勝ったプリモシーンをほうふつとさせる成績。母系にスピード血統を入れているところも似ているが、ディープインパクト直仔のプリモシーンに対して、本馬の父はディープインパクト産駒のキズナで、切れよりもパワーが優先した走りをするタイプになっている。例年よりも開催が長く、雨の影響を受けることも少なくなかった現在の阪神の芝にも対応できそうだ。先輩プリモシーンは桜花賞で10着と敗れたが、本馬が厩舎に桜花賞のタイトルを持ち帰りたい。

シゲルピンクルビー

牝3歳

調教師:渡辺薫彦(栗東)

  • 父:モーリス
  • 母:ムーンライトベイ
  • 母の父:High Chaparral
ここに注目!

過去の2勝は共に阪神・内回りの芝1400メートル。阪神の芝との相性は良好で、直線の長い外回りコースへの対応が鍵になる。デビュー時から16キログラムの体重減となった前走で、ほぼ仕上がっていた印象。イレ込みも含め、これ以上の馬体減は避けたいところだろう。

ダイワメジャー産駒の半姉シゲルピンクダイヤは、一昨年の桜花賞でグランアレグリアの2着に好走。クロノジェネシスやダノンファンタジーなどを抑えての好走だった。父がモーリスに替わり、姉よりもたくましいタイプに出た本馬は、デビュー2戦目での挑戦だった前々走の阪神ジュベナイルフィリーズこそキャリアの浅さを見せて17着と大敗。それ以来の休み明けで臨んだ前走のフィリーズレビューを見事に制し、姉がまだ果たせていない重賞勝利をキャリア3戦で挙げた。デビュー戦から1秒6の短縮に成功した前走の勝ち時計1分20秒7はレース史上最速であり、唯一の1分20秒台。時計的価値は高く、持っている能力はここでも十分に通用しそうだ。

アールドヴィーヴル

牝3歳

調教師:今野貞一(栗東)

  • 父:キングカメハメハ
  • 母:イサベル
  • 母の父:ディープインパクト
ここに注目!

約4か月ぶりに加えて東京への長距離輸送もあった前走時は18キログラムの馬体減で、見た目に薄く映った。今回は輸送距離の短い阪神競馬場での出走なので、体重の増加は欲しいところ。セーブ気味の調整過程でも、自身の力は発揮できるタイプだ。

母のイサベルは現役時代に4勝をマーク。資質の高さを評価されていた馬だが、馬体重の維持に苦労し、いい状態で出走することが難しかった。叔父のアドミラブルは2017年青葉賞を勝ち、日本ダービーでも1番人気に支持されたほどだったが、こちらは高すぎる能力に脚元が耐え切れなかった。キャリア2戦目、約4か月ぶりの実戦だった前走のクイーンCは、アカイトリノムスメにクビ差の2着。重賞で好走していたククナ(3着)などを抑えて好走した本馬の資質の高さも、母や叔父に匹敵するものがありそうだ。その資質をここで開花できるかどうかがポイント。秘める能力は今回の出走馬の中でも引けを取らない。

(松浪 大樹)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: