今週の注目レース

阪急杯(GⅢ)

阪神競馬場 1400メートル(芝)別定 4歳以上オープン

データ分析

春の短距離戦線の大舞台へ

近年の優勝馬では、2013年のロードカナロアが同年の高松宮記念と安田記念を制覇、2014年のコパノリチャードが次走で高松宮記念を勝利している。また、2018年の2着馬モズアスコットが同年の安田記念を制しており、このレースを始動戦として、春の短距離GⅠ路線で上位争いに加わる馬が多い。過去10年のデータから傾向を探っていく。

馬番別成績に傾向あり

過去10年の馬番別成績では、「1番から4番」の連対率と3着内率が最も高く、勝率では「13番から18番」がトップとなっている。優勝馬10頭中9頭は「1番から4番」と「13番から18番」の馬で、連対馬で見ても20頭中15頭をこの2組が占めている。この辺りは予想する上で参考になりそうだ。〔表1〕

〔表1〕馬番別成績(過去10年)
馬番 成績 勝率 連対率 3着内率
1番〜4番 3-5-4-28 7.5% 20.0% 30.0%
5番〜8番 0-3-4-33 0% 7.5% 17.5%
9番〜12番 1-1-1-37 2.5% 5.0% 7.5%
13番〜18番 6-1-1-36 13.6% 15.9% 18.2%

7歳以上馬は苦戦傾向

過去10年の年齢別成績では、若い馬の方が好走率が高く、3着以内馬延べ30頭中25頭を6歳以下の馬が占めている。好走率で見ても、6歳以下と7歳以上では明確に差が生じている。7歳以上の馬は苦戦する可能性が高そうだ。〔表2〕

〔表2〕年齢別成績(過去10年)
年齢 成績 勝率 連対率 3着内率
4歳 1-3-4-23 3.2% 12.9% 25.8%
5歳 5-2-2-31 12.5% 17.5% 22.5%
6歳 3-3-2-35 7.0% 14.0% 18.6%
7歳 1-1-1-30 3.0% 6.1% 9.1%
8歳以上 0-1-1-15 0% 5.9% 11.8%

なお、性別の成績では、牡・せん馬と牝馬の間に好走率で大きな差はない。データ上は性別を気にする必要はなさそうだ。〔表3〕

〔表3〕性別成績(過去10年)
成績 勝率 連対率 3着内率
牡・せん 9-8-8-113 6.5% 12.3% 18.1%
1-2-2-21 3.8% 11.5% 19.2%

前走の単勝人気も要チェック

過去10年の出走馬の前走の単勝人気別成績をまとめると、前走海外組を除けば、1番人気から3番人気の各組が3着内率で上位となっている。また、「5番人気」が2勝を挙げているほか、「6番人気から9番人気」だった馬も3着以内に7頭入っている。まずは、前走で上位人気に支持されていた馬に注目したいところだが、5番人気から9番人気だった馬も軽視は禁物だろう。〔表4〕

〔表4〕前走の単勝人気別成績(過去10年)
前走の単勝人気 成績 勝率 連対率 3着内率
1番人気 2-2-1-9 14.3% 28.6% 35.7%
2番人気 1-2-1-10 7.1% 21.4% 28.6%
3番人気 0-2-4-11 0% 11.8% 35.3%
4番人気 0-0-2-8 0% 0% 20.0%
5番人気 2-0-0-9 18.2% 18.2% 18.2%
6番人気〜9番人気 2-4-1-38 4.4% 13.3% 15.6%
10番人気以下 1-0-1-49 2.0% 2.0% 3.9%
前走が海外のレース 2-0-0-0 100% 100% 100%
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

単勝人気とキャリア数に注目

2017年以降の優勝馬4頭はいずれも単勝6番人気以下で、通算出走数は20戦以下だった。近年は伏兵馬の優勝が続いているが、いずれもキャリアがそれほど多くない馬であったことは覚えておきたい。〔表5〕

(河野 道夫)

〔表5〕優勝馬の単勝人気と通算出走数(過去4年)
年度 優勝馬 単勝人気 通算出走数
2017年 トーキングドラム 7番人気 20戦
2018年 ダイアナヘイロー 7番人気 18戦
2019年 スマートオーディン 11番人気 11戦
2020年 ベストアクター 6番人気 11戦

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: