今週の注目レース

中山記念(GⅡ)

中山競馬場 1800メートル(芝)別定 4歳以上オープン

データ分析

有力馬が始動する春の中山の名物重賞

1936年に創設された80年以上の歴史を持つ重賞。春の中山の名物重賞として定着しており、すでにGⅠ戦線で実績を残している有力馬の始動戦となることが多い一戦だ。今回も過去10年のデータから傾向を探ってみた。

上位拮抗のレースになりやすい

過去10年の単勝人気別成績では、1番人気が3勝、2番人気が3勝、3番人気も3勝と、3番人気以内の馬が9勝を挙げている。3着内率を見ると、1番人気が30.0%にとどまっているのに対し、2番人気から4番人気が50%以上となっている。また、6番人気以下になると3着内率は大きく下がり、その中でも単勝オッズ50倍以上の馬が馬券に絡んだことは過去10年間で一度もない。有力馬が集まり少頭数になることが多いため、上位拮抗になりやすく、大波乱の余地は少ないようだ。〔表1〕

〔表1〕単勝人気別成績(過去10年)
単勝人気 成績 勝率 連対率 3着内率
1番人気 3-0-0-7 30.0% 30.0% 30.0%
2番人気 3-2-2-3 30.0% 50.0% 70.0%
3番人気 3-1-2-4 30.0% 40.0% 60.0%
4番人気 0-3-2-5 0% 30.0% 50.0%
5番人気 1-1-0-8 10.0% 20.0% 20.0%
6番人気以下 0-3-4-59 0% 4.5% 10.6%

若い馬の好走率が高い

過去10年では4歳馬と5歳馬で計9勝を挙げている。3着内率を見ると4歳馬が高く、年齢が上がるにつれて低くなる傾向がある。重賞優勝経験のある4歳馬は〔5・3・5・10〕という成績で、3着内率は56.5%まで上昇する。3番人気以内に重賞タイトルを持つ4歳馬がいるようならば、軸馬に最適だろう。〔表2〕

〔表2〕年齢別成績(過去10年)
年齢 成績 勝率 連対率 3着内率
4歳 5-3-5-15 17.9% 28.6% 46.4%
5歳 4-3-1-20 14.3% 25.0% 28.6%
6歳 1-3-2-22 3.6% 14.3% 21.4%
7歳 0-1-1-18 0% 5.0% 10.0%
8歳 0-0-1-7 0% 0% 12.5%
9歳以上 0-0-0-4 0% 0% 0%

勢いよりも格がモノをいう

中山記念は前走でGⅠを使われていた馬が優位なレース。表中にある前走が海外レースだった馬も、全てG1である前年末の香港国際競走出走馬であった。また、前走GⅠ組は、そこで好走していた馬の信頼度が高いだけでなく、6着以下に敗れていた馬の巻き返しも多いので注意が必要だ。〔表3〕

〔表3〕前走別成績(過去10年)
前走 成績 勝率 連対率 3着内率
GⅠ 6-5-4-24 15.4% 28.2% 38.5%
GⅡ 0-0-3-16 0% 0% 15.8%
GⅢ 3-3-2-22 10.0% 20.0% 26.7%
オープン特別 0-1-0-16 0% 5.9% 5.9%
障害 0-0-0-2 0% 0% 0%
海外のレース 1-1-1-6 11.1% 22.2% 33.3%

あえて中山記念に使う牝馬は注目

1週間前に京都牝馬S、2週後に中山牝馬Sがあるにもかかわらず、あえて牡馬とのレースを選び中山記念に出走してくる牝馬はやはり怖い。出走頭数は少ないものの、2015年にヌーヴォレコルトが優勝、2018年にアエロリットが2着、2019年と2020年は2年連続でラッキーライラックが2着と結果を残している。さらに、単勝オッズ10倍未満の牝馬に絞ると、その成績は〔1・3・0・3〕となり連対率は57.1%まで上昇する。牝馬が上位人気となった際には注目しておきたい。〔表4〕

〔表4〕性別成績(過去10年)
性別 成績 勝率 連対率 3着内率
牡・せん 9-7-9-80 8.6% 15.2% 23.8%
1-3-1-6 9.1% 36.4% 45.5%
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

3歳春のクラシック出走経験が重要

過去8年の優勝馬を振り返ると、2017年のネオリアリズムを除く7頭には3歳春のクラシック(皐月賞、ダービー、桜花賞、オークス)への出走経験があった。ちなみにここ2年は、3歳春のクラシック出走経験馬が1着から3着を独占している。これは勝ち馬選びだけでなく、相手選びの指標にもなりそうだ。〔表5〕

(姫園 淀仁)

〔表5〕優勝馬の3歳春のクラシック成績(過去8年)
年度 優勝馬 3歳春のクラシック成績
2013年 ナカヤマナイト 皐月賞5着、日本ダービー4着
2014年 ジャスタウェイ 日本ダービー11着
2015年 ヌーヴォレコルト 桜花賞3着、オークス1着
2016年 ドゥラメンテ 皐月賞1着、日本ダービー1着
2017年 ネオリアリズム 不出走
2018年 ウインブライト 皐月賞8着、日本ダービー15着
2019年 ウインブライト 皐月賞8着、日本ダービー15着
2020年 ダノンキングリー 皐月賞3着、日本ダービー2着

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: