今週の注目レース

日経新春杯(GⅡ)

中京競馬場 2200メートル(芝)ハンデ 4歳以上オープン

データ分析

近年も次々とGⅠ馬を送り出しているハンデキャップ競走

2019年の日経新春杯で重賞初制覇を果たしたグローリーヴェイズは、同年の香港ヴァーズを勝ってGⅠウイナーの座に上り詰めた。また、2017年の日経新春杯が重賞初制覇だったミッキーロケットも、翌2018年の宝塚記念で優勝を果たしている。さらに、2016年の日経新春杯で自身初の重賞連対(2着)を果たしたシュヴァルグランは、翌2017年のジャパンカップを制した。当レースは芝中長距離戦線における、遅れてきた素質馬の登竜門と言えるかもしれない。今年は京都競馬場整備工事のため中京・芝2200メートルで行われるが、京都・芝2400メートルで行われた過去10年のレース結果から、好走馬に共通するポイントを分析してみたい。

3着以内馬の大半はキャリア「25戦以内」

過去10年の3着以内馬延べ30頭中28頭は、通算出走数が「25戦以内」だった。一方、「26戦以上」だった馬は3着内率3.6%と苦戦している。比較的キャリアが浅い馬を重視したいところだ。〔表1〕

〔表1〕通算出走数別成績(過去10年)
通算出走数 着度数 勝率 連対率 3着内率
25戦以内 10-9-9-60 11.4% 21.6% 31.8%
26戦以上 0-1-1-53 0% 1.8% 3.6%

前走好走馬が中心

過去10年の3着以内馬延べ30頭中26頭は、前走の着順が1着、もしくは2着以下で1着馬とのタイム差が0秒5以内だった。一方、前走の着順が2着以下、かつ1着馬とのタイム差が0秒6以上だった馬は、3着内率4.8%と苦戦している。まずは前走好走馬に注目すべきだろう。〔表2〕

〔表2〕前走の着順と1着馬とのタイム差別成績(過去10年)
前走の着順と1着馬とのタイム差 着度数 勝率 連対率 3着内率
1着、もしくは2着以下で1着馬とのタイム差が0秒5以内 8-10-8-34 13.3% 30.0% 43.3%
2着以下、かつ1着馬とのタイム差が0秒6以上 2-0-2-79 2.4% 2.4% 4.8%

近年は前走から「中8週以内」の馬が優勢

過去5年の3着以内馬15頭中13頭は、前走との間隔が「中8週以内」だった。一方、「中9週以上」だった馬は3着内率8.3%と苦戦している。近年の傾向を重視するならば、前走との間隔が比較的短い馬を高く評価したいところだ。〔表3〕

〔表3〕前走との間隔別成績(過去5年)
前走との間隔 着度数 勝率 連対率 3着内率
中8週以内 3-5-5-31 6.8% 18.2% 29.5%
中9週以上 2-0-0-22 8.3% 8.3% 8.3%

なお、前走との間隔が「中9週以上」だった馬で3着以内に入った2頭は、いずれも前走が「菊花賞」だった。「菊花賞」から直行してきた4歳馬でない限り、休養明けの馬は過信禁物とみるべきだろう。〔表4〕

〔表4〕前走との間隔が「中9週以上」だった馬の、前走のレース別成績(過去5年)
前走のレース 着度数 勝率 連対率 3着内率
菊花賞 2-0-0-5 28.6% 28.6% 28.6%
菊花賞以外 0-0-0-17 0% 0% 0%

前走の単勝人気も重要なポイント

過去5年の3着以内馬15頭中12頭は、前走の単勝人気が「5番人気以内」だった。一方、「6番人気以下」だった馬は3着内率8.1%と苦戦している。臨戦過程を比較する際は、前走での単勝人気にも注目してみたい。〔表5〕

〔表5〕前走の単勝人気別成績(過去5年)
前走の単勝人気 着度数 勝率 連対率 3着内率
5番人気以内 4-5-3-19 12.9% 29.0% 38.7%
6番人気以下 1-0-2-34 2.7% 2.7% 8.1%
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

末脚が明暗を分けそう

過去10年の優勝馬10頭は、いずれも前走の上がり3ハロンタイム(推定)順位が5位以内だった。前走の上がり3ハロンタイム(推定)順位が6位以下だったにもかかわらず優勝を果たしたのは、2009年のテイエムプリキュアが最後である。前走の上がり3ハロンタイム(推定)が6位以下だった馬は評価を下げた方がよさそうだ。また、この10頭は通算出走数が17戦以内だった点も共通している。〔表1〕で挙げたように通算出走数も重視すべきだろう。〔表6〕

(伊吹 雅也)

〔表6〕優勝馬の、前走の上がり3ハロンタイム(推定)順位、通算出走数(過去10年)
年次 優勝馬 前走の上がり3ハロンタイム(推定)順位 通算出走数
2011年 ルーラーシップ 5位 8戦
2012年 トゥザグローリー 2位 17戦
2013年 カポーティスター 5位 9戦
2014年 サトノノブレス 4位 9戦
2015年 アドマイヤデウス 4位 8戦
2016年 レーヴミストラル 1位 8戦
2017年 ミッキーロケット 4位 11戦
2018年 パフォーマプロミス 2位 11戦
2019年 グローリーヴェイズ 1位 6戦
2020年 モズベッロ 1位 10戦

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: