今週の注目レース

京成杯(GⅢ)

中山競馬場 2000メートル(芝)別定 3歳オープン

出走馬情報

グラティアス

牡3歳

調教師:加藤征弘(美浦)

  • 父:ハーツクライ
  • 母:マラコスタムブラダ
  • 母の父:Lizard Island
ここに注目!

単勝オッズ1.9倍に支持されたメイクデビュー東京(芝2000メートル)では、ハナを奪って鮮やかな逃げ切り勝ち。半姉レシステンシア(父ダイワメジャー)を思い起こさせるスピードで、重賞初タイトルを手に入れたい。

前走のメイクデビュー東京は、好スタートから押し出されるようにハナに立ち、前半1000メートルは1分06秒1のスローペースで通過。直線で後続に並びかけられたが、そこから伸び返す勝負根性を見せて押し切った。騎乗したC.ルメール騎手は「ずっと物見をしてハミを取らなかったけれど、跳びが大きいし能力がありそうです」と、その素質を評価。管理する加藤征弘調教師も「エンジンがかかるのが遅く、ゴールを過ぎてからが一番速かったみたいです」と、スタミナをアピールした。一昨年の阪神ジュベナイルフィリーズを2歳コースレコード(当時)で制し、昨年の桜花賞とNHKマイルCでも2着に好走したレシステンシアを半姉に持つ良血馬。実戦を経験した2戦目で、さらなる良化が期待できる。

タイソウ

牡3歳

調教師:西園正都(栗東)

  • 父:モーリス
  • 母:セラミックガール
  • 母の父:ダイワメジャー
ここに注目!

メイクデビュー阪神(芝2000メートル)は、好位追走から直線で鋭く抜け出して3馬身差の快勝。2着マイプレシャスを寄せつけなかった。前走時498キログラムの雄大な馬体の持ち主で、中山の急坂をクリアできるパワーを持ち合わせている。

1番人気に支持された前走のメイクデビュー阪神は、2番手から鋭く伸びて快勝した。上がり3ハロンタイム(推定)はメンバー中最速の34秒8。ラスト3ハロンのレースラップは11秒9、11秒6、11秒4と加速しているだけに、まだまだ奥がありそうだ。操縦性も高く、そのレースセンスが光った。騎乗した松山弘平騎手は「スタートが良く、跳びも大きかったです。しっかり流れに乗れましたし、追ってからの反応も良かったです」と満足の表情。管理する西園正都調教師も「2000メートルで勝てたのは大きいです。この先が楽しみになりました」と、今後に期待を寄せていた。立派な馬格の持ち主で、フットワークが大きい走法。初挑戦の中山コースの攻略がポイントとなりそうだ。

プラチナトレジャー

牡3歳

調教師:国枝栄(美浦)

  • 父:キングカメハメハ
  • 母:ホワイトエレガンス
  • 母の父:クロフネ
ここに注目!

前走の東京スポーツ杯2歳Sでは、その後無傷でホープフルSも制したダノンザキッドから0秒4差の4着に善戦。中団からしぶとく伸びて上位に迫った。母ホワイトエレガンスは2015年のオープン特別・紫苑S2着の実績があり、初の中山コースも苦にしないだろう。

前走の東京スポーツ杯2歳Sは、中団追走からメンバー2位タイの上がり3ハロン33秒6(推定)を計時。上位3頭を捕らえることはできなかったが、1着ダノンザキッドと2着タイトルホルダーは年末のホープフルSの1、4着馬と、レースレベルも高かった。騎乗した田辺裕信騎手は「リズム良く走ってくれました。まだ若い面があるけれど、最後まで脚を使って迫っていたので、良い面は見せてくれました」と評価していた。母が2着となったオープン特別・紫苑Sが、京成杯と同じ中山・芝2000メートルなら、コース替わりも問題ないだろう。国枝栄調教師は「中山も問題ないですし、距離も大丈夫でしょう。今回のメンバーなら楽しみです」と、期待を膨らませている。

ヴァイスメテオール

牡3歳

調教師:木村哲也(美浦)

  • 父:キングカメハメハ
  • 母:シャトーブランシュ
  • 母の父:キングヘイロー
ここに注目!

メイクデビュー東京(芝1800メートル、1着)では、好位2番手から鋭く抜け出すレースセンスを披露。2015年のマーメイドSを制したシャトーブランシュを母に持つ良血馬が、そのポテンシャルを見せつけた。2戦目でさらなる前進が期待される。

前走のメイクデビュー東京は、ラスト2ハロンのレースラップが11秒2、11秒2という瞬発力勝負になったが、抜群の切れとセンスの良さで優勝。宝塚記念を制したサトノクラウンの半弟シテフローラルを退けた。騎乗した丸山元気騎手も「背中の良さを感じましたし、素晴らしい馬です」と称賛していた。6日に美浦南Wコースで行われた1週前追い切りでは、好反応を見せて併走馬に先着。管理する木村哲也調教師は「もともとフィジカル面は恵まれている馬です。動きも悪くないので、走ることに対して嫌な気持ちを持たせないように進めていきます」と、将来性を評価している。偉大な父キングカメハメハが唯一黒星を喫した京成杯(2004年3着)で重賞初Vを飾り、堂々とクラシック戦線に進みたい。

テンバガー

牡3歳

調教師:藤岡健一(栗東)

  • 父:モーリス
  • 母:トップセラー
  • 母の父:スペシャルウィーク
ここに注目!

ここまでメイクデビュー阪神(芝1800メートル)で3着、未勝利(小倉・芝2000メートル)を勝利と、安定した走りを見せている。ここは昨年8月以来の実戦。長い休養を経て大きく成長した姿を披露できるのか、注目だ。

特徴は父モーリス譲りの骨太な馬体。デビュー戦(3着)を516キログラムの馬体重で出走し、大型馬らしく2戦目(1着)ではっきりと良化した。何より初戦は、1着馬がダノンザキッド、2着馬がその後に京都2歳Sを制すワンダフルタウンと、相手も超強力だった。JRAでデビューしたきょうだいの7頭中5頭が勝ち上がっている安定感のある母系の出身。また、父モーリスの産駒も、先週のシンザン記念でピクシーナイト、ルークズネストがワンツーフィニッシュを達成し、うれしい重賞初勝利を飾った注目の血統だ。大型馬の休養明け初戦だけに、直前の気配は要チェックだが、秘めるポテンシャルはここでも十分に通用する。

タイムトゥヘヴン

牡3歳

調教師:戸田博文(美浦)

  • 父:ロードカナロア
  • 母:キストゥヘヴン
  • 母の父:アドマイヤベガ
ここに注目!

前々走の未勝利(4着)、前走の未勝利(1着)の舞台が、今回と同じ中山・芝2000メートル。前走では、好位から抜群のスピード感で後続を8馬身も突き放した。コース適性の高さはメンバーの中でも上位と言えるだけに、重賞挑戦でも侮れない。

初勝利を挙げた前走が圧巻の走り。課題のスタートを決めて道中は好位2番手を確保すると、メンバー中最速の上がり3ハロン37秒1(推定)をマークし、1番人気に支持されたロックオブエイジズ(2着)を8馬身突き放した。まだ直線はフラフラと遊ぶシーンがあったが、裏を返せばそれだけ余裕があるということ。2度目の中山・芝2000メートルで、コースにしっかりと適応した印象を受けた。一昨年の京成杯をラストドラフトで制した戸田博文厩舎が、皐月賞までを含めた狙い通りの過程を順調に消化している。同厩舎で管理された母キストゥヘヴンは2006年の桜花賞などを勝利した活躍馬。初の重賞舞台でも、臆する必要はない。

(高木 翔平)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: