今週の注目レース

有馬記念ウィーク馬連 有馬記念(GⅠ)

中山競馬場 2500メートル(芝)定量 3歳以上オープン

出走馬情報

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

クロノジェネシス

牝4歳

調教師:斉藤崇史(栗東)

  • 父:バゴ
  • 母:クロノロジスト
  • 母の父:クロフネ
ここに注目!

昨年の秋華賞を優勝。今年の宝塚記念では、並み居る牡馬を6馬身突き放してGⅠ2勝目を挙げた。デビュー時は440キログラムだった馬体も460キログラム台まで大きくなり、優れた成長力も兼備。有馬記念ファン投票1位での出走で、主役の座は譲れない。

4歳初戦となった京都記念を快勝。続く大阪杯はラッキーライラック(1着)の瞬発力に屈したものの、正攻法の競馬でクビ差の2着に入った。約3か月の休養を挟んだ前々走の宝塚記念は、稍重のタフなコンディションのなか、中団追走から4コーナーで一気に先頭へ躍り出ると、直線は後続を引き離す一方の独走で6馬身差の圧勝劇を演じた。約4か月の休み明けで秋初戦となった前走の天皇賞(秋)は控える競馬になったが、上がり3ハロン32秒8(推定)の末脚で勝ち馬アーモンドアイから0秒1差の3着に追い上げ、速い時計の決着に対応できることを示した。今回は初めての中山コースだが、抜群の安定感を誇り、展開に左右されない自在性も兼備。本レースを目標に、仕上げも抜かりはない。

フィエールマン

牡5歳

調教師:手塚貴久(美浦)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:リュヌドール
  • 母の父:Green Tune
ここに注目!

天皇賞(春)連覇などこれまでGⅠ3勝をマーク。昨年の有馬記念(4着)は凱旋門賞(G1・フランス。芝2400メートル、12着)挑戦後の帰国初戦で完調手前だったが、前走の天皇賞(秋)2着から中7週のローテーションで臨む今年は、万全の状態に仕上がっている様子だ。

約4か月半の休み明けとなった前々走の天皇賞(春)は、脚をためて中団後方からレースを進めた。1周目のスタンド前でキセキ(6着)が動いても、じっくり構えて折り合いに専念。最後の直線で馬群の外へ出されると一完歩ごとに差を詰め、先に抜け出したスティッフェリオ(2着)をゴール寸前で捕らえて同レース連覇を達成した。約6か月の休養を挟んだ前走の天皇賞(秋)は、スタート直後にゴチャつき、腹をくくって後方待機策。上がり3ハロン32秒7(推定)の豪脚で4コーナー10番手から追い込み、最後はアーモンドアイ(1着)に猛然と迫って0秒1差の2着に好走した。体質が弱く、コンスタントに使えないが、秋2戦目で状態面の上積みは十分。GⅠ4勝目に向けて機は熟した。

カレンブーケドール

牝4歳

調教師:国枝栄(美浦)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:ソラリア
  • 母の父:Scat Daddy
ここに注目!

世紀の対決となった前走のジャパンカップでは、アーモンドアイ、コントレイル、デアリングタクトに次ぐ4着に入り、あらためてポテンシャルの高さを示している。今季3戦目で状態面のさらなる上積みが見込めるだけに、前走以上のパフォーマンスを発揮できそうだ。

4歳初戦の京都記念は、後方追走から外を回って進出を開始。直線もしぶとく脚を伸ばして2着に好走した。ドバイシーマクラシックが現地移動後に中止になり、約7か月半ぶりの実戦だった前々走のオールカマーはスローペースのなか、なだめながら3番手で追走。早めに先頭に並びかけ、直線で敢然と抜け出したが、最後は勝ち馬の瞬発力に屈してハナ差の2着に敗れた。前走のジャパンカップは、中団馬群で折り合いに専念し、4コーナー手前でスムーズに外へ出して追い出しを開始。勝ったアーモンドアイには離されたが、無敗の三冠馬2頭とは僅差で中身の濃い4着だった。勝ち味の遅さはあるものの、強敵相手に差のない競馬を続けており、念願のビッグタイトル獲得を狙う。

ラッキーライラック

牝5歳

調教師:松永幹夫(栗東)

  • 父:オルフェーヴル
  • 母:ライラックスアンドレース
  • 母の父:Flower Alley
ここに注目!

2歳時の阪神ジュベナイルフィリーズを皮切りに、今年の大阪杯ではクロノジェネシス(2着)を退け、前走ではエリザベス女王杯を連覇と、これまでGⅠ4勝を挙げている。初の2500メートルだが、コーナーやゴール前の急坂も苦にしないタイプ。ここも守備範囲だろう。

5歳初戦の中山記念で2着に入り、続く大阪杯は好スタートを決めて3番手のインを追走。道中の手応えは抜群で、直線は狭いスペースを突いてスパッと抜け出し快勝した。約3か月の休み明けとなった宝塚記念は、稍重のタフなコンディションのなか、正攻法の競馬で終いが甘くなって6着に敗れたが、悲観するレース内容ではなかった。札幌記念3着を経て、1番人気に支持された前走のエリザベス女王杯は、脚をためて後方待機策。3コーナー過ぎから外を回って一気に押し上げ直線で堂々と先頭に躍り出ると、最後はサラキア(2着)の追い上げをクビ差退け、2分10秒3の好タイムで見事に優勝した。有馬記念をもって引退が発表されており、GⅠ5勝目を達成して有終の美を飾りたい。

ラヴズオンリーユー

牝4歳

調教師:矢作芳人(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:ラヴズオンリーミー
  • 母の父:Storm Cat
ここに注目!

昨年のオークスではカレンブーケドール(2着)、クロノジェネシス(3着)を退け、無傷の4連勝でGⅠタイトルを獲得した。今春はUAE遠征(ドバイシーマクラシックは中止)の影響からか調子が戻り切らなかったが、前走のエリザベス女王杯で3着に入り、上昇ムードにある。

今春のヴィクトリアマイルは、UAEから帰国後に1度緩めたことで調整の難しさがあったのか7着に敗退。続く鳴尾記念は、スタート直後に他馬と接触しながらも、直線で外からしぶとく脚を伸ばしてハナ差2着に惜敗した。夏場を休養に充て、秋初戦となった府中牝馬Sは重馬場に脚を取られて5着に敗れたが、前走のエリザベス女王杯は、脚をためて中団馬群を進み、ラッキーライラック(1着)の上昇に合わせて進出を開始。4コーナーでスッと反応できなかったが、上がり3ハロン33秒8(推定)の末脚で、クビ+クビ差の3着に好走した。昨年のオークスは、レースレコードとなる2分22秒8で快勝しており、本来のパフォーマンスを発揮できれば、遜色のない競馬が可能だろう。

ワールドプレミア

牡4歳

調教師:友道康夫(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:マンデラ
  • 母の父:Acatenango
ここに注目!

約11か月ぶりだった前走のジャパンカップでは、パドックでうるさいところを見せ、相変わらずテンションが高かったが、馬体は研ぎ澄まされて肉体面の成長は確か。休み明けを1度使った状態面の上積みは大きく、昨年3着の有馬記念で、完全復活を目指す。

昨年の菊花賞でGⅠタイトルを獲得し、前々走の有馬記念は、じっくり構えて最後方を追走。レースの上がり3ハロンタイムが37秒6の消耗戦で、展開が向いた面もあったが、3コーナー過ぎからスパートをかけて大外を追い上げ3着に好走した。約11か月の休み明けとなった前走のジャパンカップも、スッと控えて後方待機策。ラスト1ハロンで脚色は鈍ったが、4コーナーで馬群の内めから押し上げて見せ場は作っており、豪華メンバーがそろっていたことを踏まえれば、レース内容は悪くなかった。4歳馬としてはキャリアが浅く、まだ成長の余地を残しており、休み明けを使って状態面の上積みも見込めそう。末脚の生きる展開になれば、上位争いが濃厚だ。

オーソリティ

牡3歳

調教師:木村哲也(美浦)

  • 父:オルフェーヴル
  • 母:ロザリンド
  • 母の父:シンボリクリスエス
ここに注目!

2歳時のホープフルSはコントレイルの5着に敗れたものの、キャリアを重ねるごとに地力をつけて、前走のアルゼンチン共和国杯では、正攻法のレース運びで1馬身1/2差の快勝。今回は豪華メンバーがそろったが、本馬の卓越した成長力に期待したい。

前々走の青葉賞は好スタートを決め、スッと控えて好位のインを追走。3コーナー過ぎで1度ポジションを下げたが、残り400メートル付近で一気に外へ持ち出されると、ゴール寸前で先頭を捕らえて重賞タイトルを獲得した。日本ダービーは骨折で断念したが、約6か月の休み明けとなった前走のアルゼンチン共和国杯で復活。道中3番手で折り合いに専念し、直線半ばで先頭へ躍り出ると、ラストドラフト(2着)以下の追い上げを寄せつけずに1馬身1/2差で完勝した。その前走時が12キログラムの馬体重増と、ひと夏を越えて成長を見せている。今回はGⅠのメンバーに入ってどこまで通用するのか、注目の一戦だ。

キセキ

牡6歳

調教師:角居勝彦(栗東)

  • 父:ルーラーシップ
  • 母:ブリッツフィナーレ
  • 母の父:ディープインパクト
ここに注目!

2017年の菊花賞馬。4歳時のジャパンカップではJRAレコード(アーモンドアイ・2分20秒6)の0秒3差2着に好走した。6歳を迎えた今年も宝塚記念で2着に入り、地力健在をアピール。レース運びに幅があり、展開の鍵を握る本馬の動向から目が離せない。

今年6月の宝塚記念は、スタートで後手を踏みながらも、3コーナー手前から一気に進出を開始。直線でクロノジェネシス(1着)には突き放されたが、しぶとく脚を伸ばして2着に好走した。約3か月半の休み明けとなった京都大賞典もスタートで出遅れて、レース序盤は最後方を追走。向正面の中ほどから徐々に押し上げると、直線も長く脚を使って2着に入った。天皇賞(秋)5着から臨んだ前走のジャパンカップは、スタートを決めてハイペースの大逃げ。さすがに直線半ばで脚色は鈍ったが、見せ場十分の8着だった。スタートの課題や折り合い面の難しさはあるが、コーナーを6回通過する中山・芝2500メートルで、前走のような先行力を発揮できれば、あっと言わせるシーンもありそうだ。

(京増 真臣)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: