今週の注目レース

有馬記念ウィーク馬連 阪神カップ(GⅡ)

阪神競馬場 1400メートル(芝)定量 3歳以上オープン

出走馬情報

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

インディチャンプ

牡5歳

調教師:音無秀孝(栗東)

  • 父:ステイゴールド
  • 母:ウィルパワー
  • 母の父:キングカメハメハ
ここに注目!

前走が今秋最初のレース。仕上がりに不足はなかったが、予定していたスプリンターズSを回避したことで、これまでと違うパターンでのGⅠ参戦になったことは確かだ。短期放牧を挟んで2戦目という今回のステップこそがベストの形と言える。

昨年の安田記念とマイルチャンピオンシップを勝っているトップマイラーで、今春は読売マイラーズCを快勝。その後は安田記念が3着、マイルチャンピオンシップが2着と、共にグランアレグリアの後塵を拝したが、現役トップレベルの能力の持ち主と言っていいだろう。今回はデビュー戦以来となる1400メートルがポイントだが、母系はマイラーよりもスプリンターに近い印象。本馬が1600メートル以上の距離にこだわってきた経緯も「早い段階から短距離戦を使ってしまうと、距離の持たない馬になってしまう可能性があった」からとのこと。競走馬として完成期に入ったと陣営が判断したからこその1400メートルへの参戦は、新しい一面を引き出すものとなりそうだ。

ステルヴィオ

牡5歳

調教師:木村哲也(美浦)

  • 父:ロードカナロア
  • 母:ラルケット
  • 母の父:ファルブラヴ
ここに注目!

2歳時からトップレベルで走っている馬だが、早期に完成した馬ではなく、馬体重はデビュー時から30キログラム以上増加している。以前よりも厚みを増した馬体は、切れよりパワーを感じさせるもの。それだけに、道中の位置取りが鍵になるかもしれない。

一昨年のマイルチャンピオンシップを制しているGⅠ馬だが、近走は短距離志向が強く、今年の4戦は全て1400メートル以下のレース。9着に敗れた3走前の高松宮記念は重馬場の影響も大きかったようだが、前々走の京王杯スプリングCと前走のスワンSでは、共に勝ち馬と0秒2差の2着に好走した。このパフォーマンスからも、現在のベストは1400メートルとの捉え方でいいかもしれない。今回と同条件だった今年3月の阪急杯は、9か月ぶりの実戦だったことに加え、スタート後の加速もひと息。そのような状況でも勝ったベストアクターから0秒2差の5着なら、阪神・芝内回りコースへの適性も十分と考えていいだろう。久々の勝利が期待される。

フィアーノロマーノ

牡6歳

調教師:高野友和(栗東)

  • 父:Fastnet Rock
  • 母:Heart Ashley
  • 母の父:Lion Heart
ここに注目!

馬群を苦手にしているわけではないが、550キログラムを超える馬体重に比例してフットワークもかなり大きい。前走の京阪杯(1着)がそうであったように、馬群の外をスムーズに回り、段階的に加速していく形が理想だろう。

勝ち馬から0秒4差の4着だった3走前の函館スプリントSから、3戦連続でスプリント戦に出走。前走の京阪杯を制し、昨年のダービー卿チャレンジTに続く重賞2勝目をマークした。超大型馬が約3か月ぶりの実戦で結果を出したことは称賛に値するが、1200メートルの流れが少し忙しいように見えたのも確か。今回の1400メートルこそがベストと考えられる。実際に昨年の阪神Cで2着、今年の阪急杯でも2着(3位入線繰り上がり)に入り、安定した走りを披露している。ゴール前に急坂があるコースを得意としているのも特徴で、前走の京阪杯も今年は阪神開催だった。今回も直線で末脚を伸ばしてくるシーンが見られるかもしれない。

ダノンファンタジー

牝4歳

調教師:中内田充正(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:ライフフォーセール
  • 母の父:Not For Sale
ここに注目!

22キログラム増の馬体重だった3走前の阪神牝馬S(5着)と比較すれば、近2走は数字的にはシャープになっていたが、それでも以前より肉付きが良いように見えた。短距離志向の強い馬体になってきたと考えていいだろう。中間の動きは相変わらず絶好だ。

一昨年の阪神ジュベナイルフィリーズを勝ったGⅠ馬で、昨年のローズSをコースレコードで勝利するなど潜在能力の高さを随所に感じさせるパフォーマンスを示してきたが、今年は3戦して未勝利。いずれも3着以内に入れず、2番人気の支持を受けた前走の府中牝馬Sも6着に敗退した。その前走は雨の影響を強く受けた重馬場がこたえた印象。阪神・芝コースは連続開催の最終週を迎えるが、スピードの生かせる馬場コンディションがキープされていれば、見直す必要がありそうだ。1400メートルへの出走は2歳時のファンタジーS(1着)以来となるが、この1戦がかなり強い内容だった。むしろベストの可能性まであるはずだ。

サウンドキアラ

牝5歳

調教師:安達昭夫(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:サウンドバリアー
  • 母の父:アグネスデジタル
ここに注目!

阪神コースよりも京都コースが得意な馬で、距離も1600メートルで5勝をマーク。直線の短い内回りコースに替わることも含め、今回の条件替わりはプラスと考えるよりも試練と捉えたほうがよさそうだ。克服できるか、当日のテンションもポイントになるだろう。

今年の春シーズンの4戦は、ほぼパーフェクト。重賞初制覇を飾った京都金杯、連続開催最終週の重馬場で優勝した京都牝馬S、阪神牝馬Sではそれまで勝ち星のなかった阪神コースを克服してみせた。そして、ヴィクトリアマイルでは長距離輸送をこなし、ノームコア(3着)の追い上げをしのいで2着を確保した。そのパフォーマンスのいずれもが素晴らしかったからこそ、共に10着に敗れた前々走のスワンS、前走のマイルチャンピオンシップの秋2戦の評価が難しい。ただ、前走に関して言えば、強敵がそろったなかでの外枠(7枠14番)が敗因とも考えられる。能力的にはここでも引けを取らず、今年最後の出走で存在感を示したい。

マルターズディオサ

牝3歳

調教師:手塚貴久(美浦)

  • 父:キズナ
  • 母:トップオブドーラ
  • 母の父:Grand Slam
ここに注目!

450キログラムに満たないコンパクトな馬体だが、中山や阪神の急坂を苦もなく上がってくるパワーがある。コーナーでの走りも上手なタイプなので、内回りコースでも問題なく加速することができるはずだ。初めての距離でスムーズに流れに乗れるかどうかが鍵になる。

父はダービー馬のキズナだが、早い段階から適性はマイル前後と考えられていたようだ。スローペースだった前々走の紫苑S(1着)は先行して押し切れたものの、他馬からのマークも厳しくなった前走の秋華賞では、残り200メートル付近で失速。勝ったデアリングタクトから1秒0差の7着に敗れ、現状での本質が明らかになった一戦という印象を受けた。牝馬限定のマイル戦である先週のターコイズSを登録だけにとどめ、GⅠ馬も出走するここへの参戦を決定。1400メートルは初めてとなるが、この距離こそが本馬のスピードを生かせる舞台かもしれない。今回の結果次第では、短距離路線の新星として注目を浴びることになりそうだ。

ジャンダルム

牡5歳

調教師:池江泰寿(栗東)

  • 父:Kitten's Joy
  • 母:Believe
  • 母の父:Sunday Silence
ここに注目!

9日の2週前追い切りでは、栗東坂路で自己ベストとなる4ハロン50秒6、2ハロン23秒7という素晴らしい数字をマーク。スランプと思えた時期を脱し、一気に充実期を迎えている。パドックの気配にも注目したい。

今年のニューイヤーS(リステッド。中山・芝1600メートル)で約2年2か月ぶりの勝利をマークしたが、この1戦は自他ともに認める得意コースだった。前走の信越S(リステッド。芝1400メートル)では、新潟・芝の内回りコースで勝利。阪神・芝の内回りコースは今回が初出走になるが、直線の短い内回りが合うのであれば十分に対応可能だろう。さらに、得意の中山コースと同じゴール前に急坂がある舞台というのもプラスに捉えることができそうだ。2歳秋にデイリー杯2歳Sを勝っているので早熟タイプと思われそうだが、母は古馬になって成長し、GⅠ馬へ上り詰めたビリーヴ。本馬の重賞2勝目がここでも不思議はないはずだ。

クリノガウディー

牡4歳

調教師:藤沢則雄(栗東)

  • 父:スクリーンヒーロー
  • 母:クリノビリオネア
  • 母の父:ディアブロ
ここに注目!

夏場にレースを使ったこともあり、前走のスプリンターズS(5着)から約2か月半のリフレッシュ期間を取ったが、休み明けでも問題なく走れるタイプだ。結果の出なかった阪急杯(7着)は脚をためる競馬ができなかったもの。この条件が合わないとは言えないはずだ。

一昨年の朝日杯フューチュリティSでの2着、昨年の中京記念でのハナ差2着、今年の高松宮記念では4着(1位入線降着)の実績があるものの、勝ち鞍はメイクデビュー京都(芝1800メートル)のみ。“現役最強の1勝馬”と言って差し支えのない存在だろう。1番人気に支持された今夏のCBC賞は12着、続く関屋記念では最下位の18着に大敗するなど、パフォーマンスは安定しないものの、はまったときの爆発力はGⅠでも通じるものがある。実際に前走のスプリンターズSでは大外から鋭い伸びを見せて5着とまずまずの結果を残した。スムーズな競馬ができれば、今回のメンバーでも侮れない。

(松浪 大樹)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: