今週の注目レース

チャレンジカップ(GⅢ)

阪神競馬場 2000メートル(芝)別定 3歳以上オープン

データ分析

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

別定戦になって4年目となる暮れの中距離重賞

2012年から2016年までは暮れの阪神開催・芝1800メートルのハンデ戦として行われ、2012年は6番人気のショウリュウムーンが勝利を収め、2016年には9番人気のマイネルハニーが優勝するなど以前は波乱も見られたが、芝2000メートルの別定戦となった2017年以降は2番人気以内の馬が優勝している。果たして、今年もこの傾向は続くのだろうか。2016年以前と2017年以降で条件の違いはあるが、暮れの阪神開催で行われた過去8年の結果から、好走馬に共通するポイントを探っていこう。

近年は年齢と着順の関係に特徴あり

過去8年の年齢別成績を調べると、3歳馬が4勝と年長馬をしのぐ活躍を見せている。3歳馬は3着内率も31.6%と良好で、特に別定重量になった2017年以降は〔2・0・2・2〕(勝率・連対率33.3%、3着内率66.7%)と抜群の安定感を誇っている。ちなみに、近3年は優勝馬と3着馬がいずれも4歳以下、2着馬は全て5歳以上という組み合わせでの決着だった。別定重量で行われた近年の傾向を重視するのであれば、この年齢と着順の関係を踏まえて予想を組み立てるのも面白そうだ。〔表1〕

〔表1〕年齢別成績(過去8年)
年齢 成績 勝率 連対率 3着内率
3歳 4-0-2-13 21.1% 21.1% 31.6%
4歳 2-2-2-20 7.7% 15.4% 23.1%
5歳 2-3-0-24 6.9% 17.2% 17.2%
6歳 0-2-2-17 0% 9.5% 19.0%
7歳 0-1-1-14 0% 6.3% 12.5%
8歳 0-1-0-7 0% 12.5% 12.5%
  • 注記:2014年は2着同着

前走1着馬の勢いと6着以下だった馬の変わり身に注意

過去8年の前走の着順別成績を見ていくと、前走で1着だった馬が3着内率41.7%と優秀な好走率をマークしている。別定重量となった2017年以降は前走でオープンクラスのレースを勝って臨んだ馬が〔2・2・0・1〕(勝率40.0%、連対率・3着内率80.0%)と出色の成績を挙げている。今年も該当する馬が出走してきたら高く評価すべきだろう。〔表2〕

〔表2〕前走の着順別成績(過去8年)
前走の着順 成績 勝率 連対率 3着内率
1着 3-5-2-14 12.5% 33.3% 41.7%
2着 0-1-0-7 0% 12.5% 12.5%
3着 0-1-0-6 0% 14.3% 14.3%
4着 1-0-0-8 11.1% 11.1% 11.1%
5着 1-0-1-8 10.0% 10.0% 20.0%
6着〜9着 2-2-2-25 6.5% 12.9% 19.4%
10着以下 1-0-2-27 3.3% 3.3% 10.0%
  • 注記:2014年は2着同着

なお、3着以内馬延べ24頭中9頭は前走で6着以下に敗れており、そのうち5頭は前走が芝2500メートル以上のレースだった。その他に芝1400メートルのスワンSで6着に敗れていたショウリュウムーン(2012年1着)が巻き返した例もあり、大幅に距離を変更してきた馬の変わり身には注意が必要だ。一方、前走が芝の1600メートルから2400メートルのレースで6着以下だった馬は3着内率6.5%と低調で、これに該当する馬は割り引きたい。〔表3〕

〔表3〕前走が6着以下だった馬の、前走の距離別成績(過去8年)
前走の距離 成績 勝率 連対率 3着内率
芝1400m以下 1-0-0-3 25.0% 25.0% 25.0%
芝1600m〜芝2400m 0-1-2-43 0% 2.2% 6.5%
芝2500m以上 2-1-2-5 20.0% 30.0% 50.0%
ダート 0-0-0-1 0% 0% 0%

マイルから中距離のオープン実績をチェック

過去8年の出走馬について、同年に芝の1600メートルから2000メートルで行われたオープンクラスのレースで連対した経験の有無を調べてみた。すると、3着以内に入った頭数は、経験ありの馬が14頭、なしの馬は10頭とさほど差はなかったものの、好走率は経験ありの馬が大きくリードしている。経験なしの馬は勝率が1.4%と極端に低く、別定重量となった2017年以降は〔0・2・3・21〕と勝ち切れていないことは気に留めておいた方がよさそうだ。〔表4〕

(高那実 マヤ)

〔表4〕同年に芝1600メートルから芝2000メートルで行われたオープンクラスのレースで連対した経験の有無別成績(過去8年)
経験の有無 成績 勝率 連対率 3着内率
あり 7-4-3-32 15.2% 23.9% 30.4%
なし 1-5-4-63 1.4% 8.2% 13.7%
  • 注記:2014年は2着同着

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: