今週の注目レース

東京スポーツ杯2歳ステークス(GⅢ)

東京競馬場 1800メートル(芝)馬齢 2歳オープン

出走馬情報

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

ダノンザキッド

牡2歳

調教師:安田隆行(栗東)

  • 父:ジャスタウェイ
  • 母:エピックラヴ
  • 母の父:Dansili
ここに注目!

メイクデビュー阪神(芝1800メートル)を3馬身差で快勝。当時の2、3着馬もすぐに次戦を勝ち上がっており、レースレベルも高かった。半兄がオープン馬ミッキーブリランテ(父ディープブリランテ)という良血馬が、2戦目でさらに前進を見せる。

前走のメイクデビュー阪神は、好スタートから5、6番手の外を確保すると、メンバー中最速タイの上がり3ハロン34秒7(推定)で鋭く駆け抜けた。3馬身離した2着馬ワンダフルタウンが次戦を勝ち、萩S(リステッド)で3着。5馬身離した3着馬テンバガーも次戦を勝利しており、価値ある初陣Vだった。騎乗した北村友一騎手は「追い切りでは手前を替えないところがありましたが、レースは楽な流れになって手前も替えてくれました。ギアを上げられましたし、強かったと思います」と称賛していた。夏場は休養し、成長を促された。距離への不安はなく、そのレースセンスの高さから、初挑戦の東京コースもクリア可能だろう。

ジュンブルースカイ

牡2歳

調教師:友道康夫(栗東)

  • 父:ドゥラメンテ
  • 母:ジュントップヒトミ
  • 母の父:ゼンノロブロイ
ここに注目!

前々走のメイクデビュー中京(芝2000メートル)を勝利し、前走の萩S(リステッド。京都・芝1800メートル)では2着に好走。萩Sの勝ち馬シュヴァリエローズとの1/2馬身差は道中の位置取りの違いも大きかった印象で、強烈な末脚はここでも通用する。

早めに仕掛けて2着をもぎ取った前走の萩S(リステッド)も見どころ十分だったが、前々走のメイクデビュー中京が好内容。好位追走から早めに先頭へ立ち、直線は鋭く迫るサトノスカイターフ(2着)を相手にしぶとく粘り切った。同じ友道康夫厩舎で2016年の日本ダービーを制したマカヒキとは祖母(リアルナンバー)が同じ。マカヒキとの共通点を聞かれた友道調教師は「体幹や筋肉の質ですね」と、秘める素質を感じている様子だった。東京スポーツ杯2歳Sの勝ち馬は過去10年だけでもディープブリランテ、ワグネリアン、コントレイルがダービー馬まで出世した。厩舎の偉大な先輩に続くためにも、登竜門を無事にくぐり抜けたい。

タイトルホルダー

牡2歳

調教師:栗田徹(美浦)

  • 父:ドゥラメンテ
  • 母:メーヴェ
  • 母の父:Motivator
ここに注目!

メイクデビュー中山(芝1800メートル)で鮮やかな逃げ切り勝ち。半姉は小柄な馬体で注目を集めたメロディーレーン(父オルフェーヴル)。本馬は前走時472キログラムとしっかりした体つきだが、ここを皮切りに姉のような人気馬になれるか、期待は大きい。

1番人気に支持されたメイクデビュー中山はハナを奪取。前半1000メートル通過タイム1分03秒2のゆったりとしたペースを刻み、危なげないレース運びで最後まで押し切った。2着のノーダブルディップが次戦をすぐに勝利しており、レースレベルも評価できる。騎乗した戸崎圭太騎手は「調教から良い動きをしていましたし、いい競馬ができました」と笑顔。半姉は2019年菊花賞に340キログラムの馬体重で出走して話題を呼んだメロディーレーンだが、管理する栗田徹調教師は「この馬は中型サイズ。バネがあっていいフットワークをしています。筋肉もいいですよ」と、その素質をアピールしていた。前走のようなマイペースの逃げを打てれば、好走確率も高くなる。

ドゥラヴェルデ

牡2歳

調教師:木村哲也(美浦)

  • 父:ドゥラメンテ
  • 母:タミーン
  • 母の父:Shirocco
ここに注目!

メイクデビュー新潟(芝1800メートル)で繰り出した上がり3ハロン33秒1(推定)の末脚が強烈。中団から一気に伸びて後続を3馬身突き放した。大柄な馬体でパワーも十分。いかにも東京コースの直線で輝きそうな素質馬だ。

メイクデビュー新潟が豪快な勝ちっぷり。強烈な決め手で2着馬を3馬身突き放した。騎乗した北村宏司騎手は「スタートはうわずって出ましたが、二の脚で流れに乗れました。まだモタれたり課題はありますが、勝ち切ったのは能力の証でしょう」と高く評価している。デビュー当初は左にささる面があったが、入念に調教を重ねるにつれてその課題も改善。馬体も一回りしっかりしてきた印象だ。新種牡馬のドゥラメンテ産駒。管理する木村哲也調教師も「(厩舎の)現3歳世代に負けない素質があると思ってやっています」と期待を込める。新馬戦は506キログラムの馬体重で出走。そのパワフルな走法で、東京コースの坂もクリアできそうだ。

プラチナトレジャー

牡2歳

調教師:国枝栄(美浦)

  • 父:キングカメハメハ
  • 母:ホワイトエレガンス
  • 母の父:クロフネ
ここに注目!

今回と同舞台で行われた前走の未勝利(東京・芝1800メートル)では、後方でじっくり構える競馬を披露。タフな不良馬場をしっかり伸び切り、先行勢を捕らえた。時計が掛かる馬場コンディションも問題ないパワー型。ここも上位候補の一頭だろう。

前走の未勝利は、不良馬場のかなりタフなコンディション。かなりの雨が降り、まだパワーが伴っていない2歳馬には苦しい馬場と思われた。それでも本馬は後方からグングンと加速すると、直線で一気の差し切り。上がり3ハロン35秒2(推定)のタイムは、2番目に速い馬の35秒7より0秒5も速く、まさに出色の末脚だった。4着だったメイクデビュー札幌(芝1800メートル)と比較して、折り合いもスムーズだった印象だ。何より、初戦で敗れたバスラットレオンは次戦の札幌2歳Sでも3着を確保。ハイレベルなレースを経験し、本馬も2戦目で成長を示した。同じ国枝栄厩舎で管理された母ホワイトエレガンスは2015年のオープン特別・紫苑Sで2着に好走。秘める素質は確かだ。

モメントグスタール

牡2歳

調教師:高木登(美浦)

  • 父:ハービンジャー
  • 母:ハーモニーフェア
  • 母の父:シンボリクリスエス
ここに注目!

前走の1勝クラス・アスター賞(中山・芝1600メートル)は、好位から粘って3着に好走。評判馬の上位2頭の切れには屈したが、重賞挑戦にめどを立てる内容だった。父ハービンジャーの血統背景なら、距離延長も気にならない。

メイクデビュー新潟(芝1600メートル)は、残り600メートルから一気にペースアップしたレースを好位から鋭く伸びて勝利。1馬身1/2突き放した2着馬スペシャルトークが次戦をすぐに勝利したようにレースレベルも悪くない。騎乗した菅原明良騎手は「折り合いもつきましたし、追い出してからもいい反応でしっかりと脚を使ってくれました」と評価。長く使えるいい脚は、いかにも東京の直線に向いていそうだ。管理する高木登調教師は「ハービンジャー産駒でも軽い走りをします」とタイプを分析。200メートルの距離延長についても前向きに捉えている。前走の1勝クラス・アスター賞(3着)は、4コーナー付近でポジションを下げたのも痛かった印象。スムーズなら巻き返しがありそうだ。

モリノカンナチャン

牝2歳

調教師:大江原哲(美浦)

  • 父:ハービンジャー
  • 母:ヒカルドウキセイ
  • 母の父:サンデーサイレンス
ここに注目!

8着に敗れた前走のアルテミスSは、スタートでの出遅れが痛恨。それでも末脚はしっかりと伸ばしており、見直しの余地はあるだろう。今回はデビュー3戦(全て連対)と同じ芝1800メートル戦に戻る。スムーズな競馬ができれば一変の可能性を秘める。

メイクデビュー札幌(芝1800メートル)は、勝ったバスラットレオン(次走の札幌2歳Sで3着)と並ぶメンバー中最速タイの上がり3ハロン33秒6(推定)の末脚で2着。3戦目の未勝利(札幌・芝1800メートル)では、評判の高いモーリス産駒カランドゥーラを下して勝利と、骨っぽい相手と渡り合ってきた。管理する大江原哲調教師は「レースを経験して、ためる競馬も板についてきました。折り合いも心配ないです」と、成長に目を細めていた。前走のアルテミスSはスタートで大きく出遅れて8着。それまでは好位から鋭い脚を使ってきただけに、最後方からの競馬では苦しかった。それでも、メンバー中2位の上がり3ハロン33秒5(推定)の末脚は評価できる。自分の形なら巻き返しがあるだろう。

レインフロムヘヴン

牡2歳

調教師:堀宣行(美浦)

  • 父:ドゥラメンテ
  • 母:レディオブヴェニス
  • 母の父:Loup Solitaire
ここに注目!

前々走のメイクデビュー東京を鮮やかに勝利し、前走の1勝クラス・百日草特別(共に東京・芝2000メートル)では2着に好走。父ドゥラメンテも管理した堀宣行厩舎所属の素質馬で、そのレースセンスの高さは目を引く。

メイクデビュー東京は向正面で先頭へ立つと、最後までスピードを維持したまま、2着馬を1馬身突き放して勝利。父ドゥラメンテの主戦も務めたM.デムーロ騎手は「彼の子供で勝ててうれしい」と笑顔を見せた。今年の2歳新馬戦はドゥラメンテ産駒が12勝をマーク。初年度ながらディープインパクトの14勝に次ぐ勝利数(11月15日終了時点)を挙げ、存在感を高めている。前走の1勝クラス・百日草特別は、レース前からテンションが高く、出遅れて最後方からマクっていく形。外を回るロスのある競馬だったが、2着を確保したあたりは地力の証明だろう。本レースは多くのドゥラメンテ産駒がエントリーしているが、父の特性を知り尽くした陣営がその素質を開花させる。

(高木 翔平)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: