今週の注目レース

マイルチャンピオンシップ(GⅠ)

阪神競馬場 1600メートル(芝・外)定量 3歳以上オープン

データ分析

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

大激戦となることが多い秋のマイル王決定戦

マイルチャンピオンシップは僅差の決着になることが多いGⅠで、過去10年の1着馬と2着馬の着差は「クビ、クビ、クビ、1馬身、ハナ、1馬身1/4、アタマ、ハナ、アタマ、1馬身1/2」となっている。今年は京都競馬場整備工事のため阪神競馬場で開催されるが、過去10年のデータをひも解いてみた。

1番人気が10連敗中

かつては1番人気の信頼度が割と高いGⅠだったのだが、現在は1番人気が10連敗中。連対率や3着内率は悪くないのだが、不思議と勝てていない。1番人気から5番人気の3着内率はほぼ横並びで、6番人気以下の馬は好走率こそ低いものの、2勝を含む3着以内が8回あり軽視はできないだろう。〔表1〕

〔表1〕単勝人気別成績(過去10年)
単勝人気 成績 勝率 連対率 3着内率
1番人気 0-3-2-5 0% 30.0% 50.0%
2番人気 1-3-0-6 10.0% 40.0% 40.0%
3番人気 2-3-0-5 20.0% 50.0% 50.0%
4番人気 3-0-2-5 30.0% 30.0% 50.0%
5番人気 2-0-1-7 20.0% 20.0% 30.0%
6番人気以下 2-1-5-120 1.6% 2.3% 6.3%

関西馬に注目

過去10年の所属別成績では、関東馬の2勝に対して関西馬が8勝と、勝利数では大きな差がついている。音無厩舎(2010年2着ダノンヨーヨー、2016年1着ミッキーアイル、2019年1着インディチャンプ)、西園厩舎(2010年1着エーシンフォワード、2012年1着サダムパテック)、藤原厩舎(2013年1着トーセンラー、2014年と2015年に2着のフィエロ)、池江厩舎(2017年1着、2018年2着、2019年3着のペルシアンナイト、2018年3着アルアイン)など、ここ10年で複数の3着以内馬を送り込んでいる厩舎もある。〔表2〕

〔表2〕出走馬の所属別成績(過去10年)
所属 成績 勝率 連対率 3着内率
関東(美浦) 2-2-2-48 3.7% 7.4% 11.1%
関西(栗東) 8-8-7-98 6.6% 13.2% 19.0%
海外 0-0-1-2 0% 0% 33.3%

中心視すべきは4歳馬

過去10年の年齢別成績では、優勝馬は全て3歳から6歳で、その中でも4歳馬の好走率が高い。中でも5番人気以内だった4歳馬は〔4・6・3・8〕(3着内率61.9%)という好成績を残している。馬券の軸には人気の4歳馬を据えたい。対して、7歳以上の馬は延べ17頭が出走して3着以内がない。傾向的には馬券対象から外すことができそうだ。〔表3〕

〔表3〕年齢別成績(過去10年)
年齢 成績 勝率 連対率 3着内率
3歳 2-0-2-32 5.6% 5.6% 11.1%
4歳 4-6-3-23 11.1% 27.8% 36.1%
5歳 3-3-4-50 5.0% 10.0% 16.7%
6歳 1-1-1-26 3.4% 6.9% 10.3%
7歳以上 0-0-0-17 0% 0% 0%

前走欄では単勝人気をチェック

前走欄で重視したいのは単勝人気。過去10年の優勝馬のうち9頭は前走で3番人気以内に支持されていた。2017年に4番人気で勝利したペルシアンナイトや、2014年に8番人気で優勝したダノンシャークは、前走で5着以下に敗れていたが、単勝人気は2番人気以内だった。前走での単勝人気は予想する上で重要な要素になりそうだ。〔表4〕

〔表4〕前走の単勝人気別成績(過去10年)
前走の単勝人気 成績 勝率 連対率 3着内率
1番人気 4-2-3-19 14.3% 21.4% 32.1%
2番人気 3-2-2-16 13.0% 21.7% 30.4%
3番人気 2-2-0-17 9.5% 19.0% 19.0%
4番人気 0-3-1-18 0% 13.6% 18.2%
5番人気 0-0-2-9 0% 0% 18.2%
6番人気〜9番人気 0-1-1-30 0% 3.1% 6.3%
10番人気以下 1-0-0-37 2.6% 2.6% 2.6%

前走GⅠ組には注意が必要

勝ち馬が出ている前走は、富士S(3勝)、毎日王冠(2勝)、スワンS、天皇賞(秋)、スプリンターズS、安田記念、京都大賞典(各1勝)。3着以内に入った頭数が多いのは富士SやスワンSといった前哨戦だ。また、前走がスプリンターズSもしくは天皇賞(秋)で0秒5差以内の僅差負けだった馬は、過去10年で該当馬が8頭と少ないものの、〔1・2・2・3〕(3着内率62.5%)と好走する割合が高い。今年の出走馬に該当するが馬がいたら注目しておきたい。〔表5〕

〔表5〕前走別成績(過去10年)
前走 成績 勝率 連対率 3着内率
富士S 3-4-1-43 5.9% 13.7% 15.7%
毎日王冠 2-0-2-18 9.1% 9.1% 18.2%
スワンS 1-4-1-33 2.6% 12.8% 15.4%
天皇賞(秋) 1-1-2-12 6.3% 12.5% 25.0%
スプリンターズS 1-1-0-6 12.5% 25.0% 25.0%
安田記念 1-0-0-4 20.0% 20.0% 20.0%
京都大賞典 1-0-0-1 50.0% 50.0% 50.0%
府中牝馬S 0-0-1-9 0% 0% 10.0%
秋華賞 0-0-0-6 0% 0% 0%
京成杯AH 0-0-0-5 0% 0% 0%
その他のレース 0-0-3-11 0% 0% 21.4%
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

同年のGⅡ勝ち、もしくはGⅠ2着以内が勝利の条件

過去5年の優勝馬に共通していたのは、同年のGⅡで1着、もしくはGⅠで2着以内の実績があった点である。1番人気が10連敗中とはいえ、秋のマイル王に輝くためには、ある程度の実績が必要なようである。〔表6〕

(姫園 淀仁)

〔表6〕過去5年の優勝馬の同年のGⅠ・GⅡ実績
年度 優勝馬 同年の主なGⅠ・GⅡ実績
2015年 モーリス 安田記念1着
2016年 ミッキーアイル スプリンターズS2着ほか
2017年 ペルシアンナイト 皐月賞2着
2018年 ステルヴィオ スプリングS1着
2019年 インディチャンプ 安田記念1着

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: