今週の注目レース

マイルチャンピオンシップ(GⅠ)

阪神競馬場 1600メートル(芝・外)定量 3歳以上オープン

出走馬情報

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

サリオス

牡3歳

調教師:堀宣行(美浦)

  • 父:ハーツクライ
  • 母:サロミナ
  • 母の父:Lomitas
ここに注目!

京都競馬場の改装工事のため、今年は阪神競馬場での開催。同舞台の朝日杯フューチュリティSを完勝している本馬にとっては歓迎材料だろう。著しく発達した胸前の筋肉はマイラーのそれで、春と比較して緩さも抜けてきた。馬体の迫力は出走メンバーでも随一と言える。

今年の皐月賞と日本ダービーは、三冠馬となったコントレイルに敗れての2着。歴史的名馬が相手ではあったが、自身の距離適性が話題となっていたのも事実で、この秋は菊花賞や天皇賞(秋)ではなく、マイル路線にターゲットをシフト。始動戦の前走・毎日王冠では初めての他世代相手の重賞を問題にせず、2着ダイワギャグニーに3馬身差をつける完勝で、昨年の朝日杯フューチュリティS以来となる勝利をマークした。今回のメンバーは実績、能力ともに前走とは比較にならないほど高いレベルだが、勢力図を塗り替え、一気に頂点へと上り詰めてしまうかもしれない。それくらいの奥深さを感じさせる器だ。

グランアレグリア

牝4歳

調教師:藤沢和雄(美浦)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:タピッツフライ
  • 母の父:Tapit
ここに注目!

阪神のマイル戦といえば、後続を寄せ付けずに押し切った昨年の桜花賞が記憶に新しいところ。当時はスピードを前面に押し出すスタイルだったが、現在は直線で末脚を生かす脚質へと変貌。激しいレースになりやすいGⅠでも崩れなくなった理由はこれだろう。

今年はGⅠに絞って3戦に出走。初戦の高松宮記念こそ2着(3位入線繰り上がり)に敗れたものの、続く安田記念では、先日の天皇賞(秋)で芝GⅠ8勝の新記録を達成したアーモンドアイ(2着)を2馬身1/2差、昨年のマイル王インディチャンプ(3着)を3馬身差で退けた。前走のスプリンターズSは4コーナー15番手という厳しい位置取りをものともせず、直線勝負で2着馬に2馬身差をつけて完勝。マイルとスプリントのGⅠを連勝し、短距離女王の名を不動としている。今年は複数のGⅠを制する名馬が登場しているが、本馬がここを勝ってGⅠ3勝とするようならば、最優秀短距離馬のタイトルのみならず、それ以外のJRA賞も見えてきそうだ。

インディチャンプ

牡5歳

調教師:音無秀孝(栗東)

  • 父:ステイゴールド
  • 母:ウィルパワー
  • 母の父:キングカメハメハ
ここに注目!

短期放牧から実戦がパターンの馬だが、大目標の前には必ず前哨戦を挟んできた。予定していたスプリンターズSを使えなかった影響がどこまであるのかは推測の域を出ないが、太めが残りやすいタイプでもあるため、当日の馬体重には注意が必要だ。

昨年は安田記念、マイルチャンピオンシップとJRAで行われる2つの古馬マイルGⅠを制し、同年度のJRA賞最優秀短距離馬を受賞した。今年は阪神競馬場での開催となるが、ディフェンディングチャンピオンとして連覇に挑む。読売マイラーズC完勝後となる前走の安田記念は3着。勝ったグランアレグリアには突き放されたものの、2着のアーモンドアイとは1/2馬身差と能力の高さは示した。阪神コースは一昨年の1600万下・元町S(阪神・芝1600メートル、1着)以来となるが、その時は直線だけの競馬で2着馬に3馬身差をつけ、マークした上がり3ハロン33秒2(推定)のタイムも他馬を圧倒していた。この条件への適性は非常に高いと言える。

アドマイヤマーズ

牡4歳

調教師:友道康夫(栗東)

  • 父:ダイワメジャー
  • 母:ヴィアメディチ
  • 母の父:Medicean
ここに注目!

昨年の同時期より10キログラム以上馬体重が増えたが、そのほとんどは成長分であり、腹回りは相変わらずスカッとしたシルエットをしている。馬体面の大幅な上積みは見込みづらいのかもしれないが、息の持ちと反応面は変わってくるだろう。

陣営が昨年のハイライトと考えているのは、強豪を撃破した12月の香港マイル(G1・香港。芝1600メートル)での優勝。3歳馬の勝利は同レースがG1になった2000年以降で初の快挙だったうえ、瞬発力が要求される競馬よりも、我慢比べのタフな状況に適性が高いことを示す勝利でもあった。今年はドバイターフ中止後、前々走の安田記念は6着だったが、敗因の一つは上がり3ハロン33秒台の瞬発力が要求される展開面で、それは4コーナー2番手という絶好のポジションから伸びを欠いた前走のスワンS(3着)も同様だろう。本来、相手強化は歓迎されるものではないが、締まった流れになりやすいという意味ではプラス材料。馬体を併せた追い比べこそが理想の展開だ。

レシステンシア

牝3歳

調教師:松下武士(栗東)

  • 父:ダイワメジャー
  • 母:マラコスタムブラダ
  • 母の父:Lizard Island
ここに注目!

2週前追い切りの時点で、栗東坂路で4ハロン50秒3の好時計をマークしたほど。骨折は軽度のものであり、大きなマイナス材料になる雰囲気はない。むしろ、成長を期待したいくらいだ。他世代とは初対戦だが、出走馬唯一の54キログラムの斤量で相殺できるだろう。

昨年の阪神ジュベナイルフィリーズでは1分32秒7の2歳コースレコード(当時)をマークし、2着に5馬身もの差をつける圧勝で2歳女王に輝いた。速い時計の決着が続いている現在の阪神コースの芝コンディションは、スピードを武器にする本馬にとって大きなプラス要素となりそう。春シーズンの3戦は勝つことができなかったが、チューリップ賞はスローペースに落とし過ぎての3着、桜花賞はスピードのそがれる重馬場に苦しんでの2着。桜花賞から中3週で初の東京遠征だったNHKマイルCも2着と惜敗したが、レース後に軽度の骨折が判明しており、多少の影響はあったと考えるのが妥当だろう。今回のメンバーでも通用する能力を持っているはずだ。

ヴァンドギャルド

牡4歳

調教師:藤原英昭(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:スキア
  • 母の父:Motivator
ここに注目!

前走は上手に出たが、本馬にとっての課題の一つがスタート。特に今回は、序盤のロスが大きく響くと予測されるハイレベルなメンバー構成になっている。まずは発馬に注目だ。阪神コースは久しぶりだが、4戦して推定上がり3ハロン33秒台が3回と、不安は少ない。

2歳秋から3歳春までは重賞路線に出走していたが、秋は1勝クラスから再スタート。そこから2勝クラス、3勝クラスまで3連勝して挑んだ今年初戦の東京新聞杯は6着ながら、勝ち馬とのタイム差は0秒2だった。続く読売マイラーズCで3着後、スムーズさを欠いた前々走の安田記念では10着に敗退したが、約4か月半のリフレッシュ期間を経た前走の富士Sでは、3頭のGⅠ馬を従える格好で重賞初制覇を達成。大一番に向けて勢いをつけている。今回の出走馬の中でも屈指と言える血統背景は大きな魅力で、近親には今年のイギリス牝馬クラシック二冠馬で世代最強の呼び声も高いラブがいる。3度目のGⅠ挑戦で大きな仕事をするかもしれない。

ラウダシオン

牡3歳

調教師:斉藤崇史(栗東)

  • 父:リアルインパクト
  • 母:アンティフォナ
  • 母の父:Songandaprayer
ここに注目!

約5か月半ぶりだった前走時の馬体重は、休養前から16キログラム増の510キログラム。しかし、太め残りという印象はなく、単純に体が大きくなった印象を受けた。今回は長距離輸送のない阪神コースだが、仮に体重増であっても気にする必要はないだろう。

昨年12月の朝日杯フューチュリティSこそ8着に敗れたが、デビューから8戦して〔4・2・1・1〕と、3着以内を外したのはこのレースのみ。4勝の中にはレシステンシアを退けた前々走のNHKマイルCのビッグタイトルも含まれており、実績的には今回のメンバーでも上位にランクできる。前走の富士Sは他世代と初対戦のうえ、GⅠ勝ち馬には2キログラム増の別定戦だったこともあり、勝った4歳馬ヴァンドギャルドと同じ斤量を背負っての2着だった。休み明けを1度使われた上積みが見込める今回、定量戦に変わる点も加味すれば、相手強化でもチャンスがあっていいはずだ。

サウンドキアラ

牝5歳

調教師:安達昭夫(栗東)

  • 父:ディープインパクト
  • 母:サウンドバリアー
  • 母の父:アグネスデジタル
ここに注目!

言わずと知れた京都巧者。阪神での開催はマイナスと思われそうだが、このコースでも重賞勝利を決めた実績があり、そこまで意識する必要はないだろう。前走時はレース前から少しうるさい面を見せていたので、レース当日に落ち着きがあるかどうかのチェックは欠かせない。

今年の京都金杯で重賞初勝利を飾り、その後も京都牝馬S、阪神牝馬Sと重賞を3連勝。その勢いに乗って挑んだヴィクトリアマイルは、勝ったアーモンドアイには離されたものの、昨年のヴィクトリアマイル優勝馬ノームコア(3着)の追い上げをしのいで2着に好走した。1番人気に支持された前走のスワンSは10着に大敗したが、最内枠からのスタートで内を進んだことが、開催最終週のタフな馬場コンディションとマッチしなかった印象。5歳を迎えての充実ぶりは誰もが認めるところで、前走の敗戦だけで評価を下げるのは早計だろう。速い時計の決着に対応したヴィクトリアマイルの内容から、良好な馬場コンディションが見込める阪神コースで巻き返しが期待できる。

(松浪 大樹)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: