今週の注目レース

福島記念(GⅢ)

福島競馬場 2000メートル(芝)ハンデ 3歳以上オープン

出走馬情報

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

マイネルサーパス

牡4歳

調教師:高木登(美浦)

  • 父:アイルハヴアナザー
  • 母:マイネアクティース
  • 母の父:タマモクロス
ここに注目!

福島コースでは、500万下・きんもくせい特別(芝1800メートル)を2歳コースレコードで勝利。3歳時のラジオNIKKEI賞で勝ち馬から0秒1差の2着に入り、今春の福島民報杯(リステッド。芝2000メートル)を快勝した。相性のいい舞台で、主役の座は譲れない。

今年初戦の中山金杯で勝ち馬から0秒3差の6着に入ると、白富士S(リステッド。東京・芝2000メートル)では9番人気の低評価を覆して0秒1差の2着に好走した。4月の福島民報杯(リステッド)は、速めのペースに乗じて3コーナー過ぎから一気にポジションを押し上げると、直線で鮮やかに抜け出して4勝目をマーク。前々走の七夕賞は直線の伸び脚を欠いて11着に敗れたが、約3か月の休み明けに加えて58キログラムの斤量を背負った前走のオクトーバーS(リステッド。東京・芝2000メートル)では5着に入った。中間の追い切りでは、躍動感が増して一段と動きが良化。好成績を残す福島コースで、念願の重賞タイトル獲得を狙う。

ヴァンケドミンゴ

牡4歳

調教師:藤岡健一(栗東)

  • 父:ルーラーシップ
  • 母:アンフィルージュ
  • 母の父:アグネスタキオン
ここに注目!

約3か月半ぶりの実戦となった前走のカシオペアS(リステッド。京都・芝1800メートル)で3着に好走。福島コースではこれまで5戦4勝に加えて七夕賞で3着と抜群の成績を誇り、休み明けを1度使って状態面も型通り良化。待望の重賞制覇に向けて、機は熟した。

今年4月の3勝クラス・エールS(福島・芝2000メートル)は、じっくり脚をためて後方を追走。3コーナー過ぎから外を回って一気に押し上げると、メンバー中最速となる上がり3ハロン34秒5(推定)の末脚で、直線は豪快に突き抜けて2馬身差で快勝した。前々走の七夕賞は、軽く促して中団馬群を進み、重馬場のタフなコンディションをものともせず、3コーナー付近から長くいい脚を使って3着に好走。約3か月半の休み明けだった前走のカシオペアS(リステッド)では、4コーナー12番手から3着まで追い上げた。良績のなかった京都コースで結果を残せたことが充実ぶりを物語っており、中1週でも得意の福島コースなら有力候補に挙げられる。

トーラスジェミニ

牡4歳

調教師:小桧山悟(美浦)

  • 父:キングズベスト
  • 母:エリモエトワール
  • 母の父:マンハッタンカフェ
ここに注目!

キャリアを重ねるごとにコツコツと地力をつけ、今夏のオープン特別・巴賞(函館・芝1800メートル)を逃げ切って5勝目をマーク。ここ2戦はハイレベルのGⅡで健闘しており、今回のメンバーなら能力は互角以上だ。展開の鍵を握る本馬の動向から目が離せない。

約2か月半の休み明けだった6月のエプソムCでは、18番人気の低評価を覆して3着に好走。続くオープン特別・巴賞は、好スタートを決めてマイペースの逃げに持ち込むと、直線も後続を寄せつけず1馬身1/2差で快勝した。3走前の函館記念はハイペースのなか、ラスト100メートルまでしぶとく逃げ粘って見せ場十分の4着。前々走の札幌記念(8着)はGⅠ馬3頭が顔をそろえた豪華メンバーで、前走の毎日王冠は勝ったサリオスに直線半ばで早めにかわされたが、6着に踏ん張ったことを考えれば、ここ2戦のレース内容は悪くない。夏場からコンスタントに使っているが、引き続き好調をキープ。ハナが理想で、同型馬との兼ね合いは鍵だが、小回りの福島コースならあっさり押し切っても不思議はない。

ウインイクシード

牡6歳

調教師:鈴木伸尋(美浦)

  • 父:マンハッタンカフェ
  • 母:イクスキューズ
  • 母の父:ボストンハーバー
ここに注目!

距離の長かった日経賞、札幌日経オープン(リステッド。札幌・芝2600メートル。共に8着)を除けば、昨秋以降の安定感は抜群。昨年の福島記念は差し・追い込み馬が台頭する展開のなか、先行策で勝ち馬から0秒4差の4着に粘った。ここも立ち回り次第でチャンスがありそうだ。

今年初戦の中山金杯は、スッと前に取りついて好位集団の5番手を追走。直線もしぶとく脚を伸ばしたが、勝ち馬にアタマ差の2着と惜敗した。約3か月の休み明けとなった日経賞は直線で粘りを欠いて8着に敗れたが、続く福島民報杯(リステッド。福島・芝2000メートル)は、中団で脚をためて3コーナー過ぎから徐々に押し上げると、直線もジワジワと差を詰めて3着に入った。前々走の七夕賞は2番手追走の積極策から、直線は最終週の荒れたインを通りながらもしぶとく粘って5着に健闘。前走の札幌日経オープン(リステッド)は8着だったが、陣営は距離を敗因に挙げており、ベストの条件で巻き返しが期待される。

レッドローゼス

牡6歳

調教師:国枝栄(美浦)

  • 父:ステイゴールド
  • 母:リヴィアローズ
  • 母の父:Galileo
ここに注目!

昨年4月の福島民報杯(リステッド。福島・芝2000メートル)では、クレッシェンドラヴ(のちに重賞2勝)を退け、1分58秒6の好タイムで通算6勝目をマーク。瞬発力はここでも互角以上のものがあり、展開次第で上位争いに加わるシーンもありそうだ。

今年初戦の中山金杯は14着に敗れたが、4月の福島民報杯(リステッド。福島・芝2000メートル)は、不得手な重馬場のなか、最後方追走から4着まで追い上げ、あらためて能力の高さをアピールした。5月のメトロポリタンS(リステッド。東京・芝2400メートル)9着を経て、前々走の七夕賞は、重馬場に脚を取られながらも、勝ち馬と0秒7差の7着。前走のオープン特別・関越S(新潟・芝1800メートル)は、スタートで後手を踏み、流れに乗り切れずに6着も、優勝馬ザダルに次ぐ上がり3ハロン33秒1(推定)の末脚を使っており、レース内容は悪くなかった。福島コースでリステッド勝ちの実績があり、脚の使いどころひとつで、遜色のない競馬ができそうだ。

デンコウアンジュ

牝7歳

調教師:荒川義之(栗東)

  • 父:メイショウサムソン
  • 母:デンコウラッキー
  • 母の父:マリエンバード
ここに注目!

7歳でも衰えは感じられず、今年の愛知杯で重賞3勝目をマーク。これまで2か月以上の休み明けは〔0・0・0・8〕で、使いながら良化するタイプではあるが、10月下旬から時計を出し始めて順調に乗り込みを消化。ひと追いごとに馬体が引き締まり、力を出せる態勢は整った。

56キログラムのトップハンデを背負った今年初戦の愛知杯は、重馬場のタフなコンディションのなか、4コーナー7番手のインから直線で狭いスペースを抜け出して、咋年4月の福島牝馬S以来となる勝ち星を挙げた。続く中山牝馬Sは、スッと控えて後方待機策。上位馬とは位置取りの差も出たが、直線で大外から懸命に差を詰めて4着に入った。前走の福島牝馬Sは13着に敗れたが、騎乗した柴田善臣騎手が「3コーナーから何度もぶつけられて、気持ちが切れてしまいました」と振り返ったように、敗因は明白。今回は約6か月半の休み明けに加えて牡馬相手になるが、重賞3勝、2017年ヴィクトリアマイル2着の実績は上位で、侮れない存在だ。

テリトーリアル

牡6歳

調教師:西浦勝一(栗東)

  • 父:Teofilo
  • 母:コンサヴァトワー
  • 母の父:Street Cry
ここに注目!

今年初戦の中山金杯で3着に好走。その後の3戦は物足りなかったが、前走のオクトーバーS(リステッド。東京・芝2000メートル)を制して再び上昇ムード。福島コース向きの機動力があり、約4か月半ぶりの前走を使って、状態面の上積みも十分に見込めるだろう。

今年1月の中山金杯は、最内枠を生かして好位のインを追走し、直線もインの狭いスペースからしぶとく脚を伸ばして勝ち馬と0秒1差の3着に好走。しかし、続く小倉大賞典は離された6着、都大路S(リステッド。京都・芝1800メートル)は直線で伸びを欠いて5着、前々走の鳴尾記念も13着と大敗した。約4か月半の休養で立て直した前走のオクトーバーS(リステッド)は、好スタートを決めて2番手を追走。稍重のタフな馬場コンディションで速い流れだったが、手応え良く直線を向くと、逃げたパンサラッサ(2着)との追い比べを制して7勝目をマークした。今回は56.5キログラムのハンデを背負うが、勝った勢いに乗って重賞タイトル獲得を目指す。

アドマイヤジャスタ

牡4歳

調教師:須貝尚介(栗東)

  • 父:ジャスタウェイ
  • 母:アドマイヤテレサ
  • 母の父:エリシオ
ここに注目!

2歳時のホープフルSで2着に入り、将来を嘱望された素質馬。3歳以降の成績は振るわなかったが、前々走の函館記念で約1年9か月ぶりの勝利を挙げて復調を示した。父ジャスタウェイは4歳時に本格化した晩成型で、本馬ももうひと皮むけても不思議はない。

ホライゾネットを着用した今年6月の鳴尾記念で、4コーナー8番手からじりじり脚を使って6着に入り、復活のきっかけをつかんだ。前々走の函館記念は、軽く促しながら中団馬群を追走。54キログラムのハンデやハイペースが向いた面はあったものの、3コーナー過ぎから外を回って押し上げると、残り100メートル付近で先頭を捕らえ、最後は後続を1馬身1/2差をつけて初の重賞タイトルを奪取した。前走の札幌記念は末脚不発で10着に敗れたが、GⅠ馬3頭を含む豪華メンバーだったことを踏まえれば、悲観する内容ではないだろう。今回は約3か月の休み明けになるが、相変わらず調教の動きは抜群で、仕上がりに抜かりはない。

(京増 真臣)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: