今週の注目レース

武蔵野ステークス(GⅢ)

東京競馬場 1600メートル(ダート)別定 3歳以上オープン

データ分析

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

一筋縄ではいかないチャンピオンズCの前哨戦

チャンピオンズCの前哨戦に位置付けられている武蔵野S。大波乱の決着があれば、本命寄りの決着もあり、逃げ・先行馬の押し切りがあれば、差し・追い込み馬の台頭もありと、なかなか狙い馬を絞りづらい重賞である。今回も過去10年のデータから、レース傾向を探ってみよう。

オープン特別を好走した馬が勢いのままに活躍

前走別成績を調べてみると、前走オープン特別で3着以内に入っていた馬の3着内率が33.3%と高い。トップクラスのダートホースが同時期のJBC競走を使われる中、武蔵野Sではオープン特別で好走してきた勢いのある馬の活躍が目立っている。〔表1〕

〔表1〕前走別成績(過去10年)
前走 成績 勝率 連対率 3着内率
GⅠ・JpnⅠ 0-1-0-8 0% 11.1% 11.1%
GⅡ 0-0-0-0 - - -
GⅢ 1-2-2-25 3.3% 10.0% 16.7%
オープン特別3着以内 4-4-2-20 13.3% 26.7% 33.3%
オープン特別4着以下 1-0-2-39 2.4% 2.4% 7.1%
3勝クラス(旧1600万下) 1-0-2-16 5.3% 5.3% 15.8%
地方競馬のレース 3-3-2-20 10.7% 21.4% 28.6%
  • 注記:2011年のマイルチャンピオンシップ南部杯は東京競馬場で開催したため「GⅠ・JpnⅠ」で集計

同年に東京コースで優勝経験のある馬が好走

東京競馬場のダートコースは、直線がJRAのダートコースの中では最も長い上、坂もある。武蔵野Sではそんな東京コースへの適性が求められているのか、同年に東京コースで優勝経験があった馬の方が好走率が高くなっている。9番人気で優勝した2019年のワンダーリーデルは同年6月のアハルテケSを優勝、1番人気の期待に応えた2018年の優勝馬サンライズノヴァは、同年6月のアハルテケSと10月のグリーンチャンネルCを連勝と、ここ2年の優勝馬はそれぞれ同年に東京競馬場で優勝経験があった。〔表2〕

〔表2〕同年の東京競馬場のレースでの優勝経験の有無別成績(過去10年)
経験の有無 成績 勝率 連対率 3着内率
あり 8-6-6-48 11.8% 20.6% 29.4%
なし 2-4-4-80 2.2% 6.7% 11.1%

前走の単勝人気をチェック

過去10年の前走の単勝人気別成績を見ると、前走で3番人気以内に支持されていた馬が好成績を収めている。たとえ前走で凡走していても、上位人気に支持されていた馬は巻き返しのチャンスがあるようで、昨年の2着馬タイムフライヤーは、前走のシリウスSで1番人気に支持されながら6着に敗れていたが、武蔵野Sで巻き返しに成功した。一方、前走で好走していたとしても、単勝人気が低かった場合は好走率が低い。昨年3番人気で5着に敗れたサンライズノヴァは、前走のマイルチャンピオンシップ南部杯が4番人気の評価を覆しての優勝だった。前走の単勝人気は要チェックだ。〔表3〕

〔表3〕前走の単勝人気別成績(過去10年)
前走の単勝人気 成績 勝率 連対率 3着内率
3番人気以内 10-7-4-49 14.3% 24.3% 30.0%
4番人気以下 0-3-6-79 0% 3.4% 10.2%

オーソドックスだが馬体重にも注目

一般的にダート戦は大型馬の好走率が高い。武蔵野Sにもこの法則が当てはまるようで、過去10年で馬体重500キログラム以上の馬が6勝を挙げており、500キログラム以上と500キログラム未満では3着内率も大きく違う。迷ったら大型馬を狙ってみるのも手である。〔表4〕

(姫園 淀仁)

〔表4〕馬体重別成績(過去10年)
馬体重 成績 勝率 連対率 3着内率
479kg以下 2-2-0-30 5.9% 11.8% 11.8%
480kg〜499kg 2-2-2-39 4.4% 8.9% 13.3%
500kg〜519kg 2-3-4-30 5.1% 12.8% 23.1%
520kg以上 4-3-4-29 10.0% 17.5% 27.5%

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: