今週の注目レース

秋の2歳単勝馬連 KBS京都賞ファンタジーステークス(GⅢ)

阪神競馬場 1400メートル(芝)馬齢 (牝) 2歳オープン

出走馬情報

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

メイケイエール

牝2歳

調教師:武英智(栗東)

  • 父:ミッキーアイル
  • 母:シロインジャー
  • 母の父:ハービンジャー
ここに注目!

本馬は鹿毛だが、母系は日本の白毛一族として注目を集める。先週のアルテミスSでは、近親のソダシが重賞2勝目を挙げた。本馬はマイルGⅠ2勝の父からスピードをしっかりと受け継いでおり、ここの結果次第では年末の大舞台が見えてくるはずだ。

前走の小倉2歳Sは、スタートこそ行き脚がつかず後方からとなったが、すぐさまポジションを押し上げ、中団を追走。行きたがるそぶりを見せながらの道中だったが、3コーナーあたりで折り合うと、4コーナーでは先頭集団を射程にとらえた。馬群の一番外から力強い脚取りでスパートをかけるとグングン加速し、ラスト50メートル付近で先頭へ。ゴール前でもうひと伸びをみせ、2着モントライゼに1馬身1/4差をつける快勝で重賞初制覇を達成した。マークした上がり3ハロンタイムはメンバー中最速の35秒1(推定)。ゴール前の余裕ぶりから200メートルの距離延長も問題なさそうで、今回も上位争いができるだろう。

ヨカヨカ

牝2歳

調教師:谷潔(栗東)

  • 父:スクワートルスクワート
  • 母:ハニーダンサー
  • 母の父:Danehill Dancer
ここに注目!

近親に、秋華賞、エリザベス女王杯のGⅠ2勝を含む重賞5勝を挙げたファインモーションがいるように、母系の底力は確かなものがある。九州産馬として話題となっているが、実力の高さは血統からも裏付けされており、まだまだ連勝を伸ばす可能性は十分にあるだろう。

3走前のメイクデビュー阪神(芝1200メートル)は、道中4番手からメンバー中最速の上がり3ハロン34秒7(推定)をマークして完勝。2着に下したモントライゼがその後に小倉2歳Sで2着に入るなど、決して相手に恵まれた勝利ではなかった。前々走のオープン特別・フェニックス賞(小倉・芝1200メートル)では、最内枠からハナを奪うと終始楽な手応えで直線を向き、2着に1馬身1/2差をつけて快勝した。前走のオープン特別・ひまわり賞(小倉・芝1200メートル)も3馬身1/2差のV。先手を奪うスピードを見せながら直線も伸び脚を発揮する自在のレースぶりから、重賞でも勝ち負けに加わってくるはずだ。

サルビア

牝2歳

調教師:鈴木孝志(栗東)

  • 父:ダイワメジャー
  • 母:リップスポイズン
  • 母の父:Mamool
ここに注目!

母は独1000ギニー(G2)の勝ち馬で、繁殖牝馬としても新潟2歳S2着のアンブロークンを出すなど優秀な成績を残している。近親にはドイツのG1・ダルマイヤー大賞を勝ったLucky Lionがおり、本馬の血統的なスケールは大きい。重賞初挑戦でも期待が持てる。

前走の1勝クラス・りんどう賞(京都・芝1400メートル)は約2か月半ぶりの1戦で、道中は鞍上がなだめる場面があったものの、3コーナーあたりから折り合いもつき、直線では鋭い伸びを披露した。ラスト200メートル過ぎで先頭へ立つと、あとは後続を突き放すのみ。メンバー中最速の上がり3ハロン35秒1(推定)を繰り出し、2着馬に5馬身差をつける完勝で、力の違いを見せつける内容だった。前々走のメイクデビュー新潟(芝1400メートル)でも、レースセンスを感じさせる内容で快勝。今回と同じ距離で連勝をしてきており、条件も申し分ない。重賞初挑戦でも、主役を担える存在となりそうだ。

ラヴケリー

牝2歳

調教師:高柳大輔(栗東)

  • 父:カレンブラックヒル
  • 母:ダームドゥラック
  • 母の父:シンボリクリスエス
ここに注目!

父はデビューから3連勝で迎えたNHKマイルCを豊かなスピードで逃げ切り、ビッグタイトルを手にした。母も1000メートルと1200メートルでデビュー2連勝をマーク。両親から受け継いだ速力を生かして、重賞初タイトルを狙いたいところだ。

3走前のメイクデビュー函館(芝1200メートル)は、発馬こそひと息だったものの、二の脚を利かせて鋭いダッシュでハナへ。3コーナーでは後続を2、3馬身離す強気の逃げで、直線でも独走態勢のまま2着馬に3馬身差をつけてゴールに飛び込んだ。続く函館2歳Sでも3着に好走。今度は後方から脚をためると、直線は内を突いて馬群の間を縫うように差し脚を伸ばし、勝ち馬リンゴアメを0秒1差まで追い上げた。メンバー中最速の上がり3ハロン35秒4(推定)をマークし、重賞でも通用する実力を証明。前走のオープン特別・クローバー賞(札幌・芝1500メートル)は好位から運んでの2着と、デビューから3戦全てで異なる競馬で結果を残しており、自在性は大きな武器といえそうだ。

モンファボリ

牝2歳

調教師:須貝尚介(栗東)

  • 父:Frankel
  • 母:フォエヴァーダーリング
  • 母の父:Congrats
ここに注目!

祖母Darling My DarlingはアメリカのG1で2着2回。母もアメリカでG2を制している。近親に有馬記念などGⅠ3勝のゼンノロブロイがいるように、非常に優れた牝系の出身。本馬も、前走13着から巻き返すことができるだけの素質はあるだろう。

デビュー戦が衝撃のレースぶりだった。そのメイクデビュー函館(芝1200メートル)は、スタートからスッと先手を奪うと、楽な手応えのまますんなりとハナへ。力強いフットワークで前半600メートル通過タイム33秒7と後続を寄せ付けないペースを刻むと、直線は差を詰められるどころか突き放す一方でゴール。従来の記録を0秒5更新する1分08秒7の2歳コースレコードで駆け抜けた。連勝の期待がかかった前走の函館2歳Sでは、控える形がうまくいかなかったのか13着と大敗。初戦で見せたスピードを考えても、開幕週の馬場コンディションは合うはずで、今回が試金石の一戦となるだろう。

メイショウイチヒメ

牝2歳

調教師:飯田祐史(栗東)

  • 父:メイショウボーラー
  • 母:メイショウマンボ
  • 母の父:スズカマンボ
ここに注目!

母はオークスを制すと、秋華賞、エリザベス女王杯とGⅠを3勝した。現役時代に大活躍した母の初仔として、本馬にも大きな期待がかかる。父も豊富なスピードがあり、母の底力と父のスピードが合わさった配合と言える。デビュー2戦目の重賞挑戦でも侮れない。

前走のメイクデビュー阪神(芝1200メートル)は、スタートこそ五分だったが、スッと控えて後方を追走。頭を上げて行きたがるそぶりを見せる場面もあったが、落ち着きを取り戻してからは楽な手応えで中団までポジションを上げ、抜群の手応えで直線へ。内の各馬を鋭い末脚で抜き去ると、最後は後続の追撃を退けて初陣を勝利で飾った。2着馬とはクビ差でも、ゴール前の手応えには余裕があり、着差以上の内容だったと言える。今回は約4か月半ぶりの休み明けに加えて、相手強化とはなるが、10月29日の1週前追い切りでは栗東CWコースで6ハロン82秒2(ラスト1ハロン11秒9)の好タイムをマーク。状態面は整ってきているとみていいだろう。

フリード

牝2歳

調教師:西園正都(栗東)

  • 父:No Nay Never
  • 母:Arctic Freedom
  • 母の父:War Chant
ここに注目!

父は現役時代にフランスで芝1200メートルのG1・モルニ賞を勝利。祖母Polar Birdもアイルランドで芝1200メートルのG3を勝っており、本馬も血統のイメージ通りのスピードを見せている。今回は、1400メートルに対応できるかどうかが鍵となりそうだ。

前々走の未勝利(小倉・芝1200メートル)で2馬身差のV。レースは外めの10番枠から先手を主張してハナを奪うと、最後まで後続に差を詰められることなく、直線も力強い脚取りで逃げ切り。勝ちタイムの1分07秒5は、従来の2歳JRAレコードを0秒3も上回った。スピード能力は間違いなく、世代でもトップクラスとみていいだろう。前走の小倉2歳Sは5着に敗れこそしたが、雨が降る重馬場ではこの馬の速力が生きなかったと判断できる。今回は開幕週の馬場で行われるだけに、雨さえ降らなければ本馬向きのコンディションとなりそう。1400メートルの距離を克服できれば、巻き返す力はある。

(山口 大輝)

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: