今週の注目レース

天皇陛下御即位慶祝 天皇賞(秋)(GⅠ)

東京競馬場 2000メートル(芝)定量 3歳以上オープン

データ分析

注記:1勝クラス・2勝クラス・3勝クラスは、従来の500万円以下・1000万円以下・1600万円以下。

秋の古馬中距離GⅠロードの開幕戦

秋競馬の目玉である古馬中距離GⅠ戦線の第一弾。1988年から1999年まで1番人気が12連敗して「荒れるGⅠ」とも言われていたが、ここ5年は1番人気が4勝を挙げる「堅いGⅠ」になっている。今年も堅く収まるのか、それとも波乱が起こるのか。過去10年のデータから好走馬の傾向を洗い出してみた。

やはりGⅠ優勝経験のある馬が強い

天皇賞(秋)で重要なのはGⅠ実績。既にGⅠ優勝経験があった馬の3着内率が30%近くあるのに対し、GⅠ未勝利馬の3着内率は12.3%にとどまっている。近年はこの傾向がさらに強まっており、2015年から昨年までGⅠ馬が5年連続優勝中で、昨年は3着以内をGⅠ馬が独占した。馬券の軸はGⅠホースから選びたい。GⅠ未勝利馬は相手候補までと言えそうで、その中でも6歳以上のGⅠ未勝利馬は1頭も馬券に絡んでおらずデータ的には軽視したい。〔表1〕

〔表1〕JRA・GⅠ優勝経験の有無別成績(過去10年)
優勝経験の有無 成績 勝率 連対率 3着内率
あり 7-4-5-38 13.0% 20.4% 29.6%
なし 3-6-5-100 2.6% 7.9% 12.3%

中心は前走GⅠ組とGⅡ3着以内組

前走別成績を調べると、前走がGⅢ、オープン特別、地方・海外のレースだった馬は3着以内に入っていないため、馬券対象からは外しやすい。前走がGⅡだった馬も、3着以内に入っていたか、4着以下に敗れていたかで成績が大きく違っている。馬券対象は前走がGⅠだった馬、もしくはGⅡで3着以内だった馬の中から選びたい。〔表2〕

〔表2〕前走のグレード・着順別成績(過去10年)
前走 成績 勝率 連対率 3着内率
GⅠ3着以内 2-2-1-9 14.3% 28.6% 35.7%
GⅠ4着以下 1-3-2-16 4.5% 18.2% 27.3%
GⅡ3着以内 6-3-6-43 10.3% 15.5% 25.9%
GⅡ4着以下 1-2-1-54 1.7% 5.2% 6.9%
GⅢ 0-0-0-9 0% 0% 0%
オープン特別 0-0-0-3 0% 0% 0%
地方・海外 0-0-0-4 0% 0% 0%

馬体増の馬は勝率が低い

ここを秋の目標にしてきた馬と、ジャパンカップや有馬記念も見据えた馬が交錯するのが、天皇賞(秋)の特徴である。馬の状態や、仕上がりを数値で示すのは難しいが、馬体重の前走比にその一端が垣間見えるときもある。表にあるように、当日の馬体重がプラスだった馬は、マイナスや増減なしの馬に対して勝率がかなり低い。パドック気配と合わせて馬体重の増減にも注目したい。〔表3〕

〔表3〕当日の馬体重増減別の成績(過去10年)
馬体重前走比 成績 勝率 連対率 3着内率
マイナス 8-4-2-62 10.5% 15.8% 18.4%
増減なし 1-1-4-14 5.0% 10.0% 30.0%
プラス 1-5-4-59 1.4% 8.7% 14.5%
  • 注記:前走が海外のレースだった馬を除く

やはり外枠は劣勢

東京・芝2000メートルはスタート地点から2コーナーまでの距離が短いため、外枠の馬は2コーナーでの距離ロスが大きくなりがち。データの面でも顕著に特徴が表れており、ここ10年は13番から外に入った馬の勝利はなく連対率や3着内率も明らかに低い。優勝馬が多く出ているのは1番から8番、連対率ベースなら1番から12番の範囲が要注目となる。また、ゲートが後入れになりやすい偶数馬番の成績も良いことから、内寄りの偶数馬番となる2番、4番、6番、8番、この4つの馬番は特に注目だ。〔表4〕

〔表4〕馬番別成績(過去10年)
馬番 成績 勝率 連対率 3着内率
1番〜4番 4-3-0-33 10.0% 17.5% 17.5%
5番〜8番 4-2-5-28 10.3% 15.4% 28.2%
9番〜12番 2-4-2-32 5.0% 15.0% 20.0%
13番〜18番 0-1-3-45 0% 2.0% 8.2%
偶数馬番 8-4-8-62 9.8% 14.6% 24.4%
奇数馬番 2-6-2-76 2.3% 9.3% 11.6%
ウインファイブ対象レース
勝ち馬を探せ! FOR THE WIN

前走1番人気馬が5年連続優勝中

勝ち馬を探すときに真っ先に確認したいのは前走の単勝人気だ。前走で1番人気だった馬の勝率が22.6%あるのに対し、2番人気以下だった馬は勝率2.2%と大きく差がついている。〔表5〕

〔表5〕前走の単勝人気別成績(過去10年)
前走の単勝人気 成績 勝率 連対率 3着内率
1番人気 7-4-2-18 22.6% 35.5% 41.9%
2番人気以下 3-6-8-117 2.2% 6.7% 12.7%
  • 注記:前走が海外のレースだった馬を除く

ちなみに、過去5年の優勝馬は全て前走で1番人気に支持されていた上、当レースでも2番人気以内に支持されていた。前走での単勝人気と当レースでの単勝人気は、勝ち馬を予想する際の参考にできそうだ。〔表6〕

(姫園 淀仁)

〔表6〕優勝馬の前走の単勝人気と着順(過去5年)
年度 優勝馬 前走の単勝人気と着順 当レースでの単勝人気
2015年 ラブリーデイ 京都大賞典1番人気1着 1番人気
2016年 モーリス 札幌記念1番人気2着 1番人気
2017年 キタサンブラック 宝塚記念1番人気9着 1番人気
2018年 レイデオロ オールカマー1番人気1着 2番人気
2019年 アーモンドアイ 安田記念1番人気3着 1番人気

ご注意 当コーナーの情報は、特別登録の情報に基づき制作されております(データ分析は特別登録発表前に執筆されたものです)。出走回避・出走取消などによりレースに出走しない可能性がございます。また、当コンテンツの内容においては、JRAが特定の馬の応援や推奨などを行うものではありません。

ページトップへ戻る
表示モード: